スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県吉野郡下市町 風景

寄り道第三弾(笑)

narahuukei11.jpg

下市町に入る~
そして
今回はある動物を撮りに・・・・

奈良なので、鹿?
ブブーッ! それなら午前中に見た(笑)






正解は、馬♪

narahuukei15.jpg

丹生川上神社下社にいる馬。

narahuukei14.jpg

narahuukei12.jpg

絵馬発祥の社と言われている

絵馬とは・・・
奈良時代の『続日本紀』には、
神の乗り物としての馬、神馬(しんめ、じんめ)を奉納したと記される。
しかし、馬は高価で奉納しにくく、また、奉納された寺社の側でも世話をするのが大変である。
そのため、馬を奉納できない者は次第に木や紙、
土で作った馬の像で代用するようになり、平安時代から板に描いた馬の絵で代えられるようになった。
(wiki引用)

京都の貴船神社も、絵馬の発祥地と言われている
ここらへんは、スルーして^^;

narahuukei13.jpg
↑この画像をクリックすると、なんとなく貴船神社との流れがわかる気がする、、なんとなくね^^;

調べてみると、両方とも、同じ水の神を祀っている
勝手な推測だけれど、
こちらに都が有る時には丹生川上神社を主に・・・
都が京都に遷り、貴船神社の方に祈願の回数が多くなったのかな~なんて思う。





この白いお馬さんが、またね~この係りの人に甘えてくるんだぁ~
鼻でお姉さんを突きながら・・・
narahuukei16.jpg


で、ここは馬のみ撮って、とっとと車に乗る。
そして、今度こそは寄り道せずに、到着せねばと車を走らせた(笑)

:メモ 感想 データ:

丹生川上神社は上社・中社・下社があるが、位置関係や社格の上下を表すものではない
雨を祈る時は、黒馬
晴を祈る時は、白馬
スポンサーサイト

奈良県明日香村 高松塚周辺

2014年6月のドライブ旅行・・・引き続き寄り道 第2弾(笑)

庭園を出発して、いつもの奈良公園に鹿を見に行き・・・そしていつもの道で奈良を南下する。
ということは、自然と明日香村にいっちゃう(笑)

takamatudukasyuunenn3.jpg


ちょっと寄り道・・・ちょっとだけちょっとだけが危ない^^;
亀石見てないよな~とか、飛鳥川の飛び石は見たいとか、いろんなことが浮かんできて、
頭の中は・・・もう明日香村のことでいっぱい!

takamatudukasyuunenn5.jpg


あのね、今日のメインではないので・・・ここは寄り道だから!と自分に言い聞かせて。
高松塚古墳の奥の方にある駐車場に停めて、ちょっとうろうろ。

takamatudukasyuuhenn2.jpg


まずは、文武天皇稜をくるっと。
宮内庁という文字を二度見したりして(当然といえば当然なんだけれど

やっぱり高松塚古墳に・・・悪魔のささやきがあったのだけれど、
暑いのと、帰りは上り坂よ~との天使のささやき?!があったので、駐車場の近くだけでがまんした(笑)

takamatudukasyuuhen1.jpg

takamatudukasyuunenn4.jpg

takamatudukasyuunenn6.jpg

takamtudukasyuunenn6.jpg


takamtudukasyuunenn4.jpg
(おにぎり食べてる田んぼの人)

この公園の中の道は、バイクは通行不可だけど、自転車は可能なので、サイクリングしていても楽しいかも^^
のどかな明日香村を満喫して、また車を走らせる。

:メモ 感想 データ:
高松塚古墳の奥の方に、3台ぐらいの駐車スペースがある。(1回100円)
でもここを利用するなんて、よっぽどと思うけれどね^^;
高松塚古墳見学者なら、下の駐車場を利用すると思うし。
帰ってくるときめんどくさいもん^^;
レンタサイクルは、アップダウンが多い地区なので、アシスト自転車の方がいいと思う。

奈良県奈良市 2013年風景

さて、関西文化の日、ラストを飾ったのは、毎度おなじみの

奈良市写真美術館

narakouen10.jpg


ほぼ毎年 関西文化の日を利用し 無料で鑑賞している(笑

そして デジカメ講座を受講するんだよね~。でも 内容はいっつもすっかり忘れている^^;

*内容感想は以前にUPしたので省略

narakouen11.jpg



そして、今年の関西文化の日をめーいっぱい楽しんで、近鉄奈良駅へと向かう。

narakouen12.jpg



ちょっと肌寒い日だったのに、ウェディング姿の新婦さん^^

大阪のおばちゃんは、ついつい心の中で、

『寒ないんかな~・・・風邪ひくで・・・』と まず突込みを入れてしまう(笑



そうそう、お気に入りさんも写していた 奈良鹿保護募金

narakouen14.jpg


narakouen13.jpg


あと1つ記事で奈良記事は終了・・・ずるずると引張りまくり(笑











奈良県奈良市雑司町 手向山八幡宮とその付近

narakouen5.jpg


narakouen6.jpg


narakouen3.jpg

奈良の大仏はスルーして(笑
それを右折(山側)して歩いていくと、手向山八幡宮がある

ここに来た理由ってのが、

2012年の秋に吉野の紅葉を見に行った時に、ある人が『神のまにまに』と口ずさんだのがきっかけで、
じゃあ2013年の秋は、小倉百人一首関連で紅葉見物をと思ったのが理由。

最初に思ったのが 竜田川・・・
竜田川は スルッと関西3dayパスと時間の都合で断念し、ここへ。

菅原道真が詠まれたあの歌はここを指すかどうかは私には判らないが、
ここら辺は昔っから紅葉の名所だったに違いない。

こういう関連性がない限り訪れることも無かった場所なので、いいきっかけになった。

けれど、ちょっと行った時期が早かったな(泣

narakouen9.jpg

narakouen8.jpg


そして若草山付近を通って、禰宜の道を通り 高畑地区へと向かう。

:メモ 感想 データ:


手向山八幡宮




奈良県奈良市 奈良公園

定番(笑

そして、なぜか絶対に撮ってしまう鹿(笑


asuka18.jpg
(まぶしいぜぇ~by奈良鹿)

奈良公園周辺は3つまわりたいところがあったのだけれど、

時間的に無理!と案内所の人に言われて、2つに絞る。


narakouen7.jpg
(見返り美人)

narakouen1.jpg

多分私のアルバムの中で一番多い動物は 犬や猫でもなく 

そして、猿でもなく、、、、、鹿!(笑


奈良県高市郡明日香村 風景2

バスを待っている間に撮った写真

asuka13.jpg

asuka14.jpg

asuka15.jpg


真ん中の画像は、出身校(中学)の裏がここまでの田園風景じゃなかったけれど、
田んぼが広がっていた。。

ここに軽トラがあればな(笑
で、乗っているのは絶対にじーちゃんで!(たまにおば様が運転しているのでびっくりするw)
軽トラの中には必需品の麦わら帽子(それも穴あいたやつw)

奈良県高市郡明日香村 風景 

石舞台を見終わって、万葉文化館へと向かう。

asuka1.jpg


時間があったので、関西文化の日ということもあり、犬養万葉記念館に寄ろうと思って歩いていた。

時間が早すぎて、寄るところもないので、岡寺でも行こうかと岡寺に向かうが、

asuka2.jpg



めっちゃ坂なので、諦めて引き返す(笑

asuka3.jpg



明日香地域は、この樹の柵が、このあたりの風情とマッチしていて、バスの中からも撮りまくったけれど、

ぶれてぶれて、この一枚ぐらいしかUPできなかった(汗

asuka4.jpg

asuka6.jpg

asuka5.jpg

*犬養万葉記念館の内部写真はUPなし

:メモ 感想 データ:

石舞台古墳~犬養万葉記念館 だいたい徒歩10~15分

*時間は個人差あり

奈良県明日香村 石舞台古墳

関西文化の日 2日目 17日

前日は、UCC博物館と竹中大工道具館に行ってきた。

*竹中大工道具館の感想は以前に書いたのでUPなし。

2日目は、同じく『スルッと関西3day』で奈良に。

isibutai7.jpg


isibutai3.jpg


飛鳥だ!!石舞台だ!!

isibutai1.jpg


isibutai2.jpg



ちょくちょく遊びに来ていたのに、石舞台はまだ行ってなかったので、時間もある事だし行く事にした。

スルッと関西3dayに入っている割引チケットで割引してもらい、中に入る

isibutai4.jpg


isibutai5.jpg





石舞台はそっちのけで、周辺を撮りまくる(笑

isibutai8.jpg



石舞台から望む二上山・・・二上山は不思議な魅力がある。

:メモ 感想 データ:

石舞台古墳

見学所要時間:ボランティア解説員の説明が無ければ、15分程度

HP内に各フリー切符あり

飛鳥Q&A

飛鳥Q&Aの場所に駐車場関係のことが書かれている。

*時間は個人差あり

奈良県散歩 吉野風景

吉野の風景

吉野風景2

吉野風景3

吉野風景1

吉野風景4

吉野風景5

下の写真のお店の前を通り過ぎたときに、ここの草もちおいしいよと歩いている人の声で、

くるっと方向を変えて、買った(笑)

もちもちとしていて、満足^^

吉野風景6


そうそう、コメントにもあった、特別ご開帳の話(上の写真にもちらっと)

私は紅葉ばかり気になって、金剛蔵王権現は見ていないんだけれど、

ちょっと調べたので、写真ばかりでもあれなんで・・



金峯山寺の秘仏、金剛蔵王権現は、数年前の遷都1300年の時にも、ご開帳されている。

今は、仁王門が、明治以来の大修理『平成の大修理』をしている。

その為に、約10年間毎年一定の期間 金剛蔵王権現が見れるらしい。

来年(平成25年)は、3月30日から6月9日 と出ており、それ以後の時期なものは決まっていない。

修理には膨大な費用がかかるので、今回は特別なんやね・・
背に腹はかえられないといったところなんかもしれない・・。

:メモ 感想 データ:

蔵王蔵秘仏本尊特別ご開帳 概要書(平成23年)

↑ PDFファイル

秘仏(wiki)

奈良県山添散歩 めえめえ牧場と鍋倉渓谷他

どの記事から書き始めようか・・・

皆様の記事はやはり紅葉がいっぱいで、とてもじゃないけれど、私の写真は・・・

なので、癒しのめえめえ牧場の記事にしようっと。


この日は、前日(2012年10月17日)が大雨だったので、引き続き雨かな~と思いきや、

すごく晴れたよい日となった。先に大阪から滋賀へとドライブして(これはまた後ほど書く)、

次に向かったのが、奈良山添村。

ここに、鹿じゃない、羊がいる^^

めえめえ1


羊さんだけしかいないけれど、まー愛嬌があるので、楽しめるよ♪

めえめえ3


そこでいた家族連れの方に、せんべいを分けてもらい、

(ありがとうございます!)

多分その家族連れの人よりもはしゃいでいた自分w

『めえーー』が、くれーーとしか聞こえなかったけれどwww

めえめえ2


めえめえ牧場は、フォレスト神野山の一番奥にある。

めえめえ5

めえめえ4


駐車場は、協力金として300円。

そのあと、鍋倉渓谷もある。

めえめえ6


この鍋倉渓谷は、石がごろごろしていて、これを登るのかと思ったら、横の階段を登るようだ^^;

めえめえ7


この神野山だけは、岩質が非常に固いため、浸食を防ぎ、岩がむき出しのような渓谷となっているのだそうな。

水はこの岩の下深くに流れていて、名水のひとつに上げられている。

これを上に行くと、つつじの名所にいくらしいので、その時期に行くのもオススメ。

めえめえ8


食事するところはあるんだけれど、注文して時間がかかるメニューがあるので、

問い合わせしたほうがいい。



:メモ 感想 データ:

山添村観光


めえめえ牧場のところでも、赤飯や草もちが売られているので、それを買うのもいいかも。

各場所に駐車場あり。

この場所は、名阪、神野口ICから行くほうが無難かも・・

バスもあり。
NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。