スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県大津市 日吉大社大宮橋とケーブルカーその他

橋好きならここは行っておかないと・・・

途中での寄り道が多すぎて・・・
どうせならと、紅葉ライトアップ時間内で無料で行くことに(笑)


しかーしそれは大間違いであった。。
怖い画像になってしまった(汗)

2016日吉大社3

え?三橋もあったの?? 2つしか見てなくて・・・あちゃー。
とりあえず好みの大宮橋だけは撮ってきた。
もう一度今度は昼間にw
その時改めて、もう一度記事をば。

一応紅葉ライトアップも
2016日吉大社2


やっぱり紅葉は昼間の光の方がいいよね~
自分の技量がないばかりに、こんな言い訳をする(笑)

2016叡電ケーブル

これはお約束(笑)
ケーブルカーw
前に撮ってあるので今回はこれ1枚だけ。

ラスト・・・降りたかったけど・・・
はい、
はい!もたて駅w
もたて山駅♪

ふふふ、もたてやまっ! 
紀貫之ゆかりの地なので、降りてお墓なるものを見たかったのだけれども^^;
そんな夕方に行って、駅員さんに、もたて山で降ろしてくださいなんて・・・ね~
昼間だったらいいけど・・・ちょっと危ないので。
(前回は雪の比叡山だったので、それこそ行けないわ!)

ちょっと、ほんとにここがお墓なのか、、私には疑問があって。
昔(10代の頃)に読んだ本で、ここは記念碑とその本には書かれてあったような。でもその本の名前がわからないのでね^^;
墓の画像は見たことあるけど、やっぱりいってみたいやん‼
またもや機会のが~す(-_-)
貫ちゃんが来なくてもいいと言ってるきがする。

あ~ひとつ、その本には『伝貫之』という名で絵があったのよね。。
興味津々で見たわけよ。ぱっと開けた瞬間・・・見なかったことにしたわ・・・
私の予想を裏切る・・ま~こればかりは、時代もあるし、、
あ、記事の内容がほぼ貫ちゃんだわ(-_-)

スポンサーサイト

滋賀県高島市マキノ町 メタセコイヤ並木

2015年、唯一のドライブ旅行

滋賀県のメタセコイヤ並木。
ここは紅葉を狙って行ったが、
相当早かった(笑)

メタセコイヤ1


マキノ高原に行く道のりにある並木道。
どの季節でも、車から降りてじっくりみようと思わせる

メタセコイヤ2


メタセコイヤ3

メタセコイヤ4



メモ 感想 データ

高島市観光情報

車は手前のピックランドに駐車出来る
無料。

バスもマキノ駅から運行しているようだ。

マキノピックランド

滋賀県近江八幡市 風景5

2014-岐阜滋賀-近江八幡61

2014-岐阜滋賀-近江八幡60

2014-岐阜滋賀-近江八幡59
やっぱり石垣好きw

2014-岐阜滋賀-近江八幡62

2014-岐阜滋賀-近江八幡63

2014-岐阜滋賀-近江八幡64

2014-岐阜滋賀-近江八幡65

2014-岐阜滋賀-近江八幡66

八丁堀

よく時代劇のロケに使われるようだ。
時代劇と言えば
暴れん坊将軍の曲はふとでてくる
昔は、絶対に水戸黄門だった(笑)
次ここを訪問したら、また絶対にたくさん撮ってしまうだろうな^^;

どんな時代劇のロケに使われたのかな~なんて検索してたら、
時代劇の風景
というサイトに行きついた。


ほほ~また面白いサイトがあるんだな・・・と。
興味深いのでメモってみた。

滋賀県近江八幡市 風景4

まだ続くよ近江八幡の記事


さすが
重要伝統的建造物群保存地区

この画像は新町通り
あとは、八丁堀、永原町などが保存地区にあたるそうな

2014-岐阜滋賀-近江八幡46

2014-岐阜滋賀-近江八幡44

2014-岐阜滋賀-近江八幡49

2014-岐阜滋賀-近江八幡48

2014-岐阜滋賀-近江八幡50

2014-岐阜滋賀-近江八幡51

2014-岐阜滋賀-近江八幡52

夕方4時ごろだったと思うけど、それほど人はいなかった。




滋賀県近江八幡市 建物

ホフマン窯を見に行く途中、小さな町の案内図があったので、ふむふむと眺めていたら、

なんと、見てみたいけれど、どこにあるのか判らなかった煉瓦の塀がある区域がわかった。

暑い中、歩いてきて正解♪♪ 
ホフマン窯を見たら、次はこれを見に行こう!と元気になった。

2014-岐阜滋賀-近江八幡30

2014-岐阜滋賀-近江八幡31

途中で、ホフマン窯を見に行った時にお会いした、『何もないよ~』と言っていたオジサンに再び会い、
『何かありましたか』と聞かれ、

めっちゃ笑顔で、ありましたよーと答えた(笑)

2014-岐阜滋賀-近江八幡32
嬉しくって、大量に撮ってしまう(笑)
デコボコ感が好き

2014-岐阜滋賀-近江八幡33
池田町洋風住宅街は、近江八幡にある他のウォーリズ建築群よりちょっと離れた場所にあるので、
私自身、謎の場所だった。
って今調べたら、池田町洋風住宅街きちんと出てくるやん^^;

2014-岐阜滋賀-近江八幡34

2014-岐阜滋賀-近江八幡36

そして、駅の方角に歩いていくと、

2014-岐阜滋賀-近江八幡41

2014-岐阜滋賀-近江八幡42

2014-岐阜滋賀-近江八幡39

近江八幡市立 八幡小学校(ウォーリズ建築)

晴れて、白色の校舎がまた映えるね^^

:メモ 感想 データ:

近江八幡自転車プロジェクト
このサイトに、わかりやすい地図がかかれているので、おすすめ。
また、近江八幡駅からレンタサイクルがあるので、びわ湖まで自転車で遊びにいくのもいいかも
びわ湖よし笛ロードマップもあり

滋賀県近江八幡市 風景2

八幡山を背にして、和船を見ながら、右に歩いていく。

2014-岐阜滋賀-近江八幡14

2014-岐阜滋賀-近江八幡22


2014-岐阜滋賀-近江八幡21


2014-岐阜滋賀-近江八幡18
こういうオブジェを楽しみながら、暑いけど歩く

ちなみに、この近江八幡は、江戸時代から続く、瓦の産地である。

2014-岐阜滋賀-近江八幡20

2014-岐阜滋賀-近江八幡19

だいたいこの辺りまでくると人はいなく、近くに住んでいると思われるオヤジさんに、
もう、向こうにいっても、何もないよ~と、言われ・・

しかし、私は あそに見える、あれを見に行くんですと指差したのだが、
オヤジさんは、何にもないよ~とまた言うのであった。

そういわれても・・・見たいものがもう視野に入ってるのに^^;
と思いながら、
ぷらぷらそれをめざし歩いていく。

2014-岐阜滋賀-近江八幡24

2014-岐阜滋賀-近江八幡25
(この道を通ったら、立ち入り禁止区域に知らずに入ってしまった><)

ついた
2014-岐阜滋賀-近江八幡26

2014-岐阜滋賀-近江八幡27

とうとう、見れた、ホフマン窯(エントツ部分だけだけど)
国内で保存状態が良いものは4つしかない、全て登録有形文化財
(栃木県・埼玉県のものは重要文化財)

現存12天守制覇したら、次はホフマン窯制覇かな^^

*ホフマン窯とは、煉瓦を焼くための施設


:メモ 感想 データ:
旧中川煉瓦製造所ホフマン窯 :国指定登録有形文化財
駅の方に向いて、日牟禮八幡宮を背に右方面
日牟禮八幡宮からだいたい1.5キロぐらいあるが、川沿いをのんびり歩いていけばそう遠くには感じないと思う。
(川沿いにいけば、見えてくる)
赤煉瓦の郷という老人施設に隣接している
近江八幡から野ケ崎行で小姓谷バス停前
滋賀文化のススメ
赤煉瓦の郷のウェブサイトに施設として、ホフマン窯が挙げられているので、そこが管理しているようだ。

滋賀県近江八幡市 風景

さて、今週から、近江八幡市の記事。

近江八幡市と言えば、最近(平成22年)、安土城で有名な安土町と、水郷で有名な旧近江八幡市が合併した市。
今回の旅は、旧近江八幡市の方。

私が、近江八幡と言えば、何を思い浮かべるかというと、
いろいろあるけど、
やはり、これ
2014-岐阜滋賀-近江八幡17

近江兄弟社 メンターム これで決まり(笑)

これをわざわざ撮りに行ったのではなくて^^;
あるものを見に行った。

しかし私は正確な場所を知らない。
スマホで調べていたんだけど、どうもよくわからない。

どうしようかな、やめようかな・・・
ま、八幡山ロープーウェイもあるし、今日はずっと歩きっぱなしだし、
奮発してロープーウェイに乗ってもいいかな~ってな感じで、駅に降り立つ。

八幡山ロープーウェイまで、どうやっていくん?それすらも全然わからずに、
頼みの綱、観光案内所へ。
え?歩くと遠いの? まーいいかとバスに乗り、
同じようなところへ向かうであろう観光客にくっついて歩くw
(よくやるパターン)

ま~しかし、クラブハリエでごった返しているのか、日牟禮八幡宮でごったがえしているのか・・・
京都に来たのかと思うぐらいに、人がいっぱい><。
2014-岐阜滋賀-近江八幡12
(クラブハリエ)

くぐり抜けてようやく、ロープーウェイに乗り、目的地の建築物を探す(笑)
2014-岐阜滋賀-近江八幡11

2014-岐阜滋賀-近江八幡8
一緒にロープーウェイに乗った人たちは、瑞龍寺にいくが、
夏でまだ2時半過ぎ、ロープーウェイで八幡山に登っても、暑いので、日陰で休む私w


そして、以前UPした 妙なもの(笑)
2014-岐阜滋賀-近江八幡9
これは、展望台にある。

2014-岐阜滋賀-近江八幡6

やっと目的地の場所もわかり、ふと時間を見ると、和船の時間に間に合う。
しかし料金を見ると、手が出ない^^;

2014-岐阜滋賀-近江八幡15
見てるだけw
2014-岐阜滋賀-近江八幡13
ま~目的地の近くまで和船はいくが、降りれないので、これはこれでよかった。
時間もないしね。

でも結構あるなと思いながら、近江八幡のメインの場所へ向かう事にする。


:メモ 感想 データ:
近江八幡駅から、日牟禮八幡宮までは、だいたい2.5・6キロあるので、バスに乗る方が無難。
(帰りそんなことは知らずに歩いたので、へとへとになった^^;)

クラブハリエ(たねやグループ)

元祖近江八幡水郷めぐり

八幡山ロープーウェイは、長命寺行大杉町停留所下車、徒歩7分程度
詳しくは、観光案内所で

近江鉄道グループ
八幡山ロープーウェイ・バスの料金は、近江鉄道グループで検索




滋賀県米原市醒井  風景2

醒井の風景ラスト

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井54

ちょっぴり雲が多くなっていたから、バイカモの花が撮れるかな~なんて心配してたら、
なんとか撮れた

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井56
バイカモ

花言葉は『幸福になります』

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井30
本当はこんな風になるんだけどね・・・ま、いいか^^

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井28

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井53

もう少し、画像はあるけど、今回はこれにて、終了~

:メモ 感想 データ:
長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト

中山道61番目の宿場
『日本書紀』の日本武尊伝説に登場する「居醒泉」(いさめがい)が醒井の地名の由来であるといわれる。
豊富な湧き水があったことが、旅人の休憩場所として最適の条件であったことは間違いない。
今も地蔵川の清らかな流れが町を潤している。(wiki引用)

美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれている
私もここは、歩きたくなるって実感した!

滋賀県米原市醒井  風景

駅をバックにして先に左の方面を見て回って、
前回の郵便局やらを撮る

昼食をとった後なので、ちょっと眠たく、そして暑い。
この辺りでいいか~と諦めようとするが、
目の前の水のきれいさに、やっぱ歩こうとなる(笑)
2014-岐阜滋賀-醒ヶ井17

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井19

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井20

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井22

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井24

こんな風景好きやわ~

滋賀県米原市醒井 醒ヶ井駅周辺建物

美濃赤坂駅周辺で、出足好調♪

天気もいいし、さて、次は、醒ヶ井駅周辺
駅周辺で昼食を食べる。
ちょっと奮発して、地元でとれたものを提供してくれるランチバイキングにしてみた。
なかなかの人気で、席はすぐ埋まった。


2014-岐阜滋賀-醒ヶ井6
設計:遠藤秀平/遠藤秀平建築研究所


2014-岐阜滋賀-醒ヶ井8


2014-岐阜滋賀-醒ヶ井7
(この湧水は飲める)

2014-岐阜滋賀-醒ヶ井10
醒井尋常高等小学校玄関(明治)・旧醒井楼(大正)

これは、料理旅館であった醒井楼と、小学校の玄関を合体させたもの。
建物のメインは郵便局とここだったんだけれど、
私の中でインプットされた情報は、小学校だった。
なので、ない!ない!と思ったら、目の前にあった(笑)
小学校の玄関だったとは思えなかった。


2014-岐阜滋賀-醒ヶ井11
旧醒井郵便局舎(ヴォーリズ設計)


この醒井に、海外からのツアー客(アジア系の人達)がきていた。
目の付け所が違うな^^って思った。


:メモ 感想 データ:
宿場料理 居醒 おふくろバイキング(醒井水の宿駅)

醒井水の宿駅は、設計:遠藤秀平/遠藤秀平建築研究所
遠藤秀平(wiki)

旧醒井郵便局舎
国の重要文化財
NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。