スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山県 風景

津山駅を10時過ぎに出発して、向かう場所は新見市
新見駅に到着♪12時前。

niimi2.jpg

niimi3.jpg
(新見大名行列のモニュメント)

ここからバスに乗るんだけれど、バスは1時間後(13時前)にに来るので、
ゆっくりご飯を食べる(駅近くのパン屋おいしかった!)

ようやくバスが来て、念願の場所に向かう。

niimi6.jpg


平日直通バスは3本(逆の新見駅行きは4本)
土日祝に至っては、2本(逆の新見駅行きは3本)

その場所に到着するのは14時過ぎ^^;

大阪から車で来てもよかったんだけれどね、
(と、いうか そうしたかった)
車でくると、寄り道して目的地にいけないような気がするんだなぁ~これが(笑)

こういうのんびり旅もありでしょ!!

ちなみに、バスは運転手さんと私のみ。それも往復・・・
独占状態だった^^;
ちょっと寂しい空気が流れたけれど、
バスから見る風景は、好みの風景が広がっているので、次第にウキウキしてくる(笑)。

niimi4.jpg
(鉄橋 このあたり鉄橋多いから好きw)

niimi5.jpg


さて・・・私はどこに行ったのでしょう~~か。

次の記事は、2014年春の18切符 兵庫岡山旅行最後の記事。
スポンサーサイト

旧津山藩別邸庭園(衆楽園)

お久しぶりです^^;

syurakuen1.jpg

syurakuen2.jpg

syurakuen3.jpg

syurakuen4.jpg

2014年春の18切符の続き^^;
1日目の備前市で遊んでから岡山市で一泊。
2日目は津山に遊びに行った。

まだ朝早く、開門直後だったということもあって、関係者と私のみ。
(勘違いで開門は7:00で私が到着したのは8:00だった。開門直後じゃなかった)
そういう状況なので、ゆっくり静かに庭園内を散歩することができた。

:メモ 感想 データ:
旧津山藩別邸庭園(衆楽園)

国指定庭園
特徴は、池がでかい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントも頂いているのに返信できずにすいません・・・
今年も7月は忙しくさせられています。
なぜか、パートナーが休みの時に仕事を頼みにきはります。
やっと今週半ばで仕事が落ち着き、さあ皆様のところにお邪魔しようと思いましたが、
気力もなくなっていたので、週末となりました。すいません。
また、台風でお気に入りの方々が住まれている地域に大雨の影響があったりして、
心配していましたが・・・訪問することもできずに申し訳ありません。

遊びに行く地域が広くなって、災害報道には以前より敏感になりました。
今回の大雨で遊びに行った先の近くで災害が発生してしまいました。
思い出の多い地域なので、特に心を痛めています。
まだまだ地盤が緩んでいますので、これ以上の被害がでませんように。





岡山県備前市三石 三石駅周辺2

mituisi10.jpg

mituisi11.jpg

mituisi12.jpg

mituisi13.jpg
小屋谷川橋梁だと思う。
駅から上郡駅方面へ川沿いに歩いて、上の煉瓦壁伝いにいくと出てくる
土木遺産プレートは向こう側にあるらしいけど、
怖くて進入できなかった^^;




mituisi14.jpg

mituisi15.jpg

mituisi16.jpg

mituisi17.jpg
用水路?にも煉瓦^^

煉瓦と言えば、大阪では堺・岸和田を思い出す。
岸和田のあの壁はどうなったんだろう・・・。

岡山県備前市三石 三石駅周辺風景

4連アーチを見て、時間もあることだし駅周辺をうろうろ。

へへ^^ レンガのオンパレードだった(笑)
画像が多いので、2回に分けてUP(1回の分量も今回は多い)


ここ三石は、耐火レンガの材料のひとつ、ろう石の産地。
関連の工場が周辺にある。

あとでちらっとレンガ好きはもちろん近代建築が好きなブロガーさんたちの記事を見てみたら、
きっちり三石駅周辺は撮られていた。
しかも、この路地は私ぐらいしか撮ってないだろうと思っていたら、そこもきっちり撮っていた(笑)
同じ目線なんだろうな^^;
私が撮り損ねたところも・・・

レンガ好きにはたまらない風景だった。

mituisi1.jpg

mituisi2.jpg

mituisi3.jpg

mituisi4.jpg

mituisi5.jpg

mituisi6.jpg

mituisi7.jpg

mituisi8.jpg

mituisi9.jpg



岡山県岡山市 吉備津神社

総社市観光も終えて、次、吉備津神社に着いたのは夕方5時前。

もう少し早く行くはずだったんだけれど、総社市観光を無理からに入れたので・・・

何を見たかったかというと、

吉備津神社6

吉備津さるでもない

さらに、

吉備津神社5

お千代ちゃんでもない。

なんでここに千代の富士?(笑)

気になって調べたら、氏子さんが以前後援会長かな?していた関係みたい。





じゃあ私がここまで来て見たかったもの、


それは、

吉備津神社4


この回廊

吉備津神社3


これは県指定重要文化財

初めてウェブで見た時、これは日本にあるの????

異国の地にあるような印象を受けた。

国宝の本殿・拝殿よりも私は回廊見たさにやってきた(笑)

そして本殿・拝殿の写真は一枚も撮ってない。

記憶も見たっけ?ってな感じ^^;


そして、ここの梅とは見たくて。


吉備津神社1


吉備津神社2


回廊と梅見たさに大阪から。


:メモ 感想 データ:

吉備津神社

回廊の長さ360m

国宝: 本殿・拝殿

吉備津駅から徒歩10分

見学所要時間 45分程度

*時間は個人差あり

岡山県総社市 総社宮

総社市を検索していて、総社宮は、旧総社警察署と近いし、東総社駅からも近いし

時間があれば寄る計画だった。。

ただそれだけだったのに、なんとまあ、好きな回廊が^^

へへ、ラッキー!!

総社宮5

総社宮4

総社宮2


で、お庭も♪♪

総社宮3

総社宮1
(魚は取らないようにw)

あとで調べたら、丸山応挙の絵馬が奉納されているらしい。

:メモ 感想 データ:

ここの庭は、後楽園を作る際に参考にした庭園

三島式庭園(池に3つの島がある形式)

岡山県総社市 旧総社警察署

まだまだ春の18切符第一回目旅行の記事は続いているw

美観地区とその周辺を2時間で終了させて、次に向かったのは、総社市。

総社市は鬼ノ城や豪渓などがあって、総社だけでも良かったのだけれど、

今回は、いろんな場所を見てまわりたいというのが強くて、結局総社市は2つ。

ひとつは、この旧総社警察署 まちかど郷土館に行ってきた。


まずは建物。

旧総社警察署1


旧総社警察署11

レンガ積みしてる。

どこかもそんな感じだなと思っていたら、美観地区の現案内所の建物もそういう感じになっていた。

設計者は両方とも江川三郎八

この人の建物を調べていて、また行きたいリストが増えた(笑)

無料で内部を見れて、私にとってなつかしいものがごろごろあった。

旧総社警察署10

まず、足踏みミシン(倉敷の大橋家でも足踏みミシンは見たけれど)

足踏みミシン、姉のミシンを買う前は 足踏みミシンを使っていた。

針目が飛ぶんだな~(笑)

もちろん小学校にもあって、姉は足踏みミシンを使ったって言っていた。。。

旧総社警察署9

黒電話♪

15年程前までだったかな、家は黒電話だった。。音がうるさい(笑)

旧総社警察署3
岡山の置き薬♪

私ところは奈良の置き薬(笑)

旧総社警察署4

赤チンだ!

よくヒザに塗ってもらった。しみるんだーー、ぎゃあぎゃあわめいた記憶があるw

旧総社警察署5

そっかー、備中鍬 備中だから・・・

今も現役で田んぼの小屋に掛けてある。

小さい頃、田んぼに麦茶をいれたやかんを持っていって、

父の真似して、やかんのふたをコップ代わりにして

麦茶飲んだな~ らっぱ飲みは怒られるからww

それが家で普通に飲むよりまたおいしいんだわ~ww

旧総社警察署8

旧総社警察署6

照明器具は写さないとね^^

旧総社警察署2

そうそうこういう手すり、憧れだったな。

旧総社警察署7"

↑このミニ郵便ポストが欲しい!!

なつかしいものがたくさんあったな~^^

:メモ 感想 データ:

まちかど郷土館(総社市HP)

江川三郎八については、

このブログ内 
岡山県美観地区建物
参照

館内見学時間:30分程度
*個人差あり

アクセスは総社市HP参照



岡山県倉敷市 大原美術館

大原美術館3

やっと倉敷でのメイン 大原美術館。

岡山といえば~倉敷といえば~私が一番最初にあそこと思い浮かべるのは、大原美術館。

やっと行ってきた!

美観地区の最後の最後だったけれどねw

大原美術館1



ここ大原美術館を館内まで見てしまうと、私の場合、ここだけで1日費やしてしまうので、

今回は外観のみ。

大原美術館5


展示品のエピソードをじっくり読んでから、館内に入り、その背景と共に作品を堪能したい。

ぶっちゃけ、数時間でまわるなんて、もったいないもん!!

大原美術館2


クラボウの歴史や、大原美術館設立のことなどを、ほんのちょっとだけウェブで読むだけでも、

ここの大原美術館への思いはぐっと違ってくる。

とりわけ今回ぐっときたのは、ロダンの銅像。

大原美術館6

大原美術館4


戦争時、銅不足で、岡山県下約170体の銅像だったかな、差し出さなければならなかったらしい。

残ったのが7体。その内の2体がここのロダンの2体。

170体、それぞれ思いがある内、その当時の岡山県の委員会でさえも 

戦争の為にこれを差し出すのは躊躇された。最後までこの銅像は残ったんよね。

それぐらい惜しいもの・・・

それぐらい岡山県としても守りたかったもの。

建物の記事にしようと思ったのに、ついつい展示品について書いちゃったよ(笑)




あーまた行きたいな・・・

でも~っ遊びに行く時は、18切符の期間中なんだけどね・・(笑)




:メモ 感想 データ:


大原美術館


設計者:薬師寺主計





岡山県倉敷市美観地区建物

岡山県倉敷駅に降りて、2時間ほど探索の時間を計画の中にいれていた。

その中で、大橋家住宅にほぼ半分の時間を費やしたので、残り時間少なし><。

駆け足で、あの建物はどこ?どこ?どこ??となってしまった。

旧倉敷町役場・倉敷館
旧倉敷町役場・倉敷館
設計:江川三郎八

大正5年着工 6年竣工の建物
町役場などを経て昭和7年まで市役所として使用される
現在は案内所となっている
国登録有形文化財



オルゴールミュゼ・旧倉敷紡績倉敷本社工場事務所1

オルゴールミュゼ・旧倉敷紡績倉敷本社工場事務所2

オルゴールミュゼ・旧倉敷紡績倉敷本社工場事務所3
オルゴールミュゼ・旧倉敷紡績倉敷本社工場事務所

明治22年(1889年)
設計 石河正龍+島田覚人


倉敷アイビースクエア全体は一応撮ったものの、調べていくうちに、もう少し写真を増やした方がよさそうなので、
今回はUPなし。


最低でも撮りたいと思っていた、中国銀行と郵便局は結局時間切れで撮れず。

美観地区はかなりレトロな建物が多いので、明治村同様 『ちまちまと制覇していくリスト』の中に・・・



:メモ 感想 データ:

倉敷駅から美観地区入口交差点まで徒歩10分程度
*時間は個人差あり

倉敷美観地区(wiki)

石河正龍
石河正龍と島田覚人は、『日本最初の洋式紡績工場 鹿児島紡績』にも関わっている

倉敷アイビースクエア(NTTファシリティーズ記事内)

倉敷で活躍した建築家

*倉敷アイビースクエアは、明治に建てれた紡績工場の遺産を大規模リフォームし、
観光宿泊施設にしたもの
その主たる設計者は、浦辺鎮太郎
本来の旧倉敷紡績倉敷本社工場事務所等の設計者とは別。

江川三郎八(山陽新聞記事)
江川三郎八はこの他
国重文・旧遷喬(せんきょう)尋常小学校校舎
国重文・旧旭東幼稚園園舎
などを手掛ける
岡山を中心に活躍された建築家


岡山県倉敷市 大橋家住宅

2013年春の18切符第一回目倉敷駅周辺続き

美観地区に入る前に、観光案内所でもらった地図に、大橋家住宅というものがあった。

ちょっと気になってうろうろしていると、先に男性がすすっと中に入っていくので、

私も引き込まれるように入っていった(笑)

なので、下調べは何もしていないけれど、お宅拝見ってのは、どんな家でもワクワクする。

一般の家からこんな国の重要文化財の家まで・・・

その家の個性、異空間があるから。


大橋家住宅1

大橋家住宅2


大橋家住宅3

大橋家住宅4

大橋家住宅5


美観地区に今回は重点を当てていたのに、ひょんなことからここに一番時間を割いた(笑)

地図をもらわなければ、すすっと美観地区に直行だったのにね^^

でも嬉しい誤算で、旅の寄り道は宝が眠っている。


:メモ 感想 データ:



大橋家住宅HP

美観地区の周りには、こういった家がごろごろある

くらしき観光.com

アクセスはリンク先参照

見学所要時間 忘れた・・・
NEXT≫
プロフィール

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。