佐賀県伊万里市大川内山 風景3 ラスト

これで佐賀県ラスト♪



2015-春の18切符 (145)

2015-春の18切符 (146)
奥のほうにいくと、展望台があった。

2015-春の18切符 (148)
これ気になるw 

2015-春の18切符 (149)

2015-春の18切符 (150)

2015-春の18切符 (151)

伊万里よ、美しい風景ありがとう・・・
そして、佐賀県よ、この風景いつまででも残していてほしい・・・

しっかし今改めて自分の撮ったもの見ると、
山多いなぁーって思う。

でも次は海の地域だよん。

佐賀県さようなら

佐賀県伊万里市大川内山 風景2

前日は、有田で町の風景を見たのに対し、
伊万里では、山の風景がよくて、そのあたり中心だったな^^;

2015-春の18切符 (137)

2015-春の18切符 (138)
素朴だけど味あるわ~

2015-春の18切符 (139)

2015-春の18切符 (141)

2015-春の18切符 (143)

2015-春の18切符 (144)

佐賀県伊万里市大川内町 風景

3日目、長崎県の観光を終え、また佐賀県に戻ってくる。
今度は伊万里市だ。

秘窯の里と呼ばれている場所。
ここもたくさん撮ってきたので、いくつかに分けてUP
2015-春の18切符 (130)

2015-春の18切符 (131)

2015-春の18切符 (132)

2015-春の18切符 (133)

2015-春の18切符 (134)

2015-春の18切符 (136)



佐賀県西松浦郡有田町 風景

佐賀に行くならどこを観光しようかと思った時に、
以前に、コメント欄で、お気に入り様から、常滑の煙突群も魅力的ですよ~と書き込みがあった。
それを思い出し、焼き物の地域は私の好みの風景が多いかもということで、
まず、有田を検索した。
ドンピシャだった。

2015-春の18切符 (56)

2015-春の18切符 (57)

2015-春の18切符 (58)

2015-春の18切符 (59)

2015-春の18切符 (60)

2015-春の18切符 (61)

2015-春の18切符 (62)
今週は、上有田駅の周辺特集になってしまったが それほど私にとって見どころの多い場所だった。

佐賀県西松浦郡有田町 ドンバイ塀通り付近2

平日はほとんど更新できないので、予約投稿となります。

返事はまとめてとなります・・・申し訳ありません
..........................................................................................................

2015年春の18切符佐賀県続き

もう、めちゃくちゃうれしくなって、あの眠たさは吹っ飛んでいた。
荷物の重たさも気にならない。

2015-春の18切符 (45)

2015-春の18切符 (46)
(ドンバイの説明書)

2015-春の18切符 (47)

2015-春の18切符 (48)

2015-春の18切符 (49)

2015-春の18切符 (50)

2015-春の18切符 (51)

2015-春の18切符 (54)

佐賀県西松浦郡有田町 ドンバイ塀通り付近

そう、私が見たかったのは、ドンバイ塀

ドンバイとは、登り窯をつくる時に使用するレンガのことで、
廃窯から出る煉瓦を、塀という形でリサイクルしている。


最初、辺りを歩いていたら見つかるだろうとグーグルマップで見ていたのだが、私にはよくわからず、
有田のどのあたりになるか、きちんと調べたら、大きな銀杏の樹がある場所付近だということがわかった。

大きな銀杏のある場所って・・・。どこ?
地図を持っていったのは正解だった(駅には銀杏の樹がある場所が書いてったのでそれを頼りにしてもよかった)

うろうろうろ。
途中で銀杏の樹を探している観光客に出会い、あれですかね~と逆に聞かれて、振り向くと、
2015-春の18切符 (42)

発見!(画像は近くに行って撮った)

そして近所にお住まいの人が、この辺りの道を教えて下さった。
ワンサカ好みの塀が出てくる出てくる♪

そのご近所にお住いの方が、今は銀杏もこんなんだし、秋だったらね、、いいんだけど。
と申し訳なさそうにおっしゃっておられたが、そんなことは~ない!!
自分の撮った写真は平凡すぎるけれど、自分が見たドンバイ塀は魅力的で、
この風景よくぞ残してくれたって思った。

2015-春の18切符 (38)

2015-春の18切符 (40)

2015-春の18切符 (41)



そして、
2015-春の18切符 (44)
フクロウにあう^^

いらっしゃーいww

佐賀県西松浦郡有田町 風景

2日目午後のメインは、有田。

さあ、睡魔が勝つか、無事に目的地で観光できるか・・・






居眠りしている間に、電車は降りる予定になっている上有田駅に。

その直前、ふと私は目を覚まし、わぁ~素敵な煉瓦煙突だと思った瞬間だった。
ぱっと見たら、上有田という文字。

あ、降りなきゃ~というよりも自然にさっきまで寝てたとは思えないほど、スムーズに足が動いた。

あれだけ、ウダウダと睡魔が邪魔して、電車の中でぐーすか寝ていたいと思っていた自分が、
こうも人が変わったかのように、しかもぴったり降りる駅で目が覚めるなんて・・・
私この場所に愛されているわ~、愛されている場所では目を覚まさしてくれるのよ~、
ふふふ^^この手は使えるって、頭の中お花畑状態で駅に降り立った(笑)
それも気分もスッキリ♪

さあ、有田! 見たかったもの。たくさん撮ってきたので、何回かに分けてUP

2015-春の18切符 (31)

2015-春の18切符 (32)

2015-春の18切符 (33)

2015-春の18切符 (34)

2015-春の18切符 (35)

2015-春の18切符 (36)

2015-春の18切符 (37)

2015-春の18切符 (66)

2015-春の18切符 (67)



塀オンパレード(笑)

続く

佐賀県唐津市 曳山展示場と 佐賀県風景

私の中では、曳山展示場は計画の中では入っていなかった場所。

なぜ入ったかというと、

唐津城のところだったかな、鯛がめに入ったのだ。
私を誘う目

2015-春の18切符 (27)
そう、このくりんくりんとした目が、私を呼ぶ(笑)

唐津城・旧高取邸・そしてこの曳山展示場は、セット券として売られている。
七ツ釜に行けなかったので、バス代としてとっておいたお金もあるし、鯛が私を呼んでいるので、行くことにしたのだ。

2015-春の18切符 (26)
(ここにはUPしないが、鼻の穴を強調した写真も撮ってしまったw ついついねw)

2015-春の18切符 (28)
(目が、○ンキーなので、ついついw)

あと、図書館も行ったんだけれどね。画像アップロードするの忘れた^^;

今回、自分では普段通りの日程組んだんだけど、身体がかなり寝不足だよーーっと訴えていた。
それに、荷物も多かったし(リュックサックがパンパン)

途中で寄ったコンビニで、から揚げを食べたら、途端に睡魔が襲ってきた。
もう眠くて、歩けないな~ってぐらい。
七ツ釜に行けなかったので、1時間程余裕が出来たのだけれど、
睡魔+リュックが重い VS 意地でも観光したいw
私の中ではこの二つが戦っていた(笑)

どうしようかなと思いつつ、

とりあえず唐津線に乗る。
この時間に乗っても到着時間は、計画時間と同じになり、1時間程どこかの駅でうろうろとしなければいけない状態だ。

それならば寄り道して、佐賀駅で降りて一服か、それか鳥栖駅まで行こうか、、
ここまできたら吉野ケ里遺跡見たいしな・・・しかし頭が回らないし、歩くのもおっくう。とにかく眠い。

結局鳥栖まで行って折り返しの電車に乗り、その間は風景ちょろちょろ見ながら寝るという、コワイ作戦にしてしまった。
(乗り越ししたら、アウト~っ!なのにね^^;)

うとうとと居眠りを開始し、途中で目が覚め、吉野ケ里遺跡をちょろっと見、
そしてまたぼーーっとする自分の目の前に、

2015-春の18切符 (29)

煉瓦の煙突が見えた。
ちょうどその駅は、ほんの少し停止する時間が長かったので、ふと降りてしまった(笑)
(おいおい、、そんな~ことをするなよっ!鳥栖まで行けばいいのに^^;)

そう、煉瓦煙突に惹かれてしまったのだ(笑)
そして、私の人生でこの駅に降りる事があるだろうか、、これも縁だと思ったのも事実。
この中原駅でのんびりすることにした。
ここちよい風が吹いてゆっくりすることができた。

そして、案の定、電車の中ではうとうとと居眠りを。
乗り換え駅では、気合でなんとかひとつ前の駅から、降りなければという意識が働いていたので、乗り換えできた。。
2日目午後のメインへ・・・電車はその最寄駅へと近づくが、私は居眠り最中。。

つづく。

佐賀県唐津市 旧高取邸

今回の唐津観光を決めたのは、七ツ釜。
そして、この旧高取邸だった。

最初、唐津は、旅行の後半に行く予定にしていた。が、ここの休日と重なるので、あえて前半にもってきたぐらい、
見たかった場所なのだ。
2015-春の18切符 (20)

肥前の炭鉱王と呼ばれた、高取伊好(1850~1927)の私邸。
(この人物は、江戸時代末~昭和が始まった頃まで生きた)
ワイン貯蔵庫はもちろん、個人の邸宅にしては珍しい能舞台もある。
基本和風建築で、照明はしゃれた西洋風。
欄間を通して入る光が、壁などに当たり、模様が出来る(あえて壁は光が映りやすい様に暗い色にしてある)
そんな洒落た日の光を演出しているのは、美的感覚があるな~って思った。
当時敷地内には、テニスコートなんかもあったらしいと、案内係りの人はおっしゃっていた。
テニスコート!? その時代に・・・!! 
まあ、2300坪もあれば、テニスコートも作れるよね・・・しかし、広すぎて感覚がわからない^^;
大隈重信は、唐津を訪れた時、ここでもてなしを受けたそうな。

内部は撮影禁止。ワイン貯蔵庫があった建物は撮影OK
案内係りの人が丁寧に説明してくださるので、なんの知識もない私でも楽しめた場所である。

2015-春の18切符 (21)



2015-春の18切符 (22)

2015-春の18切符 (23)
(このマークを見つけると、決まって私は、長嶋茂雄さんを思い出しセコムしてますかぁ~でつぶやいてしまうw)

2015-春の18切符 (24)
(煉瓦は見逃しませんw)

2015-春の18切符 (25)
(ワイン貯蔵庫)

そうそう、ここで案内して下さった方が、私のちょっとした方言で、大阪人だというのがわかり、
私も60年大阪に住んでたのよ。っておっしゃった。
え!、御年いくつ??ってぐらいお若く見えた方だったので、60歳と少しなのかななんて思っていると、
内緒だけど、○○歳なのよ~って。ええーー!!
我が父よりも上^^; 
背筋もシャンとしていて、階段も遅いようには感じない程度。
世代的に、美容用品なども今よりは随分少なかった時代を生きてきたはず。
内面からでるもの、生きがいを感じてはつらつしている姿は、本当に美しく若く見えた。


:メモ 感想 データ:
唐津観光協会

唐津文化事業団


館内見学所要時間 30分~60分程度
(案内係りの方の説明などを含めるたら、30分以上はかかる)
*時間は個人差あり。
個人的には、こういう場所は、係りの人の説明を受けながらのほうがいいと思う。
何分ぐらいかかりますかと聞いて、判断したらいいと思う。

佐賀県唐津市 風景2

ゆっくり旧唐津銀行本店を見学した後、

適当に唐津城までの道を歩く。

2015-春の18切符 (12)

2015-春の18切符 (13)

2015-春の18切符 (14)
あ、発見唐津城♪

電車の中からでも、唐津城は見えて、やっぱ城はいいな~って思った。
昔は、全然、城には興味なかったのにね(笑)

2015-春の18切符 (15)

ふと、海岸にでる道を発見。
おお~、余裕のある時間ってやっぱ必要だ!って感じた瞬間だった。

2015-春の18切符 (16)

2015-春の18切符 (17)

2015-春の18切符 (18)

2015-春の18切符 (19)

唐津城は館内撮影禁止だった。
天守からの眺めはどうかわからないが・・。

この道は、唐津城に行くと○○道と矢印がでてあって、
仮に計画通りに観光できていたとしても、ここをもしかしたら通ったかもしれない。
だけど、急いでいて、通らなかったかもしれない。
いい道を見つけられただけでも、私は運がいいと思った。

私は観光客が通る道ではなくて、ちょっと隠れた道が好き。
ちょっと隠れた、地元のよい風景が見られる、そんな道が好き。





NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク