熊本県散歩 慈恩の滝

毎回の旅行に1つはいれる滝訪問w

さて、今回は、熊本県にある慈恩の滝。

これが、今回の旅行で一番行きたかった場所♪

たった30分の滝見学というのに、何時間もかけていった私。


しかし、恐れていたことが・・・・

阿蘇でバスに乗っている時に、デジカメが壊れた。

ズームをしようとして、何かにひっかかったような。。。

ズーム機能がやばくなっていたのは薄々感じていたけれど、こんなところでデジカメ壊れるとは・・・



ということで、


携帯からの画像となってしまった!!!!!!


よ~電池もったわ。。撮りたいところも我慢して、

この滝を写すことに電池をつかったようなもの(笑)

ただし、余りにも感激したので、何を撮っているのかわからず^^;

やはり私は、滝女だった・・・。


201203201651000.jpg

はいこれは普通。

201203201647002.jpg

201203201648001.jpg


201203201649000.jpg

201203201649001.jpg


201203201650000.jpg

わかるかな~

そう、裏見を撮ってきた^^

この慈恩の滝は裏見ができる滝として有名。

熊本では、五老ヶ滝や、お茶のCMに使われた鍋ヶ滝も裏見ができるそうな。

最初、五老ヶ滝で初めて裏見の滝っていうのを知って、ぜっーーーーたいにしたいと思っていた。

だけど、五老ヶ滝はバスに揺られていかないといけないので、JR駅から近いところでと探したところ、

発見!!

女子3人がいたんだけど、すでにしたのか?裏に回らなくて、

私がとっとと裏に回り、続いて、カップルが・・・

しまいには、家族で見にきていた大人や子供も^^

みんな寒い中、裏見をした(笑)


もうこれほど、滝で興奮したことが無かったので、またここにきたら是非やりたい!

さらにこの付近滝の宝庫なので、今度こそは車で行きたい。

全国でも探せば意外にも多い。関西でも1つ見つけた(兵庫県)


普通でも、水量が多くて、滝つぼにも近づけるし、グットな滝だった^^

あっという間の30分だった。


:メモ 感想 データ:

杉河内駅下車 徒歩 5分。
(線路の下をくぐるとそれらしき公園があり、みつけやすい)

電車からでも見える。 ゆふいん方面に向かうならば右手に座ろう。
(杉河内駅をすぎてすぐ)


足元は滑りやすいので気をつける。

天ヶ瀬からのバスツアーもある。

地図
慈恩の滝

熊本県散歩 阿蘇中岳

2012年3月20日(祝)天気くもり

一度は行ってみたかった阿蘇。

宿泊先、熊本県水前寺から電車18キップで行ってきた。

CIMG8980.jpg

CIMG8999.jpg


CIMG9034.jpg

なんか、電車の中から、線路と、山ばかり撮っていたな~^^;


現段階大人しい阿蘇だけど、風向きによっては、阿蘇火口一帯を見れない場合がある。

計画を立てている段階でも、ロープーウェイが運行していない時もあったので、

もし運行中止ならば、途中の博物館に寄ろうと計画していた。


阿蘇駅について、確認すると、ロープーウェイ中止の文字が・・・。



再開するのをひたすら願って、ロープーウェイ行きのバスに乗る。

更新更新を押し捲りの自分(笑)

なんとかロープーウェイは運行再開の文字を見て一安心。

しかし、行けるのは、最低限の展望台のみ。

それでもかまわない、いけるだけで幸せ♪

CIMG9097.jpg



ついに来たー!

寒い、気温1~2度ほど。でもうれしさの方が勝る。

CIMG9116.jpg


CIMG9134.jpg


CIMG9132.jpg



早く、風向きかわらないかな~と思いながら、ずっと見てたけど、駄目だった(泣)


時間もないし、次の今回の旅行最大のメインにいけなくなるのはいやなので、

とっとと降りてくる(笑)

ここは、ロープーウェイ代をけちって、遊歩道で降りてくる。

CIMG9157.jpg

CIMG9160.jpg

ゴンドラの上に~メンテナンスさん(笑)
これが、この阿蘇で一番のお気に入り写真かも♪



写真を撮りながら下っていたので、バスに乗り遅れそうになる(笑)

もし、風向きが変わり、規制解除になっていたら、はたしてこのバスに乗れたのかな~。。


絶対に火口を見たいのなら、ヘリコプター遊覧もある。

しかし1人は無理^^;

でも阿蘇中岳ってこいう場所なんだってわかっただけでも満足。

CIMG9062.jpg

米塚

山分けするという言葉の語源になった山だと、運転手兼バスガイドさんはおっしゃっていた。




そして、バスに乗っている時に・・・



とうとう恐れていた事が。



:メモ 感想 データ:

参考にしたサイトさん

阿蘇山ロープーウェイ

阿蘇ライブカメラ

あそぶらりねっと

火山情報は随時チェックしながら。

ロープーウェイも運行しない時があるので注意。

観光シーズンは特に、ロープウェイ再開時は混雑するので、時間は十分余裕をもって計画を。

バスを降りてから再びバスに乗るまでの所要時間分:60分程度

下りは歩いたので、ぎりぎりだった。これに+30分は必要かなと思う。

(個人差あり)


プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク