スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森県青森市 風景

東北旅行 青森の朝♪

だいたい旅行の時だけは、目覚めが早い(笑)
時間があったので、散歩する
青森風景6


飼い主はだ~れ?

青森風景11
犬は散歩好きよね・・・なーんて思っていたのは自分だけなのか、
このワンコ、ふらふらになりながら必死で飼い主についていく(笑)

飼い主は、遠くに行っちゃってるよーー!!ww
青森風景13
(飼い主は自転車に乗っている人)


海見ながら散歩していたら、超近くで、ウミネコが飛び立って、驚かされた!!
青森風景3
(目つきがなんとも言えないw)

そういえば、昔、自転車超スローで自転車で走っていたら、頭をパコンって叩かれた私。
なんや?何があったのかびっくりしたら、それは何とカラスだった(汗)
うーーん、だから近くで鳥がはばたくと、また叩かれるのではと、ドキッとする。。
ま、動物には舐められる私ですからね~(笑)

青森風景16
(八甲田丸)

海の向こうは北海道。。。はたしていついけるのか・・・

青森風景18

青森風景21

とぷらぷら散歩していたら、『鉄』発見!! いいね~『盛』か~♪記念にパシャっと撮影^^

と、まあ、この日の早朝で青森からお別れになるので、じっくりゆっくり歩いた。

そうそう、前日弘前で、海鮮丼を食べた♪ もちろん安くて美味しい♪
あと、イカメンチ^^
もちろん弘前食料品市場(虹のマート)で購入(笑)

弘前食事1
(ごめん、食べてる途中での写真)

弘前食事2

これで青森県旅行終~了~。

次、秋田県
スポンサーサイト

青森県青森市 ねぶたの家 ワ・ラッセ

この日の宿泊は青森市。

そして、青森市で見たかった建物がこちら。。
ねぶたの家 ワ・ラッセ
青森建物1

もちろんお気に入り様情報から♪

お気に入り様に貼ってあるリンク先をお邪魔すると、この建物がで~んとあった。
なんと!まあ!デザインがかっこいい!!
駅から徒歩1分程度だし、電車で旅をする私にはもってこいの条件。
もうこれは見に行かないとって^^

青森建物10

青森建物4

この建物のイメージは、
私は、風+ブラインドカーテンのイメージかな。
あと暖簾とか(笑)
あるブログでは提灯とか、木のぬくもりとかのイメージってあった。
提灯か・・・う~~ん、面白いね♪



青森建物5

青森建物11

ねぶたの家なので、もちろん展示品はこれ♪(無料料金のところ)
映像でしか見たことなかったけど・・・
迫力と共にきれいなんだよね♪
映える構図・・・人を惹きつける何かがありそう♪

青森建物7

青森建物8

有料料金(ミュージアム)のところは時間がもうギリギリだったので、やめた。
建物だけでも十分私は楽しめたし^^


:メモ 感想 データ:
ねぶたの家 ワ・ラッセ(wiki)

ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森県黒石市 風景3

青森県の旅行に戻り・・・

黒石34

黒石32

黒石33

黒石35

この建物付近の空き地で、踊りのけいこをしていた。

休憩がてら入った『高橋家』のオーナーが、
今日は日本三大流し踊りの黒石よされがあるのよ~と言っていたので、そのけいこか・・・と納得。

そのオーナーに踊り見に来たんじゃないの??って言われたが、初めて聞いた^^;
流し踊りって阿波踊りしか知らなかった・・・(すいません)

じゃあ三時から津軽三味線聞けるところがあるから行ってみなさいよと言われて、
聞きに行ったら、、電車の時間も忘れて聞いてしまった
田んぼアート見る時間が少なったのも津軽三味線を聞いていたからなのだ(笑)

これで黒石市記事は終了~青森県の記事はまだ続くよ(笑) ってもう12月にはいるやん!
がんばって東北旅行だけは年内に終了させるぞ。

青森県黒石市 風景2

黒石市に行きたかったのは、こみせを見たかったから

一般に雁木と呼ばれる。秋田県や青森県にも小店(こみせ)と呼ばれる同様のものがある。
雁木造(がんぎづくり)は、新潟県の商店街などで見られる雪よけの屋根のことである。アーケードに類似している
(wiki引用)
新潟の上越で偶然にもこれを見て、へぇ~って思いながら歩い記憶がある。

黒石31

黒石13
このこみせを見る以外は時間までぷらぷら散歩

この頃、こういう風な町を見るぷらぷらな散歩が好きになった。
私はどちらかと言うと、
私のぷらぷら散歩は目的の建物だけを見に行くその途中の風景にすぎなくて、
『町を見る』ようなタイプではなかった。
ブログを書き出してから、いろいろとブログを見る様になり、
違う観点で町を見る事(例えば町の雰囲気などを感じながらのんびり散歩する)ができるようになってきた。
いろんな旅行のスタイルができるようになるってことは、未知の世界で冒険できるってこと。
それが今はとっても楽しい。


黒石22

黒石39

黒石36

青森県黒石市 風景1

2014年青森旅行は、弘前城・田んぼアートとぽんぽんと決まった。
その日の宿泊は青森市決定済みなので、後半は青森駅周辺での観光もと思ったが、
ここまでくればもう少し違う青森県を見たいので、それはほんの一部として、
移動時間も少なくて済むところにした。

ということで、
黒石市に決定♪

田んぼアート駅にも寄るし、
ちょっとお得になるフリー切符を買って
のんびり観光
黒石4

黒石3
(この絵見てたら目が寄ってしまうw)

黒石1

黒石2

あんなに降っていた雨もやみ、黒石市をぶらぶらと散歩。


黒石5

黒石8



黒石9

黒石10

次も引き続き黒石風景

青森県南津軽郡田舎館村 風景

さて青森旅行午後の部

ちょっと時間が逆になるけど、

田舎館と言えば、もうこれでしょーー!

田んぼアート♪

田んぼアート6

田んぼアート7


青森に行く機会があったら見たいって思っていた。
初めて田んぼアートをお気に入り様の記事で見た時、もうね~感動しまくり!

大阪も実は田んぼアートあるねんよ。でもこっちの方が盛大なんよね♪

田んぼアート12
(普通に見ればこう見えるw)

ここは第二会場で、第一会場へは、無料送迎バスがある。

で、私が乗った送迎車の運転手さんがまた話し上手で、面白い!
元々タクシーの運転手さんだったかな?
この辺りの歴史やらをあちらの方言などを入れながら語ってくれるのよ^^

第一会場の田んぼアート見学はもう帰りの電車に間に合わないから、上から見る事は無かったけれど、
この送迎車に乗れたし^^ 
他の所もこの運転手さんに案内して欲しかったなぁ~(笑)

ちなみに第一会場は
田んぼアート19
(私が撮ったのは???)

田舎館村ウェブサイト 平成26年度水田風景
↑毎週の画像を見れるようになってるんだけど
稲の成長と共に色が変わるのはもちろんだけどまたそれがいい!!! 黄金の富士山もいいね~

:メモ 感想 データ:
田んぼアート(wiki)

第一会場は村役場
第二会場は田んぼアート駅が最寄駅
第一会場⇔第二会場 無料送迎あり
第一会場はかなりの混雑。
夕方に行ったら、まだ整理券発行していて、1時間後展望台から見れるということだった。
なので、見るとしたら朝一の方がいいかも。
田んぼアート料金と地図(田舎館村ウェブサイト)
料金は上記サイト参照


*2014年8月時点。





青森県弘前市 旧弘前市立図書館

これは外せないでしょ^^

ずっと見たかった建物♪
念願かなった!!
私はずっとこれ、りんごの建物って呼んでた(笑)

屋根が印象的で個性的な建物

弘前建物群32

弘前建物群33

弘前建物群4
駅構内で見かけたものも~♪
(弘前に着いて、2番目に撮ったのがこれ^^)


弘前建物群28
ミニチュアと本物とw

ミニチュアがあるっていうのは、お気に入り様のブログから知り、これは絶対に一緒に撮影だわ!ということで(笑)

ついでにミニチュア群

弘前建物群24

弘前建物群27
一人気合入っているオジサマww

まだ残ってるけど、この旅行8割~9割が建物群なので^^; これにて弘前洋風建築はおわ~り。

:メモ データ 感想:
設計:堀江佐吉

青森県弘前市 旧第五十九銀行本店本館

弘前をちょっとうろうろするだけでも、前々回から今回の記事まで お腹いっぱい見る事が出来る
(まだ、あと私の見たかった建物を残していくつか撮ってある)

建物が集中しているので地図をもってない私でも適当に歩けば洋館にあたる。
これは、この雨の時でも非常に助かった。

弘前建物群15

弘前建物群14

弘前建物群13

弘前建物群17

重厚な青森銀行。
屋根が気になってしょうがなくて、腕を精一杯伸ばして、撮ってきた(笑)

建物が好きなのは、小さい頃から(職業にはしなかったけど)
ビフォーアフターやら 
もう見なくなったけど、
渡辺篤史の建もの探訪やら(放送時間が見れない時間帯なのよね^^;)←歌うたえる(笑)
で、完成!ドリームハウス も好き←ナレーターがうるさいのがタマニキズ・・・
(一番好きなのは完成!ドリームハウス)

実家の建物が、親が中心になって親戚やら知人やらでつくった建物だから・・それもあるな・・・。

こうやって、残るのはとっても幸せな建物。
私の出た小学校の図書館は明治の建物だったけど、数年前取り壊された・・・。
(その建物は私の育った市が貧乏な市だったので、よその市から譲り受けた建物^^; 
2つの市にまたがって生き延びたのに・・・)←昔っから貧乏な市だったんだよね^^;あそこは
著名な建築家の新しい建物も次々と壊されるのに・・・不思議だーーねーー。

次一番見たかった弘前洋館

:メモ 感想 データ:
設計者:堀江佐吉

青森県弘前市 旧藤田家別邸

弘前は、特に見たい建物が3つあり、
一つはここ、旧藤田家別邸

フジタ2

洋館をちらみしてきた。

ここは、洋館 和館 煉瓦造りの倉庫(考古館) 茶室と 庭園と
多分じっくりみれば、私の計画していた時間をはるか超えてしまうぐらいなので、
洋館だけの見学でよかったと思う。
というよりも、土砂降りの中の弘前ラスト建築物だったので、へとへとというのが正直な感想だった。

フジタ1
(そして煉瓦建物も撮るw)



フジタ4

フジタ7

フジタ5


フジタ8



洋館でランチしている小学生がいる家族を見て・・・
ああー、私も小さい頃こんな場所で食事したかったわ~・・・と思いつつも、
こんな場所に来たとしても、緊張しまくりだけの思い出しか残らなかっただろうな~なんて
自分を励ましたw

今でもこんな場所緊張するから、駅前のうどん屋さんでいい

:メモ 感想 データ:
設計:堀江金蔵(堀江佐吉の息子)
国の登録有形文化財

旧藤田家別邸(弘前市役所ウェブサイト)

藤田記念庭園
アクセス等は上記参照

見学所要時間 今回は洋館のみ15~30分
*時間は個人差あり


青森県弘前市 建物群

2014年 夏の18切符旅行

今年は、青森・秋田・山形に行ってきた!!!

参考にしたのはもちろんお気に入りの皆様のブログから^^
いきたいところはたっくさんあったけど、電車旅なので、駅の周辺中心をチョイス。
今回は趣味の1つ建物見物がほとんど。


18切符と夜行バスを乗り継いで、着いた先は 青森県弘前市。


弘前建物群1
このりんご見た時に、青森~と実感した(笑)

早速、弘前建物画像。
弘前建物群7
翠明荘洋館

弘前建物群8
日本キリスト教団弘前教会

弘前建物群5
カトリック弘前教会
カトリック弘前教会(wiki)

弘前建物群11
石場旅館:創業明治12年
石場旅館 ウェブサイト


弘前建物群12

マップを事前に用意するのを忘れていて、
街の看板見ながら右往左往。。。

雨でずぶぬれになりながらも必死で撮りまくった

次も弘前市





プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。