スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田県 風景

これで、秋田県旅行記事は終わり。

最初、小坂町に着いた時に、ついつい寄ってしまった場所(笑)

小坂鉄道レールパーク

私の感覚では、鉱山事務所からはちょっと遠いのかな?なーんて思っていたら、
すぐ近くにあるんだね・・・
貨物だけかなと思っていたら、旅客事業もやってたんだ。

そりゃあ、あんな事務所を構える力を持っているなら、鉄道も作るよね。

小坂7

小坂4

小坂6

小坂3

小坂22

小坂41

小坂8

もう廃線になったけど、レールバイクがあったり、トロッコあったりと、小さなお子さんがワイワイ言っていた。
それが、ここ小坂の光なのかな・・・なんて思う。
あと、大館・小坂レールバイクの区域では、乾電池で動くエボルタ電車が走ったらしい!

エボルタ電車見たかった!!!!(笑)めっちゃちっこくて可愛いんよ。

:メモ 感想 データ:
18切符で青森から大館(特急つがるには乗れない)
秋北バス
大館駅10:00から秋北バス→小坂町内で適当に降りた
(本当は小学校前辺りで降りるといいんだけど、トイレに行きたかったのでw)
私の見学所要時間トータル1時間程度(ぎりぎりだった)
(内部見学は一切なし)
11:54小坂町→13:46大館駅 大館駅について時間があるのでぶらぶら
(比較的安い食堂を発見(バスセンターのところ)するも、手持ちのお菓子が残っていたので、やめーw)
1本早い電車に乗れたので、秋田駅で煉瓦建物見に行く。

秋田で見たいところ3つと書いたが、
秋田駅周辺(建物)と橋(この橋はちょっと遠いのでパスした)
小坂町(欲を言えば、七滝も見たかった!!)
あと一つは尾去沢(ここも鉱山)だった。もう宿泊先を決めた後だったので、今度はその辺りにでもと思う。

小坂製錬小坂線

小坂レールパーク

大館・小坂レールバイク

ちなみにエボルタ電車
廃線1日復活チャレンジ エボルタチャレンジ (パナソニックウェブサイト)

やっと山形記事
スポンサーサイト

秋田県男鹿郡小坂町 建物群3

事務所を撮ったなら、やはりここも。。

小坂39
鉱山事務所の内部見学をパスしたので、時間的に、一本早いバスに乗れそうなので、
ダッシュして、康楽館は写真だけ撮った。

小坂37
(横から撮ってみたw)
ここ康楽館は、小坂鉱山の厚生施設。今も現役の芝居小屋。
明治時代に建てらた最古級の建物だそうな。

まあ~あれだけの事務所を作る力があるのなら、芝居小屋も所有していても・・・とは思う。
鉱山事務所と康楽館は国の重要文化財に指定されている。


小坂24
旧聖園マリア園(現 天使館)
ここは国の登録有形文化財。

小坂20

小坂38
明治百年通りがやたらに整えられていて、川を隔てて一本十和田湖側の道を行くと、
小坂11
町役場があるものの、寂しい風景が漂う。
その寂しい風景を先に見てしまったので、鉱山事務所を見た時、そしてこの通りの風景には、複雑な思いがした。


その寂しげな道を歩いていた時に、大阪では見れない施設があった。
小坂10
除雪センターだ。

雪国ならではの建物、記念の1枚となった。

秋田県男鹿郡小坂町 建物群2

ここ小坂町は、有名な小坂鉱山があったところ。

まず、小坂鉱山事務所

小坂27

明治時代に建てられた事務所。
なんかいっぱい盛り込んだ建物だな~って思う(笑)
これは移築&復原なので、年月がたったものとはやはり違う、その辺りが私は残念だと思った。
なので、ちょっと気分的に求めていたものと違うものだなぁ~と感じてしまい、ここの内部は見なかった。
螺旋階段がある事務所なんだよね・・・
私は事務所と聞いていたけれど、宿泊施設の雰囲気がしてならなかった。

小坂26

小坂25
ちなみに私はこっちが好み(笑)

小坂29

小坂30
小坂鉱山病院記念棟
この建物は焼失やら解体があり、唯一残ったものだという。

小坂鉱山に関係して、小坂町ウェブサイトを見ると、
水と電気はタダ
秋田県第2の都市 (秋田市が35000人 小坂町30000人・・・)という記述がある

それぐらい鉱山の力は大きいものだったことがわかる。



時間は逆戻りするけど、

小坂精錬から旧小坂鉱山事務所の方に歩いていくと

小坂17
小坂町消防団第三分団本部

小坂18
花園館という映画館で明治37年創業らしい。
この建物は、昭和初期に改築されたものと言われている

と、古いモダンな建物が見れる。

たとえ、鉱山事務所を見なくても、ここは何かあった地域だなって思わせるそんな建物がある。

秋田県男鹿郡小坂町 建物群

今回、秋田県メインの場所。

小坂製錬の建物

ここは、もしかしたら、目の前から見る事はできないかも・・・と思いつつ、
だけど、遠目でもいいから見てみたいそんな煉瓦建物だった。

小坂16

小坂14


やはり、遠目でしか見れない。

画像検索していてたまたま発見した。
濃い煉瓦の色合いが見事で、無性に惹かれた建物だった。

以前は煉瓦建物にも少し興味が薄れていたが、
岡山県の三石に行ったときに、復活してしまった(笑)

もし、そこに行ってなかったら・・・ここは外れていたかもと思うと、
自分の見た風景がある場所に行く切っ掛けとなる・・・
だから旅はやめられないのだと思う^^

:メモ 感想 データ:
道がずっと通っているが、公共の道路なのか判らないので、遠くから建物撮影。
アクセス等は最後の記事に書く。




秋田県秋田市 風景

青森を出て、秋田県へ

秋田県の最終立ち寄り場所が秋田駅周辺だった。

おい、その途中は!!
その途中はまた後の記事で。

秋田市8
千秋公園の蓮
ものすご~くたくさんの蓮。某所へいく途中でいいもの見た!って感じ

秋田市11

秋田市3

秋田市2
駅前に、刃物を持ったなまはげちゃんがいるとは(汗)

秋田市13

秋田市14
(某所とは、、赤れんが郷土館 やっぱりここは行ってしまったw)

今回の旅で一番迷った県が秋田県。
旅行計画決定する1週間前までは、青森県を2日で回るはずだった。
が、人気の五能線『リゾートしらかみ 』が予約完売してしまったので、
せっかく楽しみにしていた、青森県側の白神山地を諦めた。
ずっと行きたかったのにぃ~と凹んだものの、せっかくめったにない4日間の連休なので、
なるべく多く都道府県を回りたい気持ちもあり、
これは秋田県へ行けと言う事ねという風に思い直し、計画を練り直した。
(ちなみに、リゾートしらかみは、7月の大雨の影響で、結局代行バスとなっていたようだ)

さて、秋田県、まず観光するならと思っていた場所が3カ所あり、
秋田駅からバスに乗って、ある橋を見たかったのだけれど、、、
バスの本数に難ありなので、さんざん悩みまくった場所へと決定した。

次も秋田県記事
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。