山形県 風景 ラスト

山形風景ラスト

雨が降ったりやんだり
2014東北風景3


山形博物館1
ガオォ~!

新庄2
こちらの駅は山形新庄駅
8月のお盆の時期だったので宿泊施設を探すのに大変だった。

新庄3
私自身めったに見れない山形新幹線。

新庄4
新庄駅でなにかいてましたw

新庄~中川1
電車やバスからみるこういった風景も見るのが好き

最後の山形県から夜行バスで京都までっていうのもありなんだけど、
資金の都合上、東京まで18切符で。
途中18切符に上乗せして(ホリデー料金780円追加)、栃木県黒磯でグリーン車に移動し座って上野まで♪
黒磯だから座れたような気がする。さすがに帰省ラッシュはすごい!
激安宿に泊まり翌日東京から京都まで18切符。
やっぱりこれは疲れた。仮眠2時間で仕事復帰。ううんん数日疲れが取れなかった。
さすがに年のせいかと思ったけど、いいやこれは、やりすぎだった。
夜行バスに乗ってもトータル同じぐらいなんだけど、電車が遅れたらアウトだし~。

18切符と夜行バスを使って青森秋田山形と自分が行ったなんて・・・
今振り返ってみてたら、すごいエネルギー使ったよな~って感じる(笑)

午前中で山形は終了だったけど、
あと半日行くとしたら、高畠町のサイクリングいれたかも。
酒田も行きたかったな~

と、旅をするたびに、旅行したい場所が増えるのはなぜだ(笑)

今頃は、各地雪の風景・・・私が見たのは夏のほんの一部分。
黒石でお茶した時に、そこのオーナーが、もうすぐ冬よね・・・って、ため息ついてたのが印象的だった。
私にしてみると、夏まっさかりだと思うのに。。。
日本はほんと長いなぁ~。



やったー!年内に東北旅行書けた~♪


次の旅行記事は、夏の18切符を使って、岐阜滋賀旅行へ(これは2015年になってから)

山形県山形市 旧済生館病院本館

山形市で一番見たかった建物がここ。

今回の旅行ラストの建物。
ここは見れなかったら凹んでたわ~。

下手な文章よりも画像をば。
(下手な画像ですが><)

山形建物群37

山形建物群40

山形建物群46

山形建物群47

山形建物群48

山形建物群49

山形建物群51

山形建物群52

山形建物群55

山形建物群53

この建物は絶対に中を見たかった。
ゆっくり見ている時間は無かったけれど、とりあえず見れるところは見てきた。
ポイントポイントでの写真を撮れなかったのは下調べしてなかったせいなので、UPの画像がいまいちだけれど、
この不思議な建物を見て今回の東北旅行の締めくくりが出来たのはうれしい。
宮大工たちによって建てられたとの事。

:メモ 感想 データ:
旧済生館病院本館(wiki)
旧済生館本館(山形県ウェブサイト) 
中庭を囲む回廊は14角形
2階のホールは16角形
3・4階は立ち入り禁止
三層楼なんだけれど、4階建
中庭から見ると三層楼に見える

この螺旋階段(3・4階)登れるのか?というぐらい狭い。(もちろん登るのは禁止)

国の重要文化財

この建物は移築復原工事されているが、この建物自体ややこしいし、随分壊れていたので、かなり難儀したそうな。
宮大工たちの知恵が活かされていると言われているこの建物
山形城を見に来たついでに、是非ともこの建物は見て欲しいと思う。

1878年(明治11)竣工

山形県山形市 寄り道・建物群

そうそう、山形駅からバスに乗り~いい建物発見して、途中下車て見に行った建物(笑)

山形建物群1

山形建物群3
こちらw
下調べしていたら、バスになんか乗らずに、たったと歩いて見に行ったのに(汗

吉池小児科皮膚科医院

山形建物群4
なんか歩いていたら、カトリック教会を発見。

山形建物群7
山形市役所



山形建物群8

教育資料館を見終わって、さあ、山形城跡「霞城公園」 へと急がなければと思い、
バスに乗ろうか歩くかで迷う。

バスの待ち時間もあるし
バス系統もわからず、一旦駅までかえってそこからどうするやら・・・
(実際は駅から徒歩で南門が近くにある)
もう考えるのいやなので、
霞城公園の方角だけはわかるので、歩くことにした。
もう気分は、電車乗り遅れてもいいや~♪♪って感じ(笑)


山形建物群32
(茂木酒店)

どこかのブログで確か見た確かお気に入り様が撮ってたはず。
と思いながら私も撮った(笑)

山形建物群33

山形建物群34
気になる煙突w 

大通りを歩いていたら、美術館はこちらという案内が出ていた。
またもや、病気が出て、美術館の建物~どんなんだろう~って、
また寄り道してしまうのであった(笑)←結構、美術館の建物は好きでついつい見に行く
山形建物群36
(山形美術館)

山形県山形市 山形県立博物館教育資料館(旧山形師範学校本館)

今年もあと1週間程度

あと、夏の東北記事が5回ほど^^;
ファイト(笑)

旧県庁舎やらをくるりと一周して、やっと一息。
さて、私が見たい建物、山形駅周辺には3箇所あって、旧県庁舎が一つ、
そして、教育資料館

時間がないとはわかっていても、やはり行く!

すこし、奥まっているのか、先程の旧県庁舎には人がいたが、
こちらには誰も見学者がいない。
見ごたえのある建物だから、あっちにいた人もこちらにも足を運んでくるよね~っと思いながら、
だれも来ず、撮り放題だった(笑)

山形建物群24

山形建物群30



山形建物群26

山形建物群29

で、教育資料館にもまけず劣らず、目を奪われたのが、上の建物
調べたら「旧山形師範学校音楽練習室」らしい。(近年まで講堂として使われていた?)

教育資料館よりも古いのだそうな。年代はネットで調べて。

私は主要な建物しか、今回は特に、ぱぱっとしか調べいないので
こういう建物が有るとは知らなかった。

現地に行くと、掘り出し物はいっぱいだし、発見するとめっちゃ嬉しい(笑)

山形建物群23
緑に埋もれていく建物は、なんか惹かれてしまう。(まだ埋もれてないかw)
ああ~『廃』にこの頃浸ってしまう自分いる(汗)


あれ?旧・山形師範学校門衛所も撮ったはずなのに。。

今、画像UPしているのは、10月ぐらいに大量の画像から、ブログ用にざっと抜き出し、
やっと今編集UPしている。
UPに迷うものも入れてあるんだけれど
一気にやったので、
これはもうUPはいいだろう・・・と、
パスしたものの中に埋もれているんだろうな(汗)

年末までに東北分は書いてしまおうという気持ちの方が優先されて、
もうちょっと建物に関してかこうかななんて、、、そんな余裕もなく(汗
(そんな区切りつけなくても、いいはずなんだけれど、なんかね)
ただただ建物のUPだけで終~了~になってしまう。

え?いつものことやんww

:メモ 感想 データ:
山形県郷土館「文翔館」からここまで、0.7キロぐらい
ぱっと見たサイトで徒歩3分って書いてあったけど、私の足では無理^^;
徒歩3分って・・・っていいながら歩いていたのを覚えている。。
距離ぐらいは調べていかないと後で苦労するのが良く分かった。
ちなみに私の歩く速さは遅い(笑)
*時間は個人差ありだからね~

旧山形師範学校本館

本館・門衛所・正門 国の重要文化財

山形県山形市 文翔館

引き続き山形旅行
2014年が終わるまでには終了できるはず(笑)

山形観光は、午前中で終了する為、出来るだけ移動せず回れるところとなれば、
やはり山形駅周辺となり、そこはぱぱっと見たいところも決まったので、
場所などの確認はせず、当日に携帯で確認するという・・・
だいたい最後の場所ってこういう風になるんだよね^^;
このテキトウさが、今回はどっと疲れをつくることになる><。

山形県旧県庁舎

山形建物群11


山形建物群12

山形建物群13

そして、ここは撮るでしょw 煉瓦♪
山形県旧県会議事堂

山形建物群16

山形建物群15

山形建物群17

ひとめぼれしたのが、山形県旧県庁舎で、ついでに煉瓦発見!だったので撮ってきたって感じ(笑)

共に国の重要文化財

南陽市の橋の時間の都合で、1本早く来ることになり、
まだ開門前に到着しそうだと思いながら、
バスに乗ろうか、、歩こうか・・・歩いたらどれだけかかるんだろうって山形駅前でうろうろしてしまい、
その分歩いたらバス代は浮いたと思われる。

そして、
結局途中までバスに乗り、好みの建物を発見してしまって、なんと途中下車をしてしまう私。

何やってんだか。。。ほんとに。
慣れた関西だとこう無茶してもどうってことはないけれど(寄り道はいつもやっているw)
ここは東北それも初めてのところで、所要時間も調べてない。
しかも、午前中で見終わって、その日に東京まで戻らないといけない。
ということは、山形から18切符では、1本遅れると・・・どれだけ費用がかさむか。

時間がないのが判っているので、もう最後の山形城跡「霞城公園」 で遊ぶか・・と、
そちらに行きかけ、いや、ここまで来て、もったいない!
もし時間が遅れたら、特急に乗る!というお金はかかるけど、最後の手段は持っているし!と思い、
また戻り、てくてく歩いて、やっと着いた~あああ~

かっこいい建物だからやっぱり見に来てよかった! 


無計画はほどほどに(汗)


:メモ 感想 データ:
山形駅からはだいたい2キロ 結構あったんだ・・・
バスは市役所前で下車のはず

文翔館とは、山形県旧県庁舎及び県会議事堂を修復・利活用している施設の愛称である(wiki引用)

文翔館(wiki)
アクセスはリンク先参照
ただし、市役所前バス停より徒歩1分では私の足では無理っぽかった。
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク