スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県猪苗代町 達沢の滝から帰る途中・・・

猪苗代行きのバス停は、改善センターより手前でバス停あり。(ちょっと離れている)

けれども、来た時、おばあちゃんがこの改善センターで乗って来た気がするので、

もしバスでここまで来たなら、運転手に聞いてもいいかも・・・

達沢の風景5

私は、バスを待つのにも飽きたので、歩くことにした。


そうすると、温泉に遊びに来たような・・・浴衣でスタスタとこちら達沢方面に歩いてくるおば様1人。

え?まさか、達沢まで歩くの?どこいくのそんな寒い格好で!と私が驚くような格好だった。

達沢の風景4


随分距離を歩いて温泉地の付近で、その方のお連れさんが、女性見なかったかと聞いてこられたので、

随分先で会いましたけれど・・・と告げただけだったのであれだたったけれど、

果たしてあの女性は何しにどこまで行ったんだろう・・・

私も大概な人物だけれど、私以上だわ・・・^^;

達沢の風景8


達沢の風景



達沢の風景9
(これは中ノ沢温泉からちょっと行ったところにあるバス停で最後はここから乗車した)


このバス停から、中の沢温泉バス停までは徒歩5分ぐらいでいけそう。

猪苗代駅から中ノ沢温泉までは、バスの本数がまだあるので、帰りは達沢から歩いてもいいんじゃないかなって思う。

猪苗代マンホール
猪苗代マンホール

:メモ 感想 データ:

猪苗代駅バス停から達沢まで 25年4月1日現在 運賃900円

最終バス停達沢から2キロほど歩いて鳥居、その奥に滝がある。


達沢滝~中ノ沢温泉まで約5キロ (達沢バス停から中ノ沢温泉バス停まで約3キロ)

割合平坦な道。(坂はあるけれど苦痛になるような坂ではない)

*坂の感想は個人差あり

スポンサーサイト

福島県猪苗代町 達沢の滝

まずは雌滝。

達沢の雌滝


そして、お目当ての雄滝。

達沢の雄滝3



緑が多い時期、そしてなんと言っても紅葉時は、人気があるらしく、小型バスチャーターして

団体さんがくるという・・・。

達沢の雄滝2


達沢の雄滝1


わかるような気がする。

雪がまだ残っているので、先の方へは行かなかったけれど、もう少し先までいけるっぽい。

滝は登りませんって
(滝登りなんてしませんってばー)


きちんと除雪してくださっていたので、そのあたりで滝を楽しむことができた。

帰りは、同じバスに乗っていた子供達が遊びにきており、さすが雪には慣れている

とっとと雪の上を歩くが、やっぱり私は不慣れでズボズボと(体重のせいとも言えるw)。


福島県耶麻郡猪苗代町達沢 達沢の滝へ・・・道のり

猪苗代駅に到着

猪苗代駅

震災がなければ、その年の夏にはここに来ていたはず
その時の目的は、諸橋美術館だったけれどね。

猪苗代駅のバス乗り場案内表示

観光案内版

今回は達沢の滝を目指す。


いよいよ猪苗代駅からバスは私を運んで達沢へ。


バスに乗っていざ達沢へ


やっと達沢

ここまでで片道900円かかるし、バスの本数も少ないということも一旦諦めた理由だった。

しかし、今回は茨城県でもほとんどお金を使うことがなく、予算は随分残っていた。

2年前に四国に初めて行った かずら橋も同様の理由で諦めそうになったけれど、いざ行ってみて、

すごい感激したのが脳裏に浮かんだので、ならばここも・・・。

達沢改善センター
(これは帰り際に撮った)

達沢改善センターが降り場となる。

近くにはパン屋さんがあるんだけれど、冬季閉鎖中だった^^;

ちょっと坂を上ると、でかく滝沢の道はこちらと表示がある

雪のバリケード超えて



雪のバリケードを超えて・・・(ここが一番難所だったw)



達沢の風景1


目指すは、鳥居

バス停から2キロほど入った場所に鳥居がある。普段はそこまで車で行って

歩いて5分ぐらいだそうな。

達沢の風景2


大阪の地とは比べ物にならないくらいきれいな場所。

途中ですれ違ったおじさんにあと少しだからと言われたけれど、

やはり雪が残っているので時間がかかる

達沢の風景3

達沢の滝の目印の神社


そして、鳥居発見。キタキタキタ!!



: メモ 感想 データ:

毎月1日、11日、21日は
「バス・鉄道利用促進デー」
特殊割引回数券がある
これを利用したかったのだけれど
営業所まで行かないといけなかったので、断念した。


磐梯東都バス株式会社

たぶん普通に行けば、20~30分でいけると思う(バス停から)

福島県会津若松市 鶴ヶ城から・・・

今回、どうしても諦めきれずに、最後の最後で予定を変更して達沢の滝に行くプランにした。

鶴ヶ城を下見程度に終わらせ、北口バス停にて、バスを待つ。

時間は10時代のバスで、これなら予定している電車の時刻まで間に合うだろうと思っていた。

少し定刻から遅れてバスが到着した為、間に合うのかどうか不安になりながらも、

バスに乗り込む。

次に急いで乗車してきた観光客が、運転手に会津若松駅バス停には何分に到着しますかと尋ねていた。

運転手が定刻では○○分の予定です。



えええー、予定している電車には乗れないやん><。

事前にバス時刻表をネットで見つけられなかった私。

*今ようやく会津バスのリンクから、、、ようやく最新バージョンの時刻表をみつけた。

 私の検索不足だった。


後ろの人が尋ねてくれたので、これは乗れない事がわかり、

急いで手前の七日町駅の時刻表を確認して、ぎりぎり間に合うかどうかだなと思いながら、、

ケイタイ握り締めて乗っていた。

七日町駅
(これは駅内から撮ったもの 改札口はなかった気がするが・・・)

↑この駅が喫茶店みたいだったので、一瞬入るのをためらった私(笑)


無事、なんとか七日町で電車に乗れて、

乗り換えて会津若松駅で予定していた電車で猪苗代駅まで向かうことができた。

東北の電車1

会津若松駅


この予定していた電車に乗り遅れていたら・・・達沢の滝は断念することになっていた。

もし、後ろの人が尋ねてくれなかったら、きっとあのまま会津若松駅にバスで向かうことに・・・

そして、思いっきり凹むことになっていだだろう・・・。

ま、いけなくても、予定変更して、『塔のへつり』に向かっていたかもしれないし、

また会津若松観光で御薬園に行ったり、郡山観光していたはずだけれど・・・

やっぱり最後の最後でどうしても行きたくて無理から入れた滝観光、ショックは大きかったと思う。

(中途半端になるので一旦ここで区切る)


:メモ 感想 データ:

バス鶴ヶ城北口 10:46分発→七日町駅前

七日町駅 11:03→ 猪苗代駅11:38

会津バス

会津バス 会津若松周遊バス(あかべえ)

この時刻表は4便目からで、私が飯盛山下で乗ったのは3便目(平日運行日だったから?)

(飯盛山下8:48→鶴ヶ城北口)

1~3便目はあるはずだと思っていたけれど、現地に行くまでは時刻はわからず、

適当に30分間隔であろうというだけで計画を立てて、偶然計画通りにいけた

もしこの時刻表を見つけていたならば、飯盛山下は4便目からしかないと思ってしまっていたかもしれない

となると・・・今回鶴ヶ城もっと駆け足で見なければいけなかったんだ・・・

ひやひやもんですな。

福島県会津若松市 風景2

飯盛山まで行ったので、最終的には 白虎隊のお墓まで行ってきた。

(白虎隊自刃の場所も)

いろいろとそこらへんは撮ってきたけれど・・・

今回はUPなし。

なんかつらいのでね・・・。

会津若松風景11
(飯盛山から見た風景)

会津若松風景12

きれいな空・・・

どこに鶴ヶ城があるんだろう~って思いながら撮ったので・・・




帰り際、階段をだだって降りて行くと

坂がきついからスロープコンベアがあるんよね。

私のケチ精神が出て、回り道でお墓付近まで登ったけど、

初めから階段を諦めてスロープコンベア使うなら、

250円・・・。

で、ここは途中から150円でも乗れる

会津若松17




そして、次は巡回バスあかべぇに乗って、市内観光。(はい横着w)

会津若松風景13

あかべぇは、時計回りで巡回するバスで、

反対周りは、はいからさん

30分間隔で運行中

会津若松風景14
(バスの中から武家屋敷)

この飯盛山下から鶴ヶ城って結構距離あるのね~

いくつか計画した中では、強行突破で歩くプランもあったけど、

今回は時間優先で鶴ヶ城に。

:メモ 感想 データ:

会津若松観光ナビ

あかべぇ時刻表(H23.10.1改正)

福島県会津若松市 さざえ堂

たくさん行きたいところがある中で、

絶対にはずせない!って思ったのが、このさざえ堂

いくつかプランがあって、鶴ヶ城を外したプランも作ったが、

ここだけは外せなかった。

さざえ堂1


らせん階段で、登っているはずなのに、いつもまにか下っているっていうフレーズを

どこかで見たので(悔しいかなそのように書いてあるHPがどこだったか・・・)、

一瞬だまし絵のようなイメージした。そんなのありへんのにね^^;

そういうフレーズもあり、木造建築でさらに珍しいらせん階段の御堂ということで、

気になってしょうがなくて、超期待していった。

さざえ堂2

(この人数人員制限どこかの吊り橋を思い出す(笑))

さざえ堂3

さざえ堂


wikiをきちんと読めば、だいたいの構造なんてわかるのにね^^;

アホ丸出しな私w 

金額的に400円ってのは・・・微妙に高いと感じた私であった。

ちなみにNHKの夢の美術館『世界の名建築100選』に選ばれているらしい。

本も出ているので、日本ではそのほかどこが選ばれているんだろう・・・ちょっと見てみたい。


内部画像は、グーグルの画像一覧で見て下され~


:メモ 感想 データ:

さざえ堂

会津さざえ堂(wiki)

見学所要時間 5分もかかっていない
*時間は個人差あり

福島県 風景

2013年春の18切符 3日目

郡山マンホール
(郡山市のマンホール)

初めての東北。東北はどこから手をつけていいのかわからず、
1つ1つの県が大きいので、県を絞らなくてはこれはとてもじゃないけど
まとまらないっていうのが最初の印象だった。

会津若松へ


まだこの時は、行きたかった美術館は、時期的に冬季閉鎖中。
そして震災の影響で修復中の場所もある。

磐越西線1
(磐越西線の風景)

条件として、

夜には東京に戻らなければいけないこと
18切符の旅行なので、そんなに遠くへはいけないということ
城はやっぱり見たいな~という

会津若松マンホール
(会津若松市マンホール)

こんな条件で探していて、今回は会津若松市へと観光に行ってきた。


会津若松駅 白虎隊の像1
(駅前の白虎隊の像)

会津若松駅2


会津若松に着いた時の最初の印象は、とにかく空がきれいだった。




プロフィール

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。