京都市美術館 別館 漢字三千年展

漢字三千年

2017京都市美術館 別館


今回は京都市美術館 別館での展覧会

漢字・・
少し前から漢字の成り立ちに興味が湧いていたので、グッドタイミング。

甲骨文字やらお馴染みの漢字の成り立ちの解説がありすんなりと観ることができた。

漢字が、発達した理由は、公文書を残す為で、国家の基礎がきちんとある証拠なのだそうな。

凸文字は珍しい

凸文字説明文




こんなところにイニシャル

こんなところにイニシャル2


秦の始皇帝に捧げるその兵馬俑に、
自分の作品?とわかる文字を堂々とこんなところに(笑)
そんなものがその当時見つかったら・・
恐ろしい‼
あの始皇帝よ!
すんごい勇気あるね。
ま、そんな作品でないと、
飛び抜けて日本で展示品に選ばれないだろうなとは思う。
いつの時代にもこういう人はいるね(笑)
人って本質は変わらない(笑)

中国の展示会場では観ることはできないらしいので記念に撮ってきた。
説明画像も撮ってきたので、解説はそちらを。


さて、漢字の成り立ちで、
特に紹介したい漢字を1つ。

愛~さんさんと~♪


それは『愛』
女性が後ろ髪引かれ立ち止まり、過ぎた道を振り返り、
あの人はどうしているのだろうと、
心に思いを止める姿

気遣いや素朴な情愛ひっくるめて
『愛』


漢字はその成り立ちがあり、
イメージの元を思い起こさせる
昔の人からの繋りがある。

メモ 感想 データ
漢字(Wiki)

京都府京都市右京区 関西外語大学文化資料館

京都の紅葉を愛でに行ったというのも、見たい展覧会があったから。
だいたい京都に行くのは展覧会がらみ。

毎年恒例関西文化の日は、展覧会をダダッと見に行く。
今年は、大学のミュージアム狙いで3つほど。
大阪青山歴史博物館・大阪市立理学部植物園
そして、ここ関西外語大学国際文化資料館

切手でたどる西洋絵画の歴史というお題。

絵画の歴史というよりも、私はどんな絵画が切手になっているかな~って感じで見に行った(笑)
1400点程の切手。これは個人のコレクションの一部らしい^^;
よく集めたものだね~。で、まだあるの?? ってその方がびっくりした(笑)

図録を無料でもらえた^^ 
久しぶりの図録、ちょくちょく中身拝見して楽しんでるよ♪
切手3

中身はこんな感じ
さすがラファエロ 数多いね
切手20

ゴッホも(下半分ぐらい)
切手16

私の好きなセザンヌも負けてません(笑)
切手22

切手14

切手15

これも好きなデュフイ♪ 切手になっているとは!
(2014年、展覧会見逃しているだけに、切手で見れて良かった♪)
切手18

フェルメール これは最近人気あるから、切手になっていると思った。
切手10

モナ・リザ 複数切手になっているけど、口元の微笑みだけってのが(笑)
切手6

日本の切手もいくつかあったけど、
大原美術館所蔵のエルグレコ 受胎告知は外せないな~
切手8

あと、1枚、北朝鮮の切手もあったりして・・・
発行している世界各国地域の名前がずらずらと、そっちにも目がいったな。
数的には、モナコやらギリシャは多くあったような。
国としてもうない東ドイツなどもコレクションの中に。

展覧会に行くと、お気に入りの作品が一つは増える。
今回は、これ!
ティソの『十月』
切手12
本物見たい!!

あと、先着300名に切手がもらえるってあって、行ったのが会期終了まじかだったのに、
なんともらえたのだ。

好きなものをどれでもどうぞって言われて、探した中に 1枚だけあった、セザンヌを発見!
きゃほー!私セザンヌに愛されてるわ~♪(笑)って思って
これがいいです^^って言ったら、係の人が、
これ、『首吊りの家』ですよ~ 他の物にしたらどうですか?と親切に言われたけれど、
ここで残っていた1枚は、私を待っていたはず!
浮気をしようかなって思って、他の切手も見てみたが、
ピーンとくるものがないし、やっぱこれでいいですと言って、ゲットした(笑)
切手1
お財布の中に、入れていつも持ち歩いてる(笑)

と長々と書いてしまったけど、それぐらい楽しかった^^

:メモ 感想 データ:
関西外語大学文化資料館
アクセス等は、リンク先参照。

京都・大学ミュージアム連携
いろいろあるので、一度足を運んでみるのもいいかも♪

京都府宇治市 京阪宇治駅

スルっと関西3day ラスト1回分

ちらっと以前に比叡山に行ってきたと書いていたが、

そう、京都滋賀旅行に使ってきた。


まずは、京阪宇治駅。

JRの宇治駅と間違えるので、あえて京阪宇治駅と書こう。。


keihanuzieki1.jpg


keihanuzieki2.jpg


keihanuzieki3.jpg


keihanuzieki4.jpg


keihanuzieki5.jpg


念願の京阪宇治駅を撮れて気分良く周辺をうろうろする。。

車ではよくこのあたりはお邪魔しているんだけれど、電車では初^^

また一つ路線制覇にちょっとガッツポーズ(笑


:メモ 感想 データ:

設計者:若林広幸

1996年に私鉄の駅としては初めてとなるグッドデザイン賞を受賞している(wiki引用)

京都府京都市 島津製作所 創業記念資料館

ここは去年から狙っていた資料館。

島津記念資料間1



去年、この前を通って、外観だけでもUPしようと記事を作っていて、その資料集めに検索していたら、

科学技術週間に協賛して無料となる日があるということで、UPをやめ、その日を待って、訪問してきた。

島津記念資料間2


島津記念資料間3


この日はハードスケジュールだった為、1時間という時間でだだっと見てしまったけれど、

創業時には、ここが本店として使用され、かつ、創業者が住んでおられた場所。

島津記念資料間6

島津記念資料間4

ステンドグラスも。


島津記念資料間8



島津記念資料間7


2階部分には、展示品 実験コーナ


京都三条駅からでも10分ほどでいける場所。

島津記念資料間10

島津記念資料間9



:メモ 感想 データ:

京都三条駅から三条大橋を渡り高瀬川まで行き、右折して(川沿いに歩く)。徒歩10分程度。

島津製作所 創業記念資料館

通常は入館料300円

科学技術週間は、発明の日(4月18日)を含む一週間。

科学技術週間(HP)


館内見学時間:資料館は小規模ながら、発明機などを見ていると、私の場合は1時間で足らず。
ボランティアの人の話などあり、できれば1時間半は最低でも欲しかった(泣)


*時間は個人差あり


京都府精華町 ルイルルー美術館(休館中)

2013年の春の18切符の記事がようやく終了したので、

ちょっと休憩がてらに、美術館の建物記事。

もう数年前に休館になった美術館の1つ、ルイルルー美術館。

ルイルルー美術館1

ルイルルー美術館2


ルイルルー美術館3



行こうと思っていたのに・・・と悔しい思いをしたことが何度もある。


例えば鎌倉大谷美術館とか・・・青山ユニマット美術館・・・一昨年だったかな?メルシャン軽井沢美術館

大阪ではちょっと古いですけど、萬野美術館なんかもそう。
 

サントリーミュージアム天保山はごくたまに

特設会場っぽいもので開館しているみたいだけど・・・

空間美が好きな私にとっては、なるべく早く好きな美術館を回らなくてはって思うんですけどね。


さあ、次の旅行の時は最低でも1つ美術館に足を運ぶぞぉ~



:メモ 感想 データ:

ルイルルー美術館(休館中)


内部の様子はHPにあり。

ベルギーのクリスタルガラス工芸家 ルイルルーの作品を扱っていた

京都府散歩 京都府南丹市美山町 かやぶき美術館・郷土資料館

2008年の写真から・・・

かやぶき美術館・郷土資料館

かやぶき美術館1
向こうに見えるのは郷土資料館

かやぶき美術館7

かやぶき美術館4


かやぶき美術館2

かやぶき美術館3

かやぶき美術館5
階段を登って、屋根裏へ


かやぶき美術館6


:メモ データ 感想:

かやぶきの里からは少し離れた場所にある

美山かやぶき美術館・郷土資料館

アクセスはリンク先参照

京都府舞鶴市散歩 レンガ倉庫

やっと10月の旅行記事に戻ってきた~(笑)

で、舞鶴の続き。

レンガ倉庫

舞鶴レンガ1

舞鶴レンガ2

舞鶴レンガ3

舞鶴レンガ4

舞鶴レンガ5

舞鶴レンガ6



:メモ 感想 データ:

東舞鶴駅から徒歩15分程度



京都府散歩 京セラ美術館

京セラ美術館に昔行った写真。

CIMG1778.jpg


その時は、アンセルアダムス展だった。

CIMG1782.jpg

わぁ~これ2008年だったんだ。もうそんなに経ってるんだね・・・。

アンセルアダムスの話はおいておいて・・・

たまに特別展を開催するので、行きたいんだけど、

駐車スペースがない。

私のマンションからは、自転車で行けということかな(笑)

CIMG1787.jpg



別に、特別展が無くても、セラミック館だけでも十分楽しめる。

城南宮からでも歩いていける。

梅のシーズンにでも^^

ただし、土日 祝日が休みなんよねorz


CIMG1784.jpg

この時は、秋。


:メモ 感想 データ:

京セラ美術館

無料 ただし基本土日祝は休み

京都駅から直通バスあり(HP参照)

ここから城南宮もいける10分~15分程度

*個人差あり

京都府散歩 大山崎山荘美術館

モネつながりの記事。

大阪と京都の間にある大山崎山荘美術館。

庭と建物がとっても好みの美術館^^


CIMG0235.jpg


CIMG0214.jpg

CIMG0164.jpg

CIMG0199.jpg

CIMG0159.jpg


あ、新館撮り忘れ><。


CIMG0169.jpg

2階のカフェでまったりと・・・



:メモ 感想 データ:

アサヒビール大山崎山荘美術館

新館設計:安藤忠雄

新館にモネの睡蓮の絵がある

見学:建物と庭だけなら、30分~1時間ぐらいかな~。
(私の場合)

紅葉の時期がいいといわれているが、まだ一度もその時期に行ったことがない^^;

美術館までの坂がきつい^^; 駅から10分程度。

車で行くなら、駅の近くに駐車場があるが、満車に気をつけよう。
(時に紅葉時)

今は休館中~再オープンは2012年3月3日予定。

もうひとつ建物が出来ているようだが、再オープンの時にはまだ見れないらしい。


モネおよび印象派の関連ある記事
高知県 モネの庭

京都府散歩 ガーデンミュージアム比叡

京都府散歩 姉小路通 寺町通 他

京都府京都文化博物館を出て、京阪三条駅方面へ向かう為、姉小路通を歩いた。

今京都の地図を見ながら、どの通だっけ?と 

確かに慣れれば 非常にわかりやすいんだろうけど・・・

私は悪戦苦闘orz

CIMG7982.jpg

姉小路通

総本家 河道屋






CIMG7984.jpg

寺町通

書林 其中堂





CIMG8003.jpg

下京区 四条大橋西詰南側

東華菜館

本店の建物はウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計1926年竣工で、登録有形文化財である(wiki抜粋)





CIMG7968.jpg

高瀬川付近

タイムズ 

設計:安藤忠雄




CIMG8009.jpg


NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク