奈良県奈良市 南都銀行本店

興福寺南大門跡の横の道、三条通りを通り、駅に向かうと、南都銀行本店が見える

nanntoginngou1.jpg


nanntoginnkou2.jpg




奈良ではあんまりないような建物。




南都銀行を右折して近鉄奈良駅に向かう

商店街のアーケードを見ようと上を向くと、



やはり、、、、奈良、、、、

narakouen15.jpg



鹿(笑




鹿と共に・・・・やっぱり奈良やね~♪





そしてこの旅の最後近鉄奈良駅に到着


narakoune16.jpg



私の2013年関西文化の日の旅は終了

そして、スルッと関西3dayパス2回目終了。

残り1回は、京都滋賀日帰り旅行に使用。


:メモ 感想 データ:

南都銀行本店

設計者:長野宇平治(wiki)

西洋建築の古典様式を採用した銀行建築

イオニア式の列柱が特徴

この建物の柱が特徴的なんだけれど、個人的には好みじゃないので どUP なし。

奈良県奈良市 風景 2013年平城宮跡

さて、この文化の日は大忙し(汗)

足早に明日香を離れて、

大和西大寺駅から奈良駅へ・・・



asuka17.jpg

気づくのが遅れて、斜め撮り(いつもの事や~)

昔、この風景見たさに、車で平常宮跡までいって、西大寺駅まで歩いて、電車に乗って・・・(笑
(電車の中から一度みてみたかったのよね・・)

私だだっぴろいこういう風景が好きなんだな・・・


大好きで多い時には2週間に1度は通ったな(笑

(知人からは、あの何にもないところに・・・と言われたっけ(汗

大和西大寺・新大宮駅 ・近鉄奈良駅と続く、この線路

その中に、ぽっかりと、異空間な場所。

車では、佐紀町の信号から、みやと通り(平城宮跡の中にある道)を抜けてくるのが好き。

ずっと変わらないで欲しい場所。強いて言えばこれ以上手を付け加えて欲しくないな。。。

過去の画像はこちら

平城宮跡(2008~2010)


:メモ 感想 データ:

平城宮(wiki)

平城宮情報サイト

アクセス: 大和西大寺駅・徒歩ではちょいと遠い。

大和西大寺駅から朱雀門までだいたい1.5キロ 20分程度

*時間は個人差あり


奈良県高市郡明日香村 万葉文化館

犬養万葉記念館の見学も終えて、目指すは万葉文化館


ここは何度かお邪魔しているけれど、関西文化の日は混む。

asuka8.jpg


いつものように、おでむかえ・・・

asuka10.jpg
 


・・・・(あえて無言www)



最初遊びに来た時とと服装が違うような(笑


asuka9.jpg

asuka11.jpg

asuka12.jpg
(建物の裏)


ここに最初にお邪魔したのは、『田中一村』展だった。

知人に自分は仕事の都合上時間が取れないけれど、絶対におススメと言われた。

これ逃したら、奄美大島に見に行くしかないからね。と・・・。

あれからかもしれない・・・日本画に足を運ぶことがなかった私にきっかけをつくった展覧会。

衝撃的だった。。 

奄美大島かぁ・・・・それにしても遠いな・・・でも行ってみたいな・・・。



:メモ 感想 データ:



奈良県奈良市散歩 奈良市写真美術館


山添村のめえめえ牧場の帰りに、

今年(2012年)の関西文化の日の施設として、

1つは、ここ奈良市写真美術館をチョイス

奈良市奈良写真美術館2

全体を撮り忘れたので、数年間に撮った写真をば^^;

奈良市奈良写真美術館3

この建物は、建築家黒川紀章氏による設計

奈良市奈良写真美術館4



高畑界隈にある美術館で、毎年ここの美術館には、ふらっと立ち寄っている。

大概無料を狙って遊びに行っているのだ^^;

今年の夏は節電という名で、夕方だったのかな、無料で見れる期間もあった。

良心的な美術館は長く続いて欲しい・・・

(近年閉鎖する美術館が多いので・・・)

奈良市奈良写真美術館1

(今回はこの写真しか撮っていない^^;)

もう、写真家の入江先生は亡くなられて、撮られた写真は限られている。増えることはない。

だけど、繰り返し繰り返し見たくなる写真。入り込める写真。

先生はその土地の背景を考えて風景を撮ったそうな。

私にはここも欠けている部分だな^^; 



いつだったかな・・・万葉集と先生の写真のコラボがあって、

降りしきる雪の写真と、

『そんなに降らないでおくれ、そこには私の妻が眠っている(墓)のだから・・・』という風な 言葉が。。

思わず涙した写真だった。

今回はそれは無かったけれど、またあの写真が見たいな。。

あと、二上山の写真と。


今は、没後20年入江泰吉の心象風景「古色大和路」を開催中。

:メモ 感想 データ:

奈良市写真美術館

美術館から歩いて1~2分の場所に駐車場あり。

1時間無料。しかし、写真美術館が無料などの時は、満車になる可能性大。

パーク&ライド期間中であれば、そちらを使うのも手。

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク