スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県神戸市北区有馬町 鼓が滝

布引の滝から今度は、有馬温泉へ向かう。

関西屈指の温泉街 有馬。

しかし温泉には入らず、私の目的は、滝、滝、滝(笑)

有馬鼓が滝2

有馬鼓が滝1

この地域は、有馬四十八滝と呼ばれ、冬は、凍る滝として有名な滝がある場所。

今回は、鼓が滝だけを見て帰ってきた。

凍る滝で有名なのは

七曲滝・百間滝で看板にはアイゼン必須とある。

何度か冬以外にこの七曲滝・百間滝に挑戦して、氷瀑に備えたいと思う。

去年2012年はこの鼓が滝も凍ったみたい。毎年は凍るかは????なんだけれど。

この鼓が滝なら比較的ラクチンなので(布引の滝よりもずっと樂w)、機会があればなぁ~。


:メモ 感想 データ:

神鉄有馬温泉駅から1.2キロほど
歩いて20~25分程度
*個人差あり

スポンサーサイト

兵庫県神戸市中央区 布引の滝2

この神戸の布引の滝は、三大神滝と呼ばれるらしい。

華厳の滝 那智の滝 布引の滝

布引の滝(雌滝)
雌滝 高さ19m

いつも思うんだけど、この三大○○っていうのは、なんで3つなの?

で、wikiで調べたら、この三大○○って、結構あるのねぇ~

滝では、華厳の滝・那智の滝 あと意見が分かれるらしい。



話は戻して、布引の滝は古くから歌人に愛された場所らしので、

伊勢や在原業平、寂蓮法師などの歌碑がある。

布引の滝(歌碑)
(伊勢 歌碑)

『たち縫はぬ衣着し人もなきものを なに山姫の衣晒すらむ』

解説:
『たちぬはぬ衣は、無縫の天衣、即ち天人の衣である。着し人とは仙人、山姫とは山の女神で、
落下する滝の状態を白布にさらしているのにたとえたもの』
とある


布引の滝12


約1000年前の有名人もこの場所に立ち寄って歌を詠ったのを考えると

なんかそんな人たちとリンクして親近感を覚えるなぁ~。

(歌は詠めないけれどw)

大分で道を間違えた時も 歌碑があるというのでちょろっと寄り道したら、それが発端になって、

結局 血の池地獄にいけなかったのを思い出した。

布引の滝(鼓滝)
鼓滝 高さ8m




:メモ 感想 データ:

なんと調べたら、歌碑のみちマップがあるようだ(笑)

布引歌碑のみち

歌碑一覧

兵庫県神戸市中央区 布引の滝

箕面の滝を見て、そこから電車を乗り継ぎ、兵庫県は新神戸駅に到着

新神戸駅は、新幹線が止まる駅、ここからすぐに布引の滝にいけるという。

新幹線が止まる駅と言えば、私なら新大阪、京都、名古屋駅などの都会の駅というイメージで、

滝がすぐ近くにあるとは信じられなかった。

まこじんまりとしているのだろうと想像し、2泊3日の旅行を組むときにでもとずっと取っておいた滝。

CIMG3686.jpg


この写真にあるとおり、400m先に滝とある。

くるりと回ってこれるようで、

私は時計と反対周りでまず、雄滝を目指した。

CIMG3622.jpg


ひぇえー、神戸しかも中央区にこんな場所があるなんて。

しかも大きいし、坂きつい!

2泊3日の旅行の一番最初にここに行く計画を組んだなら、間違いなく、計画変更を余儀なくされる(笑)


CIMG3630.jpg

以上 雄滝

CIMG3623.jpg

この滝は、夫婦滝かな

雄滝は、WIKIによると、落差43m

夫婦滝は、落差9m


次へと続く・・・


:メモ 感想 データ:

箕面の滝の方が楽にいける(笑)

駅を出て左に行く

上の高架の写真からすぐに、ゲッと思うような坂があるけど、それは第一段階の坂

雄滝へのアクセス所要時間 25分程度

*時間は個人差あり



プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。