スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県姫路市日本玩具博物館3(ラスト)

玩具博物館って、日本にちらほらあるんだけど・・・
私が行ったのは姫路の日本玩具博物館。

さて、ここに目をつけたのは2年前の今頃かな。
世界のクリスマス展があって、紹介したいな・・・と。
予想以上に、よかった!!

玩具博物館 (20)
画像ぶれてすいません(汗)
スマホでバシバシ撮っていたので、とにかく半端やないんよ。

玩具博物館 (21)

クリスマスのツリーで一番好みのものがこれ。
フィリピンの貝のツリー

玩具博物館 (22)
これもかわいかった!
ネパール

玩具博物館 (23)

これはどこか忘れたw
アジアオセアニアのどこか

玩具博物館 (24)
サンタが腕を広げてる!!
初めて見たよ・・・
これもアジアオセアニアのどこか

玩具博物館 (25)
スペイン♪
青に惹かれて撮ってきたw

玩具博物館 (26)
ちょこっとだけど、パネルもあって、これはドイツのクリスマスの様子
カレンダーのように、一日毎にライトアップされていくらしい。

玩具博物館 (27)
これはフランスのキャンドル。
横にアゼルバイジャンのキャンドルも。
たくさん並べてあるからね。

玩具博物館 (28)
ウクライナ
サンタクロースはシロクマと一緒に船に乗って怖くはないのかw
しかも、サンタクロースが漕いでいる!!
シロクマの意味は・・・^^;

玩具博物館 (29)
北欧
ハートで今回はしめくくり♪

メモ 感想 データ
日本玩具博物館

電車:香呂駅からまっすぐつきあたり右 15分程度
車で行く場合、ホームページの地図よりも、グーグルマップで確認していくほうが無難。
香呂駅からまっすぐいって、つきあたり右なのだが、マイクロバスの画像にもあったけれど、ちょっと狭いんよね。
通れると思うけれど、生活道路だから・・・。
料金600円 JAFの会員割引がある。(受付で確認)
ここは、靴をいったんスリッパに履き替えて見学する。
受付の人は対応に忙しくされているのか、気づいてくれない場合がある。
そのへん評価が下がるので、そのつもりで行くといい。

今回の特別展は世界のクリスマス。
年に数回企画展・特別展があるので要確認。

あとほかの玩具博物館も各地であるので、とりまとめしているサイト
日本玩具文化財団

見学所要時間: 1時間
*時間は個人差あり

スポンサーサイト

兵庫県姫路市日本玩具博物館2

さて、日本玩具博物館という名前にも関わらず、世界の玩具も展示されていた。

なかなかやりますな~

ではさっそく、

玩具博物館 (11)

アルマジロ
目が訴えていたw
たぶん南米あたり・・・

玩具博物館 (12)
なんか雰囲気が・・・
ペルーの置物

玩具博物館 (14)
アラスカ^^
そのまんまなんやけど、なんか微笑むw

玩具博物館 (13)
北欧やっぱり木のオモチャ
スウェーデン

玩具博物館 (15)
さいご中国

ほんのちょっとだけしか取り上げてないけど、
各地域に分類されていて、見ごたえたっぷり。
もちろんアフリカ オセアニアもある。

兵庫県姫路市日本玩具博物館1

2年前から気になっていたこの博物館。
3記事に分けてUP

まず、初めに日本の玩具。
玩具博物館 (6)
なつかしのリカちゃん
でも、私はリカちゃんよりもミニカーで遊んでいたw

玩具博物館 (7)
あ・・・画像がぶれてるww
ニャロメが、撮れ!という目つきなので、
はい・・・・

玩具博物館 (8)
好きなところに張り付いてじっとみるw

玩具博物館 (9)
私が遊んだ赤のミニカーがない!(泣)


玩具博物館 (10)

12干支の置物がかわいくてかわいくて^^
羊さんを撮ってみた♪

あとね、羽子板もあったよ。私も姉と一緒に羽子板つくって、なぜか、それは飾ってもらっていた。

そして、各地の置物みたいなコーナーもあった。

2016日本玩具博物館21 (2)
比叡山にサル!・・・で左の奈良はやっぱりw

2016日本玩具博物館21 (3)

光ってましたねこの軍団

2016日本玩具博物館21 (1)

住吉さん、そんな~違反やわ~ww

第2弾へ続く・・・

兵庫県姫路市 書写の里・美術工芸館

ロープーウェイから降りて、
11月20日は、関西文化の日だったので、美術工芸館へ行く。

この時は現代ガラスの催しがありそれが目当て。

姫路美術工芸 (2)

姫路美術工芸 (5)


現代ガラスにはちょっと興味があって、いくつかの美術館を訪問している。

私が今ガラスに求めるのは、形かな・・・
おや?これいいね!って思う面白いものが見れたよ^^♪

姫路美術工芸 (12)
あと、姫路はりこ絵付けなんかも・・・
あと子供たちはコマで遊んでいたし^^

メモ 感想 データ
美術工芸館
書写山ロープーウェイバス停から徒歩5分。
館内フラッシュをたかなければOKの場所あるので、記念に撮ってもよさそう^^
見学所要時間 30分
*時間は個人差あり

兵庫県川西市 大阪青山歴史文学博物館

毎年11月にある関西文化の日、
どこにいこうかな~と文化施設を見ていて、蒔絵の展示があり
2014年は、大阪青山歴史文学博物館に行ってきた。


駅に着いた途端、え^^;

2014-兵庫和歌山-川西-35

城だよ~城!!
事前にほとんど調査してなかったから、目の前の城に、正直あんぐり^^;

ぱっと見た瞬間、頭の中には、竹中直人さんの豊臣秀吉が浮かんできた。(笑)
あ~竹中直人さんがいればな、、、もっとよかったのにw

実は、この建物、秀吉ではないが、織田信長と親交があった武将の居城がかつてこの付近にあって、
その復元の意味で、信長ゆかりの安土城をイメージしているらしい。

もうここらへんの歴史の話になると、わけがわからなくなる私・・・
私の頭の中では、歴史は平安時代までで止まっているw
安土桃山と言えば、まっさきに安土桃山キャッスルランドを思い出す(笑)
(でもキャッスルランドには行ってないw)

あと、この大学博物館は、皇室ゆかりの品々の展示が多い。
(理由は、忘れた・・・すいません^^; また遊びに行ったらメモしておきます)

2014-兵庫和歌山-川西-33
蒔絵の宝石箪笥は煌びやかでよかった
しかーーし、私が見たかった、国宝の『土左日記』写本(為家筆本)がなくて(貸し出し中~)、凹む。
今回行った目的の半分はこれだった・・・。
(調べてみると、2年に1度展示される感じなので、これ見たさにいくかもw)

目玉は、四階部分にある城主の間かな。

ここに、竹中直人さんがいればな~って再度思った(笑)
(信長?秀吉?どちらでもいいけど、竹中直人さんでなきゃだめww)

お城に行くと、天守閣からの眺めを撮るんだけれど、
ここは、住宅と密接している為、撮影禁止(しょうがないね~)

:メモ 感想 データ:
大阪青山歴史文学博物館
この博物館サイトで城主の間がUPされている
ガラスの外から眺めるだけ(室内には入れない)

能勢電鉄「一の鳥居」下車すぐ
ただし、建物の内部に入る為には、かるーく登る

兵庫県神戸市中央区 兵庫県公館

UCC博物館の見学を終えて、次に向かったのが、竹中大工道具館

そこに向かう為元町駅から歩いていく。

*竹中大工道具館は、2014年10月に新神戸駅周辺に移転予定

すると、神戸らしい建物を発見。

hyougokenkoukan2.jpg



兵庫県公館だ!

hyougokenkoukan3.jpg


ここは調べていなかったので、外観だけ写真を撮ったのだけれど、
無料で公開されているので、関西スルッと3dayを使用する時にまた来たいな。

hyougoken6.jpg
(ちょっとちいちゃいけど、市章・錨のマークがうつってる)


市章山・碇山へも行けるようだし^^ 異人館の裏手の方にもいけるらしい。。


で、久々の・・・

hyougokenkoukan6.jpg

神戸らしい消火栓蓋デザイン

:メモ 感想 データ:

兵庫県公館

兵庫県公館wiki

設計:山口半六

アクセスはHP参照

兵庫県中央区 UCCコーヒー博物館

おまけ部分^^

コーヒー博物館には個人的にはもう一つの目玉かなと思ったのが、

地域のカップ♪

さあどれで飲みましょうかね

*飾っているだけでこれで飲めるというわけではないんですけどね^^;


全部を写真に撮る事はしなかったんだけど、

好みのカップを撮ってきた(笑

まずは、山口県の萩カップ

UCC15.jpg


実はマイカップも萩焼き♪ 

お次は、茨城県の笠間カップ

UCC17.jpg


笠間は足を運びたいと思っている場所。


色合いがいい 長野県の松代カップ

UCC18.jpg


これも好み 埼玉県の飯能カップ

UCC14.jpg



これもなかなか渋いよね~ 徳島県 大谷カップ


UCC13.jpg




あとは海外のカップも置いてあって、

この持ち手が葉っぱみたいで目立ってたフランスリモージュカップ(笑

UCC12.jpg



辰砂釉も

UCC16.jpg


個人的には、好きなカップで飲めるカフェってあったらな^^
今日はこのカップでとか・・・
ま、置く方としては大変だとは思うけどね^^;

ってなことで おまけ部分の記事は終了^^



兵庫県中央区 UCCコーヒー博物館

やっと本題の関西文化の日、展覧会巡り

1つ目のUCCコーヒー博物館

UCC1.jpg



内部はこんな感じ。

UCC19.jpg


UCC2.jpg

UCC5.jpg

UCC4.jpg

UCC3.jpg





やはり企業博物館なので、年代と共に商品名を飾っている。

UCC7.jpg



ふと横の2人の女性が、これ知ってる!!この自販機あったわ~なつかしいわ~と言っていたので
見たのだが、大阪の田舎ではそんなものなかったわ~。。そして心の中で強調したのが、
生まれて間もないか生まれていないので、知らんわ~・・・。だった^^;
(↑どうせ実家は田舎だ ということを認めたくなかっただけ(笑))


ま、私もいくらか年を取っているので、これ知ってる!あれ知ってる!!
こういう場所に来るとこういう楽しさがあるので好き^^

びっくりしたのが、この博物館内にジャマイカ名誉領事館があること。

UCC6.jpg


有料で焙煎体験もできるみたい♪

UCC9.jpg


テイスティングは無料^^

UCC10.jpg

UCC111.jpg


焙煎機やミルなども博物館ならでは。


:メモ 感想 データ:

UCCコーヒー博物館

工場見学はまた別の場所なので注意

ポートライナーから徒歩1~2分
アクセスはHP参照

通常入場料あり (2013年の関西文化の日は無料)

ちなみにイケアもこの南公園駅が最寄駅。

見学所要時間:30分~45分程度

テイスティングの時間・有料体験時間は含まず

*時間は個人差あり

次の記事もUCCコーヒー博物館だけど、おまけ部分

兵庫県神戸市北区有馬散歩 カフェ

旅行先の食べ物のカテゴリー作ってなかったや(笑)

あんまり 旅先に行っても食べることは無頓着かな。

今回は、久しぶりにカフェに入ることに。

有馬 かふぇ4


駅前のすし屋にしようか(割安だった)、迷ったけれど・・・

有馬 かふぇ6


『仏蘭西菓子 Cafe De Beau』の建物が気になって、どうしても入りたくなった。


有馬 かふぇ2

手持ちのお金は少なし。迷ったあげく、ロールケーキセットにした。
有馬 かふぇ3


源泉塩を使用した、小ぶりな有馬ロールケーキ

さすがにスーパーで買うロールケーキよりきめが細かい。比べたらあかんって^^;
しっとりしたロールケーキだったな。

コーヒーは萩原珈琲だそうな。

有馬 かふぇ5


1階はパン屋パン・ド・ボウ、路地を入ると、若いカップルが好きそうな食事処 茶房 チックタクがある

有馬 かふぇ1
(この階段あがると、茶房に行き着く)

全て関連会社である。


:メモ 感想 データ:

有馬温泉

有馬里

兵庫県朝来市 和田山支区のレンガ造りの車庫

2012年10月の旅行で、播但線に乗った時に、

和田山駅で電車待ちに撮った建物。

和田山1

何の建物なのか全く知らないけれど、JRの敷地内にあったので
それだけを頼りに検索。

旧豊岡機関区和田山支区のレンガ造りの車庫だと判明

車庫は1912年(明治45年)3月に建築されたようだ。

と、簡単にWIKIから抜粋(笑)それ以上はまだ調べていない><。

しかしレンガは目に付きやすいので、ついつい撮ってしまうな~。

兵庫県はレトロな建物が豊富みたいで、その手のHPも同時に見つけ、即PCのお気に入りに。



旅の行き先リストは増えるばかりw たけど、休暇とお金と体力が・・・ORZ





NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。