スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国お得キップ バースデイキップ

今回は去年(2011年)四国旅行で使用したバースデイキップについて。。


今年四国旅行で複数のお得キップを使用した結果、

■1泊ならなんとか違うキップでもいいかな。
四国再発見早トクきっぷ や18キップでもいいと思うし、
 四国途中下車の旅ぶらり四国路もある

■2泊でも地域限定(2日間その地域でしか旅行しない)ならば、
 バースデイキップでなくても・・・。
宇和海キップなど)

という感想はもった。

だけど、

複数の県を旅行したい、四国で2泊はするというのなら

バースデイキップが買える月なら、このキップを買うほうがいいと思う。

去年私が行ったコースで考えると、

特急含む通常きっぷなら

高松~大歩危(かずら橋とその周辺)奈半利(高知モネの庭)~高知市宿泊

7450円

高知~予土線~松山(松山城周辺)~高松(台風で船に乗れず)~児島(ここまで)~

13420円


合計20870円 (高松~児島間930円含む)


バースデイキップなら10000円


四国再発見早トクきっぷや18キップは、特急に乗れないので、

よほど時間がある時にしか使えない。


バースデイキップは3日連続なので、1日にすると3400円程度。

18キップ1日にすると2300円程度
四国再発見早トクきっぷは2000円

1100円~1400円の差だけれど、特急に乗って時間短縮はできるし、
乗り間違えた時に、18キップや再発見キップだと、その観光を諦めないといけないこともある。
(本数が少ない、時間がかかる為)


いろいろ考えると、
トータル 時間節約+料金節約になると
バースデイキップがお得だと感じるし、

組み合わせによってはバースデイキップよりも安くなるんだけれど、
めんどくさくなって、
もうバースデイキップが使えるなら、
それで旅行しようよって、思考回路がそうなる(笑)


:メモ 感想 データ:

四国お得キップ

見落としがちになるんだけど、

徳島から室戸岬へ行くには、海部から阿佐海岸鉄道になるのでこの区間使用できない。

室戸岬へは『徳島・室戸・高知きっぷ』の方がいいかも。

スポンサーサイト

南海フェリー 好きっぷ2000

今回のお得キップは、南海フェリー+南海電車のお得キップ。

好きっぷ2000

このキップは、2011年に期間限定で販売されて、

好評につき、今年2012年も継続されている

期間限定のキップ。

好きっぷ2000

私が使用したのは、なんば好きっぷ2000

これは、当日南海フェリーを乗って、難波に行く人や、

難波から徳島に行くなら お買い得なキップ。

南海フェリー
(船の上からヨットをパシャ^^)

通常は

徳島港⇔和歌山港まで2000円
和歌山港⇔難波まで890円



人気のある大塚国際美術館に行く場合を考えてみた。

ちなみに、難波~大塚国際美術館~難波は、
(難波からとくしま好きっぷ2000 徳島から難波好きっぷ2000使用の場合)

大塚国際美術館の見学を2時間程度に抑えるなら、なんとかぎりぎりって感じだ。

というのは、

徳島港~徳島駅までのバスの所要時間が20~25分ぐらいかかった気がする。
(これは別料金200円)

となると、好きっぷ2000では、当日乗車に限るので、

難波から一番早い電車+船で行くと、4便目になる。

徳島駅行きバスは10:45分発。

所要時間20~25分かかるので、11時発の美術館行きには無理。

さらに徳島駅発 美術館行きは、11時から1時間に1本になる(土日祝)

乗るとしたら、12:00のバスとなって、

これに乗ると、13:05到着予定。

帰りも同様に本数は少ない・・・。

(帰りは省略w)

*全て2012年7月での時刻表で計算

大塚国際美術館に日帰りならば、車か高速バスになるかな・・・。

このキップそういった感じの日帰りはきついけど、

のんびり旅行するなら、お買い得であること間違いなし。

南海フェリー2


また、このフェリーは

徳島港~和歌山港までは2時間なので、

拘束される時間が短いので、南海フェリーはそういった意味でもいいと思うよ。

南海フェリー1

私は 徳島港から乗ったので、その時は、船のキップを買うときに、

なんばまで好きっぷ2000で行くことを伝えたら 購入できた。

逆ルートならば南海電車で聞いてみるといいかな。



四国に行くルートはいろいろあるので、できる限りいろんなルートで行きたいと思う。

四国お得キップ 四国再発見早トクきっぷ

今回の旅 松山~宇和島~(宿毛)~高知(宿泊)~(高松)~徳島

このコースは、前から決まっていて、交通手段だけは直前になって、

バースデイキップから高速バス+四万十・宇和海フリーきっぷと変更した。

(高松が消えているのは、乗り間違えて行けなかったから・・・トホホ)


前回の記事では、四万十・宇和海フリーきっぷを買った理由を書いた。

今回は、四国再発見早トクきっぷの記事。

CIMG1016.jpg


本当だったら、バースデイキップ+ジャンボフェリー+南海フェリーだった。

ので、交通手段を変えても金額はそれぐらいにしたい。

ちなみに変更前は

金額は13800円バースデイキップ+ジャンボフェリー+南海フェリーだいたいこれぐらい

(マンションから三宮や難波までのそういった交通費は入れていない)

すでに
高速バス4800円
四万十・宇和海フリーきっぷ4800円
フェリー代 2000円(南海フェリー)(帰りのフェリ)

11600円

残2200円 となる

そうなると、高知から徳島まで行く場合、四国再発見早トクきっぷが妥当。

2000円で買える

CIMG1246.jpg


今回は節約の為、時間がかかろうとも この四国再発見早トクきっぷにした。

CIMG1248.jpg
(スイッチバックの新改駅で途中休憩)

このキップ、高知から徳島まで乗ると、5時間ほどかかる(始発の場合)

CIMG1240.jpg
(この先はない)

時間がかかってもいいのなら、オススメ。

CIMG1254.jpg
(うん、こいうめったにいけない駅にもいけるw 
左の線路は新改駅にいくための線路で、
特急通過待ちして、バックして本線に入り、阿波池田方面に行く)

ちなみに、高知~高松(1時間半ぐらい遊ぶ)~徳島を予定していたので、かなりお得なはずだった。




時間がある。暑い&寒いので電車乗り倒し。などに有効(笑)

ただしこのキップ残念なことに、前日買いまで。当日は無理・・・。

郵送では、その郵送分費用がかさむので、これまた残念なキップ。

そして、使えるのが 土日祝という・・・ちょっと微妙だ。


だけども、今までバースデイキップが四国のお得キップでは最強かもと思っていたけれど、

金曜日の晩に四国に入って購入し、土日祝3枚で回るってのもいけるかな^^。

このキップ使いようによるけど、バースデイキップよりお得なキップかも・・・。


:メモ 感想 データ :


四国再発見早トクきっぷ


詳しくは、HP参照

四国のお得キップ 愛媛県編

四国のお得キップ。

今回は、愛媛県宇和島市に行ってきたので、その時に使ったお得切符。

本当ならバースデイキップにしたかったんだけど、

時間の都合上、大阪から松山まで高速バスを使い、このキップを松山から使用。



宇和島に早く到着することを優先した場合、

私の場合なら、

大阪~松山高速バス+ 松山~宇和島 電車の方が

三宮~香川県高松ジャンボフェリー+ 高松~宇和島よりも早く着く

(まだ早いのがあるのかも・・・)

四万十・宇和海フリーきっぷ

CIMG1017.jpg


私なりのお得だなと思うところは、

予土線がフリー区間であること

宇和島駅バス停~宿毛駅バス停も使えること(フリー区間)



で、そう、私は、この宇和島バスに乗りたかったのよ(笑)

路線バスの旅♪ 

通常 宇和島~宿毛まで1750円 (宇和島バス)で、手がでないんだけど、

この際チャンスと思って乗ってきた(笑)

その為だけに、

予土線トロッコ電車 + 高知城をあきらめたんだよね(笑)



さらに、お得に使うなら、南予で1~2泊する設定にして、

1日目は、予土線で・・・

2日目は、足摺方面へ(これはこのキップでは駄目だけど)

3日目は、宇和島バスに乗って、最後にはまた予土線に乗って最終高知県へ・・・

ってな感じですればもっと良い感じかな~^^



そうそう、


予土線松丸駅で降りて、虹の森で遊んで~ 駅で無料の足湯を楽しんで~とか、

四万十川をレンタサイクルで巡る旅もできるみたいだし・・・



宇和島バスは 海側も山側も通る。途中下車したら良かったけど、

この日は暑くて、バスの中からずっと景色眺めていた。


CIMG1166.jpg


CIMG1175.jpg

CIMG1174.jpg


のんびり旅行できる日があるなら、

こんなお得キップで愛媛を満喫するのも^^

いつかまた予土線を乗る時に、このキップは頭の中に入れておこう・・・。


あと松山駅で、

CIMG1025.jpg

お得クーポン発見♪

今は、いやし博開催中だからかな?




四国 小豆島でのお得キップ

カテゴリを少し前までは、都道府県別にしていたので、使ったフリー切符やお得キップは

その都道府県別の旅行日記を見ると見つけやすかったんだけど、今は趣味で区切っているから、

見つけにくくなった。

なので、この要チェックカテゴリにまとめて、メモ代わりしようと思う。


四国 四国小豆島

今回は、小豆島内でのお得キップ

回数券/フリーパス 

↑リンク先

小豆島オリーブバス フリーキップ 

2種類: 

1日フリーパス 2000円

2日フリーパス 2500円

例 

土庄フェリーターミナルバス停~寒霞渓(紅雲亭で下車)に行く場合 (草壁港で乗り継ぎ)

片道 650円+350円 =1000円(平成23年当時)

往復したら元が取れる

但し 紅雲亭からはロープウェイ(別途料金)となる。


あと、これとセットで、フリーペーパーを是非!!

小豆島のフリーペーパー

↑ 上のリンク先には、配布場所も載っている












プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。