和歌山県散歩 串本 潮岬&海金剛

すさみ町で休憩して、

海岸線を南下して、ぷらぷらドライブ。

右手をふとみると、潮岬という標識が・・・

ふふ^^ 寄り道だーーー!

たまにこの辺りに来ても、潮岬は寄ったことがないので、ふらふらと・・・

じゃじゃーーん、潮岬

CIMG0796.jpg

(だれやねん! 缶コーヒーここにオキッパした奴!!知らんと撮ってしまったやないの!!)


CIMG0800.jpg


CIMG0794.jpg


モニュメントばかり撮りすぎて、肝心な潮岬のいい風景がない^^;

いい天気♪ まだ時間7時すぎなのに、この日は もう暑かった。


お腹がすいたんだけど、まだ食堂は開かないw(当たり前ww)


なので、大島の海金剛へと向かう。


あの橋渡れば、大島。

CIMG0803.jpg


そして、海金剛

CIMG0818.jpg



wikiでは、海金剛(うみこんごう)は和歌山県東牟婁郡串本町にある自然景勝地。吉野熊野国立公園に含まれる。

紀伊大島鷹ノ巣岬の断崖下の海面から荒々しく切り立つ巨岩が連なる海岸線をいう。

「21世紀に残したい日本の自然百選」に選ばれている。

CIMG0833.jpg



:メモ 感想 データ:

海金剛へバスでの行き方 ↓ 参照

熊野の観光名所

レンタサイクルあり↓ 参照

古座川町観光


今回のドライブ地図

海金剛

(道の駅すさみ~潮岬~海金剛の駐車場)

会社で・・・素直な人

今日会社で その筋何十年って言う人が、若い人の意見を聞いて

自分の経験があるのにも関わらず、現場に出てやってみたところ、

いい方向に出た。

普段は天然で ちょっと 仕事の効率もなーっと思っている人なんだけど、

そういう素直さは やっぱり励まされる。人としていいわ^^

そういう謙虚さはずっともっていたい。

この人、ほんとに謙遜やねん。

仕事が出来る云々よりも こういうところ倣いたい。

今度はどこに行こうかな・・・

頭の中は、次の旅行でいっぱいなのさ(笑)


お気に入りに登録している方は、今度は北海道みたい♪

私もいつかは、北海道に行きたいな♪♪

で、自分はというと、

7月の3連休と お盆休み。

お盆は、実家に全員集合の号令が出るので、帰らなくっちゃね^^

その前に、旅行して、姉夫婦達と甥姪達に土産買わないと。

去年の夏は、四国

今年は・・・今年も四国(笑)

7月の3連休ってのが18キップが使えない期間なので、

誕生日月ということもあり、バースデイキップを使って遊びに行く。

前回も同じくそうした。

前回は、初めての四国だったので、とりあえず四国一周してきたし。

今回は、地域絞ってと思いつつも、貧乏性なので、また電車乗り倒しかも(笑)

2泊3日か、船で1泊するか どうしようかなー。

などと妄想している時が、最高だよね(笑)

ニヤニヤニヤwww

和歌山県散歩 すさみ町付近 海岸線

1日目は 鼻白の滝から一旦168号を北上、311号で田辺に向かい宿泊。

でも『あがら丼』にありつけず・・・orz 

寄り道しすぎたかな^^;



2日目、日の出を見るぞ~と思っていたのに、寝過ごす^^;

朝5時に出発したのにもう日が出ていた。



さて、方向はまたもや新宮ww

方向と那智の滝、余裕があれば、三重県熊野市の鬼ヶ城 

これだけは 行く前から決めていた。

CIMG0782.jpg

(イノブタが泳いでるなんてww)

最初の計画では、42号ひた走り、三重までいって大阪に戻ってくるコースにしていたんだけど、

ずっと走りぱなしになるかなーなんて、ちょっとそれは、今回、山の様子など考えると、

やめた方がいいかな・・・なんて。

CIMG0788.jpg
(日の当たり方からして、このあたりは夕焼けの方いいね)

CIMG0789.jpg


で、42号線を大阪側に向かって走るのは、いつでもいけるかなっと思って・・・

と、いつでもいけるってのは、絶対に後回しになるんだけど・・・(笑)

CIMG0791.jpg

この42号線を通ると、決まってここで休憩する(笑)

CIMG0792.jpg

おっとーっ、こんなところに、イケテル張り紙が(笑)


のーーんびりと写真を撮りながらのドライブってのも、

時間がないとできないし、贅沢な旅よね・・。


無題

(鼻白の滝~紀伊田辺~道の駅すさみ)


和歌山県散歩 新宮市熊野川町 2012年鼻白の滝

私を滝好きにさせたのは、この鼻白の滝の映像を見たのがきっかけだった。

実家の○○市にも、山付近で滝はあるんだけど、全く興味が無かった私。

数年前、この滝の映像を和歌山の施設でたまたま拝見し、

その美しい姿に 思わず施設の方に、さきほどの滝の映像をもう一度見せて欲しいと頼んだほど。

そして、場所も説明を受けて、次の休みの日ぐらいだったと思う、

その滝を見たいが為に、何時間もかけて168号線を走った 思い出の鼻白の滝。

その時、デジカメを忘れて、ケイタイも電池が切れて・・・不運な事に写真を撮れなかった。

だから、いつか あのきれいなダイナミックな鼻白の滝を撮ろうと思っていた。


無題

(笹の滝から鼻白の滝へ)



さて、ズンーーンと 本宮を抜けて、さらに168号を南下し、

海岸線にいく 白浜田辺行きの311号の信号も通過。

以前は確か、新宮に向けて走ると、目印になるのは、

右手にある はなじろ茶屋と電話ボックスだけだったように思う。

たったそれだけの記憶を頼りに(笑)車を走らせる。


が・・・


CIMG0777.jpg


はなじろ茶屋がない!

きっと2011年の台風の影響だろう・・・


いやな予感がする・・・


え、まさか???

CIMG0774.jpg


鼻白の滝に向かう林道は、工事中とある。。


えええ、まさか!!!! 見れない!?


林道内で鼻白の滝の看板付近に駐車スペースがあるのに、いけないかもしれない・・・

でも、ここまで来たからには・・・なんとしてでも滝を見たい!

茶屋付近に駐車し、林道を歩く・・・

CIMG0773.jpg


やっぱり雰囲気が変だ。

CIMG0766.jpg




鼻白の滝の看板の場所から 滝に向かうが、途中で樹が倒れている。無理だ。。

草もボウボウで、人が入ってない様子。

無茶は禁物。

ぎりぎり滝が見えるところで、撮ってみた。

CIMG0764.jpg


だけど、遠くからなので、あまりにも前に見た 豪快なあの姿とはほど遠く、水量も少ない。

もっと何故早くもう一度ここまで撮りに来なかったんだろうか・・・

言葉にならない悔しさ。悔しさを言葉で表現できるなら、

言葉で悔しさを吐き出すことができるけど、

それすらもできない。それが余計に悔しさを倍増させる。


もうまさに  orz


でも撮ることはできた。。。それが唯一の慰め。


ここは、人気のある滝で、

自分の画像ではそれは伝わらないけれど、私のブログにもその豪快さを撮ってUPしたかったのに。


向こうの山は、山肌崩落。


CIMG0772.jpg


きっとこちら側も、見えない場所で崩落しているんだろう。。。



いつかは また 鼻白の滝を まじかで 撮ってみたい。


:メモ 感想 データ:


鼻白の滝 落差 83m 段瀑 林道内 駐車スペースから徒歩5分

目印:

本宮から新宮方面168号線南下 田長トンネル通過して、

右手に 熊野交通バス 鼻白の滝バス停

CIMG0778.jpg


左手に 鼻白の滝の看板

CIMG0776.jpg


右折し、林道へ2~3分車をはしらせたら駐車スペースあり。

*2012年6月現在 工事中

落石注意



この映像は、私があの施設で拝見した映像。美しい和歌山。鼻白の滝編。



四国 小豆島でのお得キップ

カテゴリを少し前までは、都道府県別にしていたので、使ったフリー切符やお得キップは

その都道府県別の旅行日記を見ると見つけやすかったんだけど、今は趣味で区切っているから、

見つけにくくなった。

なので、この要チェックカテゴリにまとめて、メモ代わりしようと思う。


四国 四国小豆島

今回は、小豆島内でのお得キップ

回数券/フリーパス 

↑リンク先

小豆島オリーブバス フリーキップ 

2種類: 

1日フリーパス 2000円

2日フリーパス 2500円

例 

土庄フェリーターミナルバス停~寒霞渓(紅雲亭で下車)に行く場合 (草壁港で乗り継ぎ)

片道 650円+350円 =1000円(平成23年当時)

往復したら元が取れる

但し 紅雲亭からはロープウェイ(別途料金)となる。


あと、これとセットで、フリーペーパーを是非!!

小豆島のフリーペーパー

↑ 上のリンク先には、配布場所も載っている












奈良県散歩 十津川村 笹の滝

ニヤニヤ度が増して、さあ次は滝だ!

車を再び走らせて、道を進んでいくと、

CIMG0700.jpg


CIMG0709.jpg

という風な景色が左手に見えてくる。


まーなんと見事な岩と水を見て

ニヤニヤ度が増すばかり(笑)


茶屋付近で車が止まっているので、もしかしたら、この付近かなと思い、そこで車をおいて、

上の方に少しいくと、

CIMG0720.jpg

これをくぐり、登っていくと・・・


(茶屋から徒歩5分もかかってないように思う。)


CIMG0731.jpg

はい、笹の滝


CIMG0727.jpg



そして、天候も回復し、

晴れ間も見えてきて、一層きれいな景色を見ることができた。


しいて言えば、滝つぼまで行きたかったな。


と、よく見ると、

鉄パイプとそれなりの道が・・・岩でつぶされている。

大昔は多分その付近までいけたんだろうな。


:メモ 感想 データ:

2012年の台風12号の影響がまだまだ残る山間なので、落石注意。

CIMG0753.jpg

(一部山崩れで通行注意)↑これは、帰り際撮ったもの


滝100選

茶屋は閉鎖っぽい

駐車場は、茶屋の場所にあり

そこから徒歩5分程度で到着
 

トイレなし

簡易マップ(十津川観光)

168号から分岐して約12キロ先にある。

看板ば随所に出ているので、安心しながらドライブができる。

奈良県散歩 十津川村 奥里取水ダム

寄り道~

今回の寄り道第1弾、168号を通っていると、笹の滝まであと何キロという看板を見かける。

そうそう、そういえば、笹の滝ってあったな~なんて・・・。

ちょっと寄ってみよう(笑)

私のドライブの旅は、こういう寄り道が多い。

但し、ほんとに、何も考えずぷらっと行ってしまうので、

途中で道が無くなってしまっている所に行き着くことがある。

引き返して、途中で出会った地元の年配者にじーっと見られている場合もあり^^;

もうそんなん慣れてるし(笑)



話は戻して・・・

その笹の滝に行き着くまでに、この奥里取水ダムがあり、かなりきれいな場所で、

数台車が止まっていた。

CIMG0686.jpg


かなーり私好み♪♪ 

それにしても水がきれいだ

CIMG0688.jpg


今回は、新規開拓順調なドライブやわ~と、ニヤニヤ度が増す私(笑)

CIMG0695.jpg





:メモ 感想 データ:

風屋ダム

↑これの 周辺記事として 奥里ダムの事が書かれている。

168号から笹の滝方面の看板にそって、内原地区への林道に入る。

(この看板からだいたい6キロ)

無題


笹の滝まであと何キロという看板があるのでそれに沿って行くと途中にダムがある。





奈良県散歩 十津川村 谷瀬の吊り橋

CIMG0659.jpg

ふふ^^

いつかはきっと・・・と思いながら・・・・何度も168号を走ってみてはそう思っていた場所。


今回、メインは2箇所 その1つである谷瀬の吊橋に行ってきた。


この谷瀬の吊り橋は、昔、この辺りの人たちが、洪水の度に橋が流されるので、

大金を出し合って、吊り橋をかけたという。。

それを今、私達は無料で渡ることができるなんて、ありがたいことやわ。。


そうそう、私が吊橋好きになったのは、四国のかずら橋から^^。

かずら橋の記事

あそこは揺れて揺れてびびりながら渡った記憶があり、

じゃあ谷瀬はどうなんだろう?と・・・。

谷瀬の吊橋の方が怖かったとか、いやいや、かずら橋の方が怖いなどという

比較が書かれていたので、次この168号線を通ったときには、絶対に渡るぞって・・・。


谷瀬の方が渡る距離は長く、川から橋までの高さもありそう。

そして、20人以上は危険という その文字こそ 恐怖を倍増させている要因なのかも・・。




実際に渡ってみる。 確かに 揺れるww

前の若いカップルは話しながら スタスタと歩いていくのに、私は固まってゆっくりしかいけない。

体は正直ww

あれこれ谷瀬の吊橋のブログを読みすぎたからだろうか・・・

でも あることに気がついて ふうーんなるほど思った事があった。

人がぎょうさん横を通る時(折り返して戻ってくる人)は、比較的大きく揺れるが、

団体さんが過ぎ去れば、そんなに揺れない。

それに気づいたので、

団体さんの影響を感じなくなるまで 橋の上でぼーっと待って、のんびり橋を渡ることにした。

やったーほとんど揺れない♪

あと、伝説の無想吊橋(いつ落下してもおかしくはない)をブログで読んでいたので、

それを思い出したら途端に、恐怖心がなくなっている自分に気づいた。


戻る際は、私が途中まで独占状態だったので

下の風景をしゃがんで撮ってみる余裕さえでてきた。

しかし振り返る余裕は無かったけど(笑)

CIMG0683.jpg

下にも行くことができるみたい(車が止まってるでしょ^^)

CIMG0675.jpg

(新しい橋を渡って降りるんだって)



私なりの結論

谷瀬の吊橋

ビビリ症の人は、大人数が渡っている時は渡らない方がよさそう。


特にすれ違うときに揺れる

橋、独占状態ならば そろそろ歩くと そんなに揺れない (風吹いていたら知らん)

真ん中の板の部分を歩く

かずら橋との比較

うーん、かずら橋は初めての吊橋だったし、

上に縦板がある谷瀬と、それがないかずらでは比較はしない方がいいかも。

しいて言えば、ぎしっ ぎしっ と踏み込めば感じる あのいやーな感触は恐怖感をそそるので

私はかずら橋の方が 怖かった。


谷瀬の吊橋は、夏になれば 揺れ太鼓も見れるみたい(今年はあるのかな?)

CIMG0685.jpg

そのまんま揺れ太鼓ww



しかし生活道路(吊橋)で、バイクでここを通る人がいるってのは驚く(笑)

CIMG0674.jpg



:メモ 感想 データ:

十津川村観光協会

奈良交通

春日野観光


吊橋は無料

吊橋 所要時間 1分~2分あれば(ただし人がいない時期の通行所要時間)

混雑時期は、一方通行になることもあるようで、頭にいれながら 次に行く場所とか考えて。

駐車場 500円 (バイクなどは?)

ほんとうは吊橋でも観光客に橋代請求してもよさそうなのに・・・。

駐車場代はケチらずにね^^ 十津川村へのささやかなお礼として渡してもらえれば・・・。

十津川村は、けなげに頑張ってる。

十津川村簡易マップ

今日2012年6月19日 台風の影響で、大阪は雨。。

十津川村大丈夫かな・・・。

関西散歩 国道168号線

168号線に突入。この168号も、好きな道。

ただ途中でだれてくるんだけど^^;


地図を見れば、紀伊半島を縦断する形で走っている道。


無題




CIMG0634.jpg


去年の台風12号の爪あとがまだまだ残る地域なので、梅雨や台風シーズンは避けたい。

(先週はもう梅雨に入ってたのかな^^;よくわからん)

CIMG0647.jpg


その後、秋やら冬は 鉄道の日旅行や18キップ旅行になるかもしれない。

来年の春は、この車ともお別れするかもしれない・・・。

そうなると、行くのは今しかないのだ。3連休で18キップもないこんな季節にこそ

ドライブ三昧しようというわけ。

CIMG0637.jpg


なかなか普段いけないので、この車のラストドライブも兼ねて?

(いやもう一回京都北部か滋賀には行きたいww)

行って来た。

今回のメインは2箇所。その内の1つが十津川村。



途中で、野迫川村に寄りたいという衝動に駆られたけど^^;

CIMG0650.jpg


寄っていたら・・・・あーがまんがまん(笑)

でもいつかはのんびり野迫川村ドライブもやるつもりw

CIMG0654.jpg

まだまだ天候が怪しい雰囲気だ。。。


:メモ 感想 データ:

国道168号

2012年6月18日付産経新聞(web版)
17日 土砂崩れ

こういうニュースもあるので、走行には十分注意して。



NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク