スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知県散歩 風景

2012年7月の旅行は、とにかく暑かった。

朝4時過ぎにでて、駅に向かう途中に汗だく。。。。

CIMG1206.jpg


去年はそれでも、写真を撮りまくっていたのに、今回は、

ばててしまって旅行に行ったのか・・・バテに行ったのかわからなかった。

で、あのはりまや橋も撮ったけど、ぶれてぶれてorz


CIMG1220.jpg

夜明け前。

あー早く、夜明け前が涼しいと言える時期が来て欲しい。

そうなると、また寒い寒いと毎度の事ながら言うんだけども(笑)

スポンサーサイト

四国お得キップ 四国再発見早トクきっぷ

今回の旅 松山~宇和島~(宿毛)~高知(宿泊)~(高松)~徳島

このコースは、前から決まっていて、交通手段だけは直前になって、

バースデイキップから高速バス+四万十・宇和海フリーきっぷと変更した。

(高松が消えているのは、乗り間違えて行けなかったから・・・トホホ)


前回の記事では、四万十・宇和海フリーきっぷを買った理由を書いた。

今回は、四国再発見早トクきっぷの記事。

CIMG1016.jpg


本当だったら、バースデイキップ+ジャンボフェリー+南海フェリーだった。

ので、交通手段を変えても金額はそれぐらいにしたい。

ちなみに変更前は

金額は13800円バースデイキップ+ジャンボフェリー+南海フェリーだいたいこれぐらい

(マンションから三宮や難波までのそういった交通費は入れていない)

すでに
高速バス4800円
四万十・宇和海フリーきっぷ4800円
フェリー代 2000円(南海フェリー)(帰りのフェリ)

11600円

残2200円 となる

そうなると、高知から徳島まで行く場合、四国再発見早トクきっぷが妥当。

2000円で買える

CIMG1246.jpg


今回は節約の為、時間がかかろうとも この四国再発見早トクきっぷにした。

CIMG1248.jpg
(スイッチバックの新改駅で途中休憩)

このキップ、高知から徳島まで乗ると、5時間ほどかかる(始発の場合)

CIMG1240.jpg
(この先はない)

時間がかかってもいいのなら、オススメ。

CIMG1254.jpg
(うん、こいうめったにいけない駅にもいけるw 
左の線路は新改駅にいくための線路で、
特急通過待ちして、バックして本線に入り、阿波池田方面に行く)

ちなみに、高知~高松(1時間半ぐらい遊ぶ)~徳島を予定していたので、かなりお得なはずだった。




時間がある。暑い&寒いので電車乗り倒し。などに有効(笑)

ただしこのキップ残念なことに、前日買いまで。当日は無理・・・。

郵送では、その郵送分費用がかさむので、これまた残念なキップ。

そして、使えるのが 土日祝という・・・ちょっと微妙だ。


だけども、今までバースデイキップが四国のお得キップでは最強かもと思っていたけれど、

金曜日の晩に四国に入って購入し、土日祝3枚で回るってのもいけるかな^^。

このキップ使いようによるけど、バースデイキップよりお得なキップかも・・・。


:メモ 感想 データ :


四国再発見早トクきっぷ


詳しくは、HP参照

四国のお得キップ 愛媛県編

四国のお得キップ。

今回は、愛媛県宇和島市に行ってきたので、その時に使ったお得切符。

本当ならバースデイキップにしたかったんだけど、

時間の都合上、大阪から松山まで高速バスを使い、このキップを松山から使用。



宇和島に早く到着することを優先した場合、

私の場合なら、

大阪~松山高速バス+ 松山~宇和島 電車の方が

三宮~香川県高松ジャンボフェリー+ 高松~宇和島よりも早く着く

(まだ早いのがあるのかも・・・)

四万十・宇和海フリーきっぷ

CIMG1017.jpg


私なりのお得だなと思うところは、

予土線がフリー区間であること

宇和島駅バス停~宿毛駅バス停も使えること(フリー区間)



で、そう、私は、この宇和島バスに乗りたかったのよ(笑)

路線バスの旅♪ 

通常 宇和島~宿毛まで1750円 (宇和島バス)で、手がでないんだけど、

この際チャンスと思って乗ってきた(笑)

その為だけに、

予土線トロッコ電車 + 高知城をあきらめたんだよね(笑)



さらに、お得に使うなら、南予で1~2泊する設定にして、

1日目は、予土線で・・・

2日目は、足摺方面へ(これはこのキップでは駄目だけど)

3日目は、宇和島バスに乗って、最後にはまた予土線に乗って最終高知県へ・・・

ってな感じですればもっと良い感じかな~^^



そうそう、


予土線松丸駅で降りて、虹の森で遊んで~ 駅で無料の足湯を楽しんで~とか、

四万十川をレンタサイクルで巡る旅もできるみたいだし・・・



宇和島バスは 海側も山側も通る。途中下車したら良かったけど、

この日は暑くて、バスの中からずっと景色眺めていた。


CIMG1166.jpg


CIMG1175.jpg

CIMG1174.jpg


のんびり旅行できる日があるなら、

こんなお得キップで愛媛を満喫するのも^^

いつかまた予土線を乗る時に、このキップは頭の中に入れておこう・・・。


あと松山駅で、

CIMG1025.jpg

お得クーポン発見♪

今は、いやし博開催中だからかな?




11人中1人

今の職場。

今、席に座っている11人中

私以外 全員男性。

しかもギリギリ30代2名

それ以外 書かなくても たぶんわかるw

オヤジ&オバチャンの事務所www

これを10年前は 30代中心だったのに・・・

今 40代後半中心ww

あと10年経ったら たぶんwww


加齢臭なんて、中にずっといたらわからんわ(笑)



奈良県散歩 室生山上芸術の森

奈良の室生にある芸術の森。

室生寺に行った時に寄ってみた。

048.jpg

こんなところに公園があるとはというところにある

059.jpg

見た時には、一瞬ゴルフ場?っていう感じもした(笑)

060.jpg

こういう創作物があって、なんと造ったのがイスラエルの彫刻家

ダニ・カラヴァン


私が遊びに行った時は、写真学校??の生徒さんたちがいてにぎやかだったけど

その方々がいなくなったらひっそりしていた。

のんびりしたところ

064.jpg

:メモ 感想 データ:

室生山上芸術の森

アクセス等はHPにて

結構広いので公園内見学はゆっくりしながら60分ほど

*個人差あり

勤務

私の勤務は夜勤専門なので、

この月・火がきつい。

月曜日は、体のリズムを夜勤リズムに戻す日なので、昼の睡眠時間が少ない。

この月曜日の夜が 仕事の量が多い(自分の役割じゃない仕事が多い^^;)

しかもパートナーが休みの日で、休憩時間は取らない。

取っていると、朝のいやな電話を取らないといけないので(定時外なのに・・・)。

電話さえ取らない別の仕事ならば、幾らでも残業するけど、これだけは大嫌いなのだ。

で、帰ってきて必要最低限の事をして、バクスイ(笑)

やっと体が夜勤のリズムになる。今日火曜日は夜勤のリズムになっているので、体が楽♪

そうこうすると土曜日になるので、土曜日はそのままのリズムで寝る。朝まで寝る。

日曜日は、普通の昼勤務者のリズムに戻る。


勤務時間がこうなので、

テレビは見ないし、寝ることが多くなったので、

ほんまに人と話が合わなくなってきたな(笑)

だけど、人に流されずにマイペースで生活できるし、

変な情報も入ってくることは少ないのはすごい利点♪








愛媛県散歩 宇和島市 宇和島城

ここまで来たからには、宇和島城♪ね^^

天赦園からでも歩いていけるようだけど、

なんせ暑いので、バスにて移動。

宇和島バスで、南中前からバスセンターへ。

郵便局を左手に見ながら歩いていくと、看板がある。

CIMG1124.jpg


こちらは、桑折氏武家長屋門らしい。

(天赦園からは上り立ち門が近いみたい)

CIMG1126.jpg

犬も暑そうww

CIMG1127.jpg


おや?土砂崩れ!! それも12日って、3日前やん。

(宇和島城に行ったのは、15日の日曜日)


あとで、城山を守る会のHPを見ると

木・金は安全確認の為、閉園してあったそうな。

以前の工事で仮説階段を設置していたものが今回役に立ったらしい。





で、ボランティアの方から、写真を撮るならここといわれた場所でパチリ♪

CIMG1130.jpg


天守の形がきれいなんよ。

いろんな天守の形はあるけれど、シンプルで、ラインがきれいですっきりしている宇和島城。

城好きでもなかったんだけど、いろいろ行くうちに、城っていいわ~って、なってきた。

ちょっとだれそれが建てたとか、なんて調べるようになってきた(笑)

CIMG1129.jpg

(石垣萌えじゃないけれど、撮っている私w)

CIMG1137.jpg

天守からの眺め。ずっとこうやって見守ってきたんやね。

(右にブルーシートが被せてある場所が崩落の箇所)

:メモ 感想 データ;


宇和島城(宇和島市HP)

宇和島城 城山を守る会

宇和島駅から徒歩で15分程度

*個人差あり

現存12天守の1つ


愛媛県散歩 宇和島市 天赦園

続き。

天赦園は、藤+池と竹が魅力の庭園。

藤は、伊達家が藤原鎌足を祖とするようで、それにちなんでだそうな。(藤棚が6箇所。)

CIMG1093.jpg


大阪野田地区の藤や、東京高井戸天神の藤もあるらしい。

鎌足ってなつかし。。歴史の教科書で大体初め頃に登場し、まだ勉強を頑張ろうと思う時期だから、

覚える名前だ。。もう後半の徳川なんて覚えきれないしやる気なしなので、よう覚えんかったし(笑)



竹は、家紋から由来している。

その竹や笹は、パンフレットによると19種類という 

ちょっとこの庭園は小~中規模程度なので、そんなに植栽されているとは^^;

竹好きな方は、見て調べてね^^


庭園のわりに池が大きい

CIMG1102.jpg

それで、その空間を埋めるように藤や竹がこれだけあるのだから、

今の時期かなりうっそうとしている。

で、

CIMG1068.jpg

ちっちゃいちっちゃい養老の滝(笑)

立て札が無かったらわからんし^^;

でもいろんなものを庭園に入れたい気持ちもわかる(笑)

あと菖蒲園もあって、時期には4~6月がオススメの庭園かと思う。


そんな庭園の中で、石組は謙虚な配置や数なので、すっきりしている。

CIMG1107.jpg

ここで、石組みも主張しようものなら・・・ゴテゴテになったはず。

だからいい具合な庭になっていると思う。




:メモ 感想 データ:

天赦園

国指定 名勝

大名庭園


宇和島駅から徒歩20分ほど

バスは、東高前下車3分。(南中学校前でも十分近い)

もーにバス(観光バス)もあり。もーにバスでは天赦園前下車。

もーにバス

横に伊達博物館もある
(私は時間の関係上いけず)

愛媛県散歩 宇和島市 天赦園

天赦園(てんしゃえん)

宇和島伊達家の大名庭園。

CIMG1088.jpg


この庭園の名前の由来は、

『馬上に少年過ぎ 世は平にして白髪多し
残躯は天の赦す所 楽しまずして是を如何せん』

という漢詩から・・・。

さて、

この庭をPC上から見た時に、

『モネの庭』と似ていると思った、藤の橋の部分。


モネは、日本の影響を少し受けている画家なので、庭にある橋も日本の橋と

呼ばれるものもあるそうな。

(フランスのモネの庭の画像は残念ながらなし)


この天赦園は藤棚で渡ることはできないだけどね。

(橋に見えるのは、藤棚で白玉藤。藤の季節に行けよってね^^;)

池を跨ぐ橋のようで、池+橋+藤という見た目で私の脳は、単純に似ていると思った(笑)


モネがこの庭を知ることは無かったと思うけど、

でもモネにも見て欲しかったな・・・。

ちなみに

クロードモネ 1840~1926
天赦園 1866年(慶応2年)(天赦園ブログによる)

モネが生きた時代にこの天赦園は出来ているんだよね。

CIMG1083.jpg


日本には知られていないこういった風流な庭園が存在していて、

それを浮世絵などに描かれていて見たのかも知れないし、

ただ日本的な美を一部取り入れたら結果、そうなっただけというだけなのかもしれない。

そんなことを妄想しながら庭園を散歩していた。


長くなったので、次回に続く。

京都府散歩 京都駅周辺

駅は面白い。

無料で遊べるし、写真もいろんな角度で撮れる。

CIMG1001.jpg


今日は、1人で仕事をしたので、疲れた。

これ1枚のみ。

京都駅付近をぶらぶらしていてたまたま撮った。

さあ、京都は少しストックが出来ているので、

ネタがなくなったらUPできればいいな。


:メモ 感想 データ:

近鉄名店街 みやこみち ほとんど端に近い場所。

水が滝のように流れ、石にあたっている。
NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。