FC2ブログ

和歌山県 鼻白の滝2013

メイン中のメイン なかへち美術館に行った後、

計画では、同じく田辺市の奇絶峡あたりにでもと思っていた。

その方が時間的に効率よくまわれるからだ。

しかし、この車でどーしても行きたい場所があった。

それは、鼻白の滝 リベンジ。

この車で初めて行った滝・・・そして滝の魅力に取りつかれた。

そして、あと2年の内にこの車ともお別れになるので、

いける時にいっておきたい、そんな気持ちで奇絶峡よりも、鼻白の滝を選んでしまう^^;




さあ、元茶屋(今はない)のところで右折して、林道に入り、

駐車場に止めて、さあ滝へと・・・

2013鼻白の滝1

去年2012年は、登った矢先で足止め状態だった。今回はというと・・・

2013鼻白の滝2


おや?いけるやん^^

ずんずん登っていく・・・この時ばかりは足取りが軽い軽いww

2013鼻白の滝3


そして、見えた!鼻白の滝の2段目の部分が見えたー!!

2013鼻白の滝4






と思ったら・・・・・




と思ったら・・・・・!!

2013鼻白の滝5



そう、山肌が崩れていた><。


崩れ具合はハンパやなかった・・・・><。


かなり上の方から・・・

あと数メートルいけば、見晴らしのいい場所に着くはずだったのに・・・・


向こうにはいけない・・・

2013鼻白の滝8



これは もう この滝は神秘的な状態で隠されたのだと思う。


諦められず、ずっとずっと思っていた恋しい滝にやっと終止符が打たれたような気がした。

2013鼻白の滝7



最後にここにこの車で来れた・・・もうそれで満足だ。



この旅行前に、他の滝もと思いちょっと検索したら、見たい滝を見つけてしまった(笑)


今度この辺りを車で走るなら、こことここ・・・すでにルートが確定するほど・・・

来年か再来年車を新車にした時には、そのルートで、気持ちを新たに和歌山南部を走れるような気がする。



2013鼻白の滝6


ありがとう鼻白の滝・・・

和歌山県田辺市 なかへち美術館&田辺市立美術館 渡瀬凌雲展

急な旅行を思い立ったのが、この渡瀬凌雲展を観たかったから。

渡瀬凌雲展1


2013年6月29日、会社を出てすぐさま高速に乗り、和歌山県田辺市にある2つの美術館に遊びに行ってきた。

渡瀬凌雲展2
(画像は田辺市立美術館)

渡瀬凌雲展3

渡瀬凌雲展4


以前なかへち美術館のHPを見て、

この人の絵にちょっと興味をもって、なかへち美術館に遊びにいったことがあるんだけれど、

結局は観れなかった(事前に問い合わせたらよかったんだけれど)

この前、自分のアルバムからなかへち美術館を見て、

ちょっと載せるには・・・って思ったので、何気なくなかへち美術館のHPを見たら、

まーなんと特別展! やった!! 心の中では、絶対に見に行く!!!!(笑)

よくよく調べてみると2つの会場に分かれていたので、両方の美術館にいくことにした。

渡瀬凌雲展7
(河口 後期展では田辺市立美術館で展示)

どちらに私の一番観たかった作品があるのか、ドキドキしながら、まずなかへち美術館に。

ナイス♪ここに那智瀑底(一番観たかった)が展示されていた。

渡瀬凌雲展5
(那智瀑底 後期展ではなかへち美術館で展示)


那智の滝を描いた絵っていうのはこの人の他にいくつか見たことがあるけれど、

神秘的要素が強い那智滝という位置づけもあり、

これまでしっとりとした全体の描き方をした作風が印象に残っていた。

だけれど、こんな部分的に切り取っての那智滝の絵は珍しいなと思う。

描くものは一緒でもその人の感じ方でいろんな表現で描かれる・・その違いが私に興味を持たせる。


あと、この人は後々アメリカにも留学しているんだけれど、

その頃に自分の絵にいろいろと新しい表現方法を使って描いている。

大胆になったというか、力強くなったというか・・・




田辺市立美術館に行って、フォロ ロマーノ こういう絵も描くんだ。

霧で煙る遺跡って感じ 

渡瀬凌雲展6
(フォロ ロマーノ 後期展では田辺市立美術館で展示)

最後に黄山奇峰 無くなるほんの少し前に書かれた作品(絵葉書がなかった。ショック)




私は、
こっちに引っ越してきてからはどんなに好きな絵があっても絵葉書や画集なんかは買わないようにしてきた。

一時的な気持ちで購入しても、ファイルに挟んだままにして見なくなってしまうし、場所も取られる。

特に画集なんかそう。ポスターも丸めたまんまになるかもしれない。

それが嫌だったから。

だけども、ふと買いたいな~って・・・ついつい三枚も(笑)

考えたら20年ぶりかも・・・

心境の変化なのかなぁ~ちょとぐらい好きなものを手元において置くのもいいかなぁ~なんて。。

:メモ 感想 データ:

なかへち美術館

田辺市市立美術館

先になかへち美術館に行ったからかもしれないが、

田辺市立美術館へもどうぞと招待券をもらって それを使って観賞することができた。

あの~田辺市立美術館は入場料600円なので、いいの~??って感じ^^

結局私、なかへち美術館で250円払ったのみ。


アクセスは各HPにて。

車では
南部田辺ICからなかへち美術館 1時間程度
なかへち美術館から田辺美術館 1時間程度

*交通事情・スピードの違いにより異なる


熊野古道なかへち美術館開館15周年記念特別展
渡瀬凌雲展は7月7日まで。




≪PREV
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク