スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年12月31日 今年もお世話になりました

ラスト
今年の1枚
(お気に入り様のフレーズパクリましたw)

2014電車の中から6

夏の18切符旅行での1枚


今年ウェブ上でお会いできた皆様、楽しいひと時ありがとうございました♪

今年親交をもてるようになったお気に入り様
いろんな情報ありがとうございます^^
地域ブログの方や、旅グログの方、日常の事を書いてる方やらさまざまですが、
読み手の私は、観点が違うので楽しく拝見しております!
どうかこのまま引き続き来年も絡んでいただけると、うれしいです♪

休止されたお気に入り様お元気でしょうか?
貴方が撮る冬の宇治の風景・紅葉など、、、はっ!とする画像がとても多くて、
ブログ更新がなされなくても、写真、撮り続けて下さいネ
いつか、また、それが見れますように・・・・。
そしてブログを消さずに置いておいて下さっていることに感謝します。
そこには私の思い出もたくさんあります・・・。
*この方は、ブログを書き始めて数か月たったあたりから、
絡んでいただいた方ですので、思いは強いのです。

ブログが消えてしまった?完全に休止してしまっているお気に入り様
またちら見して、元気だよ~とお声をかけて下されば、むっちゃうれしいです^^
今年、お声がけがあったので、めっちゃ嬉しかったぁ~!
引き続き、こちらは、ブログ更新してますので、気軽にコメントして下さいネ。

そして引き続き数年来親交のあるお気に入り様
非常にお世話になりました!
こんな妙なブログに数年足を運んでいただけるなんて♪
引き続き、マニアックやな~と思われる場所に遊びに行くので、見捨てないで~~(笑)
(すいません、めっちゃ簡単な文章で^^;)

また、一方的にこちらからこそっとおじゃましているお気に入り様♪
引き続き、マニアックなネタ更新お願いします(笑)
ストップはいやですよぉ~、、ファンはここにいますから!

最後に、12月になって多忙で休止されているお気に入り様
大好きなブログですので、
またお暇になられましたら、更新して下さると信じてお待ちしております♪
普通のネタでも全然OK~♪♪

来年は1月5日あたりからを予定しています。

お気に入りの皆様のブログには、日付変わり次第、
順次おじゃまするかと思います。
来たな!暇人め~っ(笑) とおもいつつ、適当にあしらって下されば、幸いです^^
ちなみに私は年末年始は変わらずしごとちゅう~ww 

2015年も一日一日無事で過ごせます様に。。
スポンサーサイト

2014年旅行記事まとめ♪

さあ、今年もあとわずか。

今年の旅行のまとめ

今年は、絶対に東北!と去年から予定していた青森へ

弘前建物群34
この地図で現在地確認した時には、とうとうここまで・・・ 
見慣れた関西の地図ではないという感覚で、ちょっとびびったな~

初めて行った県と主な場所
青森県
弘前城10
(画像は弘前城)

弘前近代建築群 そして弘前城は外せません!(笑)

秋田県
大館7
(画像は大館駅前の秋田犬)

大館からバスにのり小坂町へ煉瓦建物見物

山形県
山形建物群37
(画像は旧済生館本館)

橋見物不発に終わり、山形駅周辺建物見物へ

鳥取県
旧江尾発電所2
(画像は旧江尾発電所)

絶対に見たかった旧江尾発電所と 鳥取と言えば鳥取砂丘♪

岐阜県
magome3-5.jpg
(画像は馬籠からみた恵那山)

とうとう岐阜観光へ
馬籠やら岩村城やら♪ 大阪から日帰りできる距離とわかってびっくり!

残るは、
沖縄県・鹿児島県・宮崎県・佐賀県
山梨県・静岡県・群馬県・千葉県
岩手県・宮城県・北海道

残り11都道府県となりました♪
秋に台風が接近してこなかったら、山梨か静岡あのあたりにという計画があったのに。残念です><。

そして毎年恒例の
近畿2府4県+三重の観光もでき、幸せ~♪

2014年中にUPできたところだけピックアップ
なんばウォーク3
大阪:なんばウォーク

sanzyounibouteienn3.jpg
奈良:平城京左京三条二坊宮跡庭園

今年は庭園ほとんどいけなかったな・・・

uotobikei2.jpg
三重:魚飛渓
念願の魚飛渓!!

そして
滝の拝5
和歌山:滝の拝
和歌山には宝眠ってるでぇ~ 

kansaikouyou2014-11.jpg
京都:京都御苑

今年は関西の中で最後の観光地が京都でした。

(兵庫県と滋賀県は2015年にUP予定)

その他遊びに行った都道府県と主な場所
momosuke3.jpg
長野県:桃介橋
2013年に体調不良で外した場所 行けてよかった♪

mituisi4renna-ti2.jpg
岡山:三石
この三石で煉瓦建物の興味が復活! またじっくりと歩きたい地域

今年の特徴は、滝・庭園巡りが激減したかわりに、城跡巡りが多かったかな~
滝は全国の滝巡りをしたいのですがね・・・難しいですね。。
あと、古い町並みを歩くのが好きになったことかな^^

山形県 風景 ラスト

山形風景ラスト

雨が降ったりやんだり
2014東北風景3


山形博物館1
ガオォ~!

新庄2
こちらの駅は山形新庄駅
8月のお盆の時期だったので宿泊施設を探すのに大変だった。

新庄3
私自身めったに見れない山形新幹線。

新庄4
新庄駅でなにかいてましたw

新庄~中川1
電車やバスからみるこういった風景も見るのが好き

最後の山形県から夜行バスで京都までっていうのもありなんだけど、
資金の都合上、東京まで18切符で。
途中18切符に上乗せして(ホリデー料金780円追加)、栃木県黒磯でグリーン車に移動し座って上野まで♪
黒磯だから座れたような気がする。さすがに帰省ラッシュはすごい!
激安宿に泊まり翌日東京から京都まで18切符。
やっぱりこれは疲れた。仮眠2時間で仕事復帰。ううんん数日疲れが取れなかった。
さすがに年のせいかと思ったけど、いいやこれは、やりすぎだった。
夜行バスに乗ってもトータル同じぐらいなんだけど、電車が遅れたらアウトだし~。

18切符と夜行バスを使って青森秋田山形と自分が行ったなんて・・・
今振り返ってみてたら、すごいエネルギー使ったよな~って感じる(笑)

午前中で山形は終了だったけど、
あと半日行くとしたら、高畠町のサイクリングいれたかも。
酒田も行きたかったな~

と、旅をするたびに、旅行したい場所が増えるのはなぜだ(笑)

今頃は、各地雪の風景・・・私が見たのは夏のほんの一部分。
黒石でお茶した時に、そこのオーナーが、もうすぐ冬よね・・・って、ため息ついてたのが印象的だった。
私にしてみると、夏まっさかりだと思うのに。。。
日本はほんと長いなぁ~。



やったー!年内に東北旅行書けた~♪


次の旅行記事は、夏の18切符を使って、岐阜滋賀旅行へ(これは2015年になってから)

山形県山形市 旧済生館病院本館

山形市で一番見たかった建物がここ。

今回の旅行ラストの建物。
ここは見れなかったら凹んでたわ~。

下手な文章よりも画像をば。
(下手な画像ですが><)

山形建物群37

山形建物群40

山形建物群46

山形建物群47

山形建物群48

山形建物群49

山形建物群51

山形建物群52

山形建物群55

山形建物群53

この建物は絶対に中を見たかった。
ゆっくり見ている時間は無かったけれど、とりあえず見れるところは見てきた。
ポイントポイントでの写真を撮れなかったのは下調べしてなかったせいなので、UPの画像がいまいちだけれど、
この不思議な建物を見て今回の東北旅行の締めくくりが出来たのはうれしい。
宮大工たちによって建てられたとの事。

:メモ 感想 データ:
旧済生館病院本館(wiki)
旧済生館本館(山形県ウェブサイト) 
中庭を囲む回廊は14角形
2階のホールは16角形
3・4階は立ち入り禁止
三層楼なんだけれど、4階建
中庭から見ると三層楼に見える

この螺旋階段(3・4階)登れるのか?というぐらい狭い。(もちろん登るのは禁止)

国の重要文化財

この建物は移築復原工事されているが、この建物自体ややこしいし、随分壊れていたので、かなり難儀したそうな。
宮大工たちの知恵が活かされていると言われているこの建物
山形城を見に来たついでに、是非ともこの建物は見て欲しいと思う。

1878年(明治11)竣工

山形県山形市 霞城公園(山形城跡)

東北山形旅行続き

時間がないのに、山形美術館を見に行こうといつもの寄り道という病気が出て
美術館の建物を撮り終えて、ぱっと見ると、門を発見

山形城2

お、まさか、まさかここから山形城跡「霞城公園」 にいけるんじゃな~い?
きゃほーー!! 
私って建物に愛されてるわ~♪♪と大喜びww

山形城4

山形城3

線路を超えて、城内へ

この線路がネックだったのよね。
だいたい線路ってのは、行けると思ったら、
踏切がなくて大回りさせられるし、、ダッシュで駅まで走った事があるからね^^;

一度地図を見た時には、城と美術館は近い。っていうのが目に入ったのよ。
地図をしっかり見ていれば、美術館を通り過ぎて、入れそうなことぐらいは判りそうだけれど、
これが、焦っている時・うだうだ考えている時には見落とすのよね。
だから、美術館の横は線路があって、遠回りしないといけないってインプットされていたのよね。
でも美術館の建物見に行って本当よかった^^

山形城5

山形城14
しっかり橋は撮ってw(左が高麗門・一文字櫓)
↑おい、一文字櫓をUPせなあかんやろ~w

山形城10

山形城11
(井戸跡)

山形城7
最上義光(よしあき)の騎馬像

かなり威勢のいい像で、どの方角を指して指示しているのか調べたら
直江兼続の本陣の方角だそうな。

山形城15

山形城16
石垣崩落跡

ここは普段私が見るようなお城のタイプ(天守が有るタイプ)ではないんだけれど、
発掘調査中やらで個人的には食いつく箇所が多かった。

下手にいろいろ考えるよりは、すぱっと諦めて行動するってのもありだ~ね~
特に土地勘のない場所ほどこれは言えるのかもしれない。
バスで一旦駅まで行っていたなら、こんな時間は取れなかった。

ま、いつもの寄り道という癖は治らないはずだからw
んで、これがまた楽しいんだよね^^
そして一人旅だから許せる行動でもあるんだよね(笑)

山形記事あと2回。

:メモ 感想 データ:
山形城(wiki)

霞城公園(山形城跡)山形市観光協会ウェブサイト

山形県山形市 寄り道・建物群

そうそう、山形駅からバスに乗り~いい建物発見して、途中下車て見に行った建物(笑)

山形建物群1

山形建物群3
こちらw
下調べしていたら、バスになんか乗らずに、たったと歩いて見に行ったのに(汗

吉池小児科皮膚科医院

山形建物群4
なんか歩いていたら、カトリック教会を発見。

山形建物群7
山形市役所



山形建物群8

教育資料館を見終わって、さあ、山形城跡「霞城公園」 へと急がなければと思い、
バスに乗ろうか歩くかで迷う。

バスの待ち時間もあるし
バス系統もわからず、一旦駅までかえってそこからどうするやら・・・
(実際は駅から徒歩で南門が近くにある)
もう考えるのいやなので、
霞城公園の方角だけはわかるので、歩くことにした。
もう気分は、電車乗り遅れてもいいや~♪♪って感じ(笑)


山形建物群32
(茂木酒店)

どこかのブログで確か見た確かお気に入り様が撮ってたはず。
と思いながら私も撮った(笑)

山形建物群33

山形建物群34
気になる煙突w 

大通りを歩いていたら、美術館はこちらという案内が出ていた。
またもや、病気が出て、美術館の建物~どんなんだろう~って、
また寄り道してしまうのであった(笑)←結構、美術館の建物は好きでついつい見に行く
山形建物群36
(山形美術館)

山形県山形市 山形県立博物館教育資料館(旧山形師範学校本館)

今年もあと1週間程度

あと、夏の東北記事が5回ほど^^;
ファイト(笑)

旧県庁舎やらをくるりと一周して、やっと一息。
さて、私が見たい建物、山形駅周辺には3箇所あって、旧県庁舎が一つ、
そして、教育資料館

時間がないとはわかっていても、やはり行く!

すこし、奥まっているのか、先程の旧県庁舎には人がいたが、
こちらには誰も見学者がいない。
見ごたえのある建物だから、あっちにいた人もこちらにも足を運んでくるよね~っと思いながら、
だれも来ず、撮り放題だった(笑)

山形建物群24

山形建物群30



山形建物群26

山形建物群29

で、教育資料館にもまけず劣らず、目を奪われたのが、上の建物
調べたら「旧山形師範学校音楽練習室」らしい。(近年まで講堂として使われていた?)

教育資料館よりも古いのだそうな。年代はネットで調べて。

私は主要な建物しか、今回は特に、ぱぱっとしか調べいないので
こういう建物が有るとは知らなかった。

現地に行くと、掘り出し物はいっぱいだし、発見するとめっちゃ嬉しい(笑)

山形建物群23
緑に埋もれていく建物は、なんか惹かれてしまう。(まだ埋もれてないかw)
ああ~『廃』にこの頃浸ってしまう自分いる(汗)


あれ?旧・山形師範学校門衛所も撮ったはずなのに。。

今、画像UPしているのは、10月ぐらいに大量の画像から、ブログ用にざっと抜き出し、
やっと今編集UPしている。
UPに迷うものも入れてあるんだけれど
一気にやったので、
これはもうUPはいいだろう・・・と、
パスしたものの中に埋もれているんだろうな(汗)

年末までに東北分は書いてしまおうという気持ちの方が優先されて、
もうちょっと建物に関してかこうかななんて、、、そんな余裕もなく(汗
(そんな区切りつけなくても、いいはずなんだけれど、なんかね)
ただただ建物のUPだけで終~了~になってしまう。

え?いつものことやんww

:メモ 感想 データ:
山形県郷土館「文翔館」からここまで、0.7キロぐらい
ぱっと見たサイトで徒歩3分って書いてあったけど、私の足では無理^^;
徒歩3分って・・・っていいながら歩いていたのを覚えている。。
距離ぐらいは調べていかないと後で苦労するのが良く分かった。
ちなみに私の歩く速さは遅い(笑)
*時間は個人差ありだからね~

旧山形師範学校本館

本館・門衛所・正門 国の重要文化財

山形県山形市 文翔館

引き続き山形旅行
2014年が終わるまでには終了できるはず(笑)

山形観光は、午前中で終了する為、出来るだけ移動せず回れるところとなれば、
やはり山形駅周辺となり、そこはぱぱっと見たいところも決まったので、
場所などの確認はせず、当日に携帯で確認するという・・・
だいたい最後の場所ってこういう風になるんだよね^^;
このテキトウさが、今回はどっと疲れをつくることになる><。

山形県旧県庁舎

山形建物群11


山形建物群12

山形建物群13

そして、ここは撮るでしょw 煉瓦♪
山形県旧県会議事堂

山形建物群16

山形建物群15

山形建物群17

ひとめぼれしたのが、山形県旧県庁舎で、ついでに煉瓦発見!だったので撮ってきたって感じ(笑)

共に国の重要文化財

南陽市の橋の時間の都合で、1本早く来ることになり、
まだ開門前に到着しそうだと思いながら、
バスに乗ろうか、、歩こうか・・・歩いたらどれだけかかるんだろうって山形駅前でうろうろしてしまい、
その分歩いたらバス代は浮いたと思われる。

そして、
結局途中までバスに乗り、好みの建物を発見してしまって、なんと途中下車をしてしまう私。

何やってんだか。。。ほんとに。
慣れた関西だとこう無茶してもどうってことはないけれど(寄り道はいつもやっているw)
ここは東北それも初めてのところで、所要時間も調べてない。
しかも、午前中で見終わって、その日に東京まで戻らないといけない。
ということは、山形から18切符では、1本遅れると・・・どれだけ費用がかさむか。

時間がないのが判っているので、もう最後の山形城跡「霞城公園」 で遊ぶか・・と、
そちらに行きかけ、いや、ここまで来て、もったいない!
もし時間が遅れたら、特急に乗る!というお金はかかるけど、最後の手段は持っているし!と思い、
また戻り、てくてく歩いて、やっと着いた~あああ~

かっこいい建物だからやっぱり見に来てよかった! 


無計画はほどほどに(汗)


:メモ 感想 データ:
山形駅からはだいたい2キロ 結構あったんだ・・・
バスは市役所前で下車のはず

文翔館とは、山形県旧県庁舎及び県会議事堂を修復・利活用している施設の愛称である(wiki引用)

文翔館(wiki)
アクセスはリンク先参照
ただし、市役所前バス停より徒歩1分では私の足では無理っぽかった。

山形県南陽市 橋

2014年夏の18切符山形県旅行

タイトルを見ただけで、はぁ?わざわざ大阪から山形まで行って、『橋』って思うかもしれない(汗)

しかも白状しよう・・・
メインで、山形旅行を計画する時には、真っ先に計画に入れてしまい、
ここは絶対に!って思うところだった(笑)

見たいものは見たい♪


ささ、宿泊先から、早朝電車に乗り、南陽市の中川駅に到着

中川2



中川3
(外観がなんか雰囲気あるので撮ってみたw)

さぁ左に曲がって線路に交差するまで歩いて~って思ったら・・・

あんぐり・・・



途中の橋が、、、、、


橋が壊れてる!!!
中川5

中川6

『危険ですから、絶対に渡らないで下さい』

ああああぁぁぁぁ~!!!!!!!
あと、少しで目的の橋なのに・・・それなのに、、、

なんとかして端っこでも通れるかな・・・って思ったけど、
そんなの無理!アスファルトだけがかろうじて残っているって感じだった。


吉田橋が見れない・・・



あああ~私の橋がぁ

(もしかして、この橋も私が見たいと思っていた橋の1つかも~と、気になりつつも・・・)


そしてとうとう吉田橋まではたどり着けず・・・ORZ

(迂回すればいけるのだけれど、気が動転していてるし、どれだけの時間がかかるかもわからなかったのでやめた)



とりあえず、先にブログ情報にて、電車の中からでも見えるよ~とあったので、
先に橋の位置を確認しておいたし、
次に山形駅方面へ行くので、
再び見れるし、撮れたし、見れない・撮れないという最悪の事態は免れた。

中川7

吉田橋は、石橋で明治時代の眼鏡橋。

壊れた小巌橋(蛇橋)も明治時代の石橋。

私の山形県旅行の初の観光地は、なんとも悲しい始まりだった。

:メモ 感想 データ:
置賜文化フォーラム

三島通庸が残した土木遺産(山形県ホームページ)

秋田県 風景

これで、秋田県旅行記事は終わり。

最初、小坂町に着いた時に、ついつい寄ってしまった場所(笑)

小坂鉄道レールパーク

私の感覚では、鉱山事務所からはちょっと遠いのかな?なーんて思っていたら、
すぐ近くにあるんだね・・・
貨物だけかなと思っていたら、旅客事業もやってたんだ。

そりゃあ、あんな事務所を構える力を持っているなら、鉄道も作るよね。

小坂7

小坂4

小坂6

小坂3

小坂22

小坂41

小坂8

もう廃線になったけど、レールバイクがあったり、トロッコあったりと、小さなお子さんがワイワイ言っていた。
それが、ここ小坂の光なのかな・・・なんて思う。
あと、大館・小坂レールバイクの区域では、乾電池で動くエボルタ電車が走ったらしい!

エボルタ電車見たかった!!!!(笑)めっちゃちっこくて可愛いんよ。

:メモ 感想 データ:
18切符で青森から大館(特急つがるには乗れない)
秋北バス
大館駅10:00から秋北バス→小坂町内で適当に降りた
(本当は小学校前辺りで降りるといいんだけど、トイレに行きたかったのでw)
私の見学所要時間トータル1時間程度(ぎりぎりだった)
(内部見学は一切なし)
11:54小坂町→13:46大館駅 大館駅について時間があるのでぶらぶら
(比較的安い食堂を発見(バスセンターのところ)するも、手持ちのお菓子が残っていたので、やめーw)
1本早い電車に乗れたので、秋田駅で煉瓦建物見に行く。

秋田で見たいところ3つと書いたが、
秋田駅周辺(建物)と橋(この橋はちょっと遠いのでパスした)
小坂町(欲を言えば、七滝も見たかった!!)
あと一つは尾去沢(ここも鉱山)だった。もう宿泊先を決めた後だったので、今度はその辺りにでもと思う。

小坂製錬小坂線

小坂レールパーク

大館・小坂レールバイク

ちなみにエボルタ電車
廃線1日復活チャレンジ エボルタチャレンジ (パナソニックウェブサイト)

やっと山形記事
NEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。