速水御舟の続き

速水御舟の作品の感想続き

翠苔緑芝 う~ん奇妙な世界
翠苔緑芝

これは、奇妙な世界を感じた。
金色の世界に、そこだけ緑。
オアシスな緑に、猫が一匹何かに
勘づいて顔を横に。
ウサギも猫も、この中にしか遊べない
そのオアシスからは出てはならない暗黙の了解も。
異次元からこのオアシスは飛びだしたかのようだ。
いや金色の砂の中からずずっと、
出現したものか。
速水御舟は、この作品を後世面白い
作品と言われるはずと、結構自信作だった感じ。
まあ奇妙で印象深いし、深層心理に何か投げ掛けられた感はある。それが何かわからない。
ただ、ちょっとこれは・・・。
オアシスと表現してみたが、自分自身は、
府に落ちていない。
不思議な絵だった。

御舟2 キレっキレ
白梅紅梅

炎舞とこの絵は、繰り返しその場に立ち、
見つめてしまった絵。

白梅の手のような枝ぶりが、
月を掴みたくても届かない・・
悲恋をしているかのよう。
それを下の方から紅梅が見つめている。
三日月でその情景を冷ややさを増す。
枝ぶりで、キレっキレだなあと思っていたが、
再度この絵の作品を今見て、届かなぬ想いを
感じた。
しかし、御舟の作品というより、
御舟自体に闇があり、その作品に出てるよなと
この絵を間近に目にして思った。
人には闇はあるけども、こう、敏感に感じる
作品はなかった。


炎舞 最高
炎舞

初めて中学生の教科書に載っているのを
みたとき、異質な作品でびっくりしたもん。
麗子像以来のびっくりさだったと思う(笑)

群がる人たち、まるでそこに描かれた蛾のように。
私もその一人だ。だけれども、他の人は
そのワナにかかる事なく過ぎさってゆく。
捕まったのは私・・。
甘美な誘惑に、無意識に舞ってしまう蛾。
命を落とすという危険なんて、
そんなことは頭にない。
ただただその誘惑に駆られていたい。
その瞬間を楽しむ。
なんというか・・。煩悩だな。
炎の描き方は仏教の影響ありと解説に
あって、そうだろなと納得した。
背景の闇の色は、もう一度描けと言われても
出せない色だと御舟は答えている。
それだけ迫真に迫った絵。
これを観て御舟の闇をみたと直観した。
御舟の闇に引き込まれる私もその闇を・・。

御舟は、40歳の若さで腸チフスで亡くなっている。



長生きできればまた作風も変わっていただろう。
闇と共に生きた感がある御舟。



メモ 感想 データ
山種美術館

見学所要時間 30分~60分
好きなものならずっと

館内は狭い方
ただ、ロッカーが足りない時がある
普段なら足りるはずが、
今回はちょうど混雑した時に・・・。
それが唯一残念だった。

山種美術館 開館50周年記念特別展 速水御舟の全貌 作品の感想

2016年の東京旅行のメイン

2016山種美術館 (1)

2016山種美術館 (2)

広尾にある美術館

御舟作品ならここだと言われるぐらい。

客である私はあまり特別展に意識もせず、炎舞だけは
観たいという気持ちしかなかったので、
今回は7年ぶりに名樹散椿・炎舞
そして各時代の代表作品が23年ぶりに揃う
特別展だったとは!
さすが50周年記念!大盤振舞ですな。
非常に満足(^-^)

さて、ちらりとサイトだけは見ていたので、
興味のあった

墨竹図
御舟1 みごと
(画像はお借りしました)

これも楽しみにしていた。
好きな竹を題材にしてあったので興味があったのだ。
竹の葉をよく観察して、
葉の折れ方や光の辺り具合を、墨の濃淡で表現し、
繊細+幽玄の世界を描き出している


御舟は、若い頃、写実主義?に凝ったのか、
めちゃくちゃ細かいところまで描くのが好きだったらしい。

菊花図 キットカットじゃあないよ
この菊花図にそれがあらわれているんだけど、
画像をお借りしている分ちょっと分かりにくい。

花の部分は兎に角細かい!
あの菊のぷりっとした花びらひとつひとつ、
根気強く描かれいる。
それに対し、葉がそれほどでもない。
でれっとした感を出したかったからかも
知れないが、花と葉の描き方の違和感はあった。

後に、御舟は写実もやり過ぎたと言って、
あまり、表には出さない描写になっている。

次は、私の心を捉えたあの作品の感想を。



メモ データ 感想は
最終記事にて。


画像は全てお借りしました。
撮影禁止!







東京都港区 根津美術館 庭と円山応挙の作品の感想

2日目は根津美術館から。
ここの目的は、庭。

2016根津美術館の庭園 (16)

2016根津美術館丸山応挙展 (8)

2016根津美術館の庭園 (15)

2016年の11月末ということもあり、紅葉真っ盛り。
この日は曇りで、かすかに日が照るような天気だったが、運よく晴れ間が差した頃に庭見学できた。
ここの庭園は、美術館好きには有名な庭。
企画展もよく、庭もよし!

企画展は調べずに・・
なんと、開館75周年記念の特別展だった。
円山応挙ずらり。
まじまじとこれだけの名品を拝見するのははじめて。
その中でも雲竜図屏風(重要文化財)
画像なくて、すいません。
雲龍図屏風・・・目を逸らしたら、龍が動いたような?
びっくりして、しばしその繰り返しで遊ぶ(笑)
え?なんでそう見えるんだろうと、観察したら、
雲の絵描き方にあって、ドライアイスのような
ふんわり+しっかりの雲。
はっきりではあるんだけど、空気を丸めて流れを作ってある。つまり、動きがある描き方。
絵の中の空気が動く描き方なんて・・・。
見事!

椅子に座り、龍を眺めていると、
絵の前に海外の人が立ち止まった。
私は心の中で、
『手にいれろドラゴンボール♪』と
あのドラゴンボールの歌を歌ってしまった。

海外✖ドラゴン=ドラゴンボールと
私の脳内インプットはこう変換されるらしく(笑)

そんな意味不明な事はとっととスルーして・・・。




この一枚で十分元は取ったし、また円山応挙の作品を観たいと、繋がる作品だった。

こころの中では
国宝の那智瀧図を見れればと期待していったが、
それが無くても、充実している企画展だった。
さすが根津美術館

メモ 感想 データ
根津美術館
アクセスは上記サイト参照

見学所要時間
庭と作品合わせて1時間半程度。

建物自体はそれほど大きくはない。
食事をするところは、平日にも関わらず
混んでいた。

※時間は個人差あり



東京都墨田区 すみだ北斎美術館

2017年こちらのブログの1回目は
すみだ北斎美術館
2016すみだ北斎美術館 (1)
2016年に開館したばかりの美術館
設計は、妹尾和世さん。
SANAAのユニットでは
21世紀美術館やなかへち美術館など。

2016すみだ北斎美術館 (2)
周りは、スカイツリーも見れる公園がある


2016すみだ北斎美術館 (4)

2016すみだ北斎美術館 (5)
この美術館の目玉はこれ!
たぶんずっと展示されると思う。
推定復元だけれど、北斎晩年の作品これはぜひにと。

2016すみだ北斎美術館 (6)

いつものやつ(笑)
おい、題名を書けよ~・・
画像クリックしたら見れるよ~(笑)
2016すみだ北斎美術館 (9)

2016すみだ北斎美術館 (10)
百人一首 猿丸太夫

メモ データ 感想
すみだ浮世絵美術館


見学所要時間 30分
※時間は個人差あり

北斎の百人一首特集やってほしいな。
あと赤富士青富士両方展示するなら観に行くかな。
珍しい巻き物の絵があったんだけど人が多くて・・
ブームが過ぎるまで少し待った方がいい。
ただ料金が高い!これは声を大にしていいたい。
(私が行った企画展だけかな?)
せっかく下町にできた浮世絵の美術館なのに。
富嶽関連も他でいろいろみれるからわざわざここに
足を運ぶかな?って考えると・・。
閑古鳥ないて欲しくないからね・・。
ショップはチケットなしで入れるけど、来たからには
展示もみたいやん。

そしてロッカーが地下になるんだけど螺旋階段が危険。
美術館自体狭いんよね。だからだと思うんだけど・・。
エレベーターを活用してね。


プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク