スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山県和歌山市加太 友ヶ島3(第2砲台跡)

第5砲台跡を見てから、灯台方面へと足を運ぶ。

2015-友が島 (24)
2015-友が島 (25)
視界に入ってくる淡路島をついつい撮ってしまうw

2015-友が島 (27)
閉鎖中

以前、
瀬戸内海国立公園に指定されてから南海電鉄グループにより観光開発おこなっていた
(南海電鉄は2002年3月末に全ての友ヶ島観光事業から撤退)

2015-友が島 (28)
ちらっと見える灯台、見えにくいがトンボも。

2015-友が島 (29)

砲台跡から離れると、のどかな風景がそこにある。

2015-友が島 (30)


次の目的地、第2砲台跡に到着

2015-友が島 (31)

2015-友が島 (33)

2015-友が島 (34)
2015-友が島 (35)

2015-友が島 (36)
頑張ってだれかが飲料水運んできていたw

第2砲台跡は、風化が激しいので、近づかないように。
2015-友が島 (37)

2015-友が島 (38)

2015-友が島 (39)

2015-友が島 (40)

2015-友が島 (41)


メモ 感想 データ

私が行った時は、8月下旬。
もう少しあとに行くと、トンボの群れが見れるのかも。
第5砲台跡から第2砲台跡までは10分ぐらい。
芝生に座って紀淡海峡を眺めて見るのもいい。
いくつかお昼御飯食べるのに良さそうな場所はあるが、
この場所も良さそう
第2砲台跡は、爆破されたか爆破したのかちょっと忘れたけど、
一番海側にあるので、風化が激しい。

※時間は個人差あり
関連記事

この記事へのコメント

こんばんは - 犬山にゃん太郎 - 2015年09月29日 23:02:07

ブログ訪問なので砲台跡はあちこちあるようですね、
これを拝見して尚更に海岸線だからあるのだと思ったんですが、
でも、よ~く考えると日本海側には見ません、
そう思うと砲台が気になってきました。

- napo - 2015年09月30日 06:10:50

一番上の写真、陸地が浮きあがって見える!
撮り方のせいかなぁ??
もしかした老眼のせい?と自分の目も疑うけどね(笑

爆破された感がでてる!
風化もあるんだろうけどね。
潮風が当たる場所は仕方ないもんね。

海を、空を見ながらお弁当・・いいなぁ♪
ちっちゃなことはどうでもいいか!
って気になれそう♪d^^

- 森須もりん - 2015年09月30日 17:48:52

こんな素晴らしいところが
あるんですねえ。

砲台・・・その歴史に興味があります。
いってみたい。

犬山にゃん太郎さん♪ - 菅原しずか - 2015年09月30日 19:31:33

こんばんはです♪

お、とっても興味深いコメント!
さすが、にゃん太郎さん。
で、調べて見ると、日本海にはひとつだけらしいです。
京都舞鶴にひっそりと。

あそこにもあったのね、
思わぬところから、また旅の広がりがありました。
ありがとうございます♪


napoさん♪ - 菅原しずか - 2015年09月30日 19:43:51

こんばんはです♪

見えなくもないですね♪
老眼、おぉ~( ̄ー ̄
すでに私は老眼が(T_T)
ま、気にしない気にしない(笑)

第2砲台付近で、飲料水運んでいた若者たちがいて、
また荷物を船着き場まで取りにいかないといけないらしく、
じゃんけんでその場に残ったのが、おデブさん。
仲間は、ダイエットになるのに~!って
ブーブーいいながら荷物取りにいってました(笑)

森須もりんさん♪ - 菅原しずか - 2015年09月30日 20:10:17

こんばんはです♪

ここは由良要塞と呼ばれる中のひとつで、
出来上がった時には、
空戦になっていたので
使用されず終戦になったようです。
この加太は第二次世界大戦用に。
広島湾要塞は日露戦争用のものもあるようです。

もりんさんのお近くなら
東京湾要塞があるようです。
三浦半島は多く残ってるようですね。

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。