兵庫県姫路市書写山2

さてさて、書写山へ入ったときに、和泉式部ゆかりの地だと知って、
これは、その場所をとらねばと奥の院を目指す。
これがなければ、あの銀杏の樹だけで終わっていただろう・・・


書写山 (6)
斜めに撮ってしまうのはいつものことw


書写山2 (4)


書写山2 (3)

書写山 (10)

途中で、本多家の墓所やらを眺める。

書くのを忘れていたんだけど
この円教寺はラストサムライのロケ地だったらしいね。
で、姫路と言えば黒田官兵衛。
もちろんここもゆかりの地。

で、どこに奥の院は?どこに歌塔があるのか・・・
現在地の看板を見ながら、えっちらおっちら・・・

それまでに和泉式部の歌を思い出そうとしたが、菅原道真の『神のまにまに』しか出てこないw
あかーんやん!

書写山 (11)

書写山 (12)

やった!撮れた!!

看板を読んで、帰ってきてから資料を調べてと・・・
あと思い出せなかった和歌もスマホで調べて、あ~あれだったんだと・・・
この時詠んだ歌もいいよね~

しかし、かな~りの敷地。
まわるのにもこれだけかかるとは思ってみなかった。
和泉式部を追っかけてきたら、よい具合の紅葉も見れた^^
ありがとう・・・

書写山 (16)

書写山 (17)

なんか墓所巡りになってしまったが、静かな紅葉の美しいところ・・・

朝早く行ったからかもしれないが、
こんなに人が少なくていいの?って思うぐらい人が少なかった。
下に降りれば、駐車場が満杯だったんだけどね^^;
それぐらい、ゆったり見れた・・・。
これが京都なら、かなりの人だろうと思うと、、、
いくらでもきれいな場所はあるのになと思う。
ま、自分が大阪だから、いつでも行けるから言えるんだろうね^^;

帰りちらっと見た姫路城はめっちゃ混んでたけど(笑)

メモ 感想 データ
書写山円教寺
円教寺(WIKI)
書写山ロープーウェイ

姫神バスお得切符
少し安くなる。

見学所要時間 2時間半~3時間。
私は紅葉だけをゆっくりみたんだけど
これ建物も見学すると半日はかかりそう。
食堂もあるらしいが、今回は寄っていないため記載なし。
それほどきつい坂はなかったね。
(最初だけかな)

*時間は個人差あり。

ロープーウェイの本数は15分に1本なので、それほど気にしなくてもいいかな。

私の場合
阪神梅田・阪急梅田から6時台最初の特急姫路行きに乗った。
円教寺の開門時間にちょうどいい感じで入れたので、これがベストかな^^


関連記事

この記事へのコメント

- napo - 2016年11月30日 06:29:06

そうなんだぁ~ラストサムライの…
どこの場面かなぁ~♪

ほんと写真にはひとっこひとり写ってないから
知る人ぞ知る秘境のような場所なのかと…
でも、写真を撮る時、静かに自分のペースで
撮れるって有り難いですよね(^-^)

でも、ほんと朱色がキレイ…

napoさん♪ - 玲紀静香 - 2016年11月30日 19:30:43

私、映画見てなくてここに来て初めて知ったんよ(-_-)
朱色が見事だったし、静かで・・
山の紅葉探索はやっぱいい!


- ネーサン - 2016年12月02日 09:51:47

ブログへのご訪問、コメントありがとうございました。

大規模修繕の前に行かなくちゃ!と7年ほど前に行った姫路城。
綺麗に生まれ変わった姫路城に会いたいと思いつつ
未だ夢がかなっていません^^;
毎年行っていた京都もここ最近ご無沙汰しています。

ゆっくりのんびり、ぶらぶらと散策。
良いですよね~^^v

ネーサンさん♪ - 玲紀静香 - 2016年12月02日 12:12:59

こちらこそ、コメントありがとうござます!

猫のぬくぬくした感じがたまらなくて、思わずコメントしちゃいました^^

おお~姫路にいらっしゃったのですね!
真っ白になりすぎた姫路城、ちょっとびっくりですが、また機会がありましたら是非にと。
さらに、京都市にも!
ここ数年、人でいっぱいなので、もう少し散らばってくれたら、ゆっくり探索しがいがあるのですが・・・

ぷらぷら散歩が一番その土地の魅力を知るような感じですよね^^



プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク