京都市美術館 別館 漢字三千年展

漢字三千年

2017京都市美術館 別館


今回は京都市美術館 別館での展覧会

漢字・・
少し前から漢字の成り立ちに興味が湧いていたので、グッドタイミング。

甲骨文字やらお馴染みの漢字の成り立ちの解説がありすんなりと観ることができた。

漢字が、発達した理由は、公文書を残す為で、国家の基礎がきちんとある証拠なのだそうな。

凸文字は珍しい

凸文字説明文




こんなところにイニシャル

こんなところにイニシャル2


秦の始皇帝に捧げるその兵馬俑に、
自分の作品?とわかる文字を堂々とこんなところに(笑)
そんなものがその当時見つかったら・・
恐ろしい‼
あの始皇帝よ!
すんごい勇気あるね。
ま、そんな作品でないと、
飛び抜けて日本で展示品に選ばれないだろうなとは思う。
いつの時代にもこういう人はいるね(笑)
人って本質は変わらない(笑)

中国の展示会場では観ることはできないらしいので記念に撮ってきた。
説明画像も撮ってきたので、解説はそちらを。


さて、漢字の成り立ちで、
特に紹介したい漢字を1つ。

愛~さんさんと~♪


それは『愛』
女性が後ろ髪引かれ立ち止まり、過ぎた道を振り返り、
あの人はどうしているのだろうと、
心に思いを止める姿

気遣いや素朴な情愛ひっくるめて
『愛』


漢字はその成り立ちがあり、
イメージの元を思い起こさせる
昔の人からの繋りがある。

メモ 感想 データ
漢字(Wiki)
関連記事

この記事へのコメント

- napo - 2017年04月16日 15:06:27

ほぉ~そんな催し物があったんだ〜
漢字って、それぞれに成り立ちが
ありますもんね(^-^)
でも、静香sanが気にとめたのは
『愛』だったんですね♡(´▽`*)

napoさん♪ - 玲紀静香 - 2017年04月16日 17:43:02

こんばんはです♪

『旅』の文字もあったんですが、
『愛』に惹かれましたね。
素朴な気遣い・・から『愛』が生まれたって
学芸員の方から説明を受けて、
私の思っていた『愛』の表現と違っていたのに、
ちょっとびっくりしました。
表面のキラキラ愛しか見えてなかった自分の心が
恥ずかし。


- テン3 - 2017年04月27日 00:13:05

こんばんは^^

漢字は普段私たちも普通に使っている
言葉ですので、とても興味深い企画展
だと思いました^^

始皇帝の時代から、兵馬俑を作る
職人さんにもやはりプロとしての
自負があったことがわかります。
そう考えると、昔の人も現代の人も、
本質的にはやはり同じ人間なんだなぁ、
と感じるところもありますね(^^;

テン3さん♪ - 玲紀静香 - 2017年04月30日 10:52:26

漢字は元をイメージできる文字ですが、
世界的にみてもそういう文字が残っているのは
非常に珍しいらしいです。

やっぱり人ってどんなに文明が進化しようが
思うところは一緒で、笑えますね😃



- 森須もりん - 2017年07月19日 23:44:17

愛・・・面白いですね。

最近、漢字を忘れて書けない私。
読めるけど書けない。

たまに漢字の情感に触れたいな。

もりんさん♪ - 玲紀静香 - 2017年10月06日 16:13:33

お久しぶりです!
すいません、ずいぷんこのブログ放置してしまい、
もりんさんのコメントに気がつきませんでした。

また、よろしくお願いします。

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク