スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017 広島県広島市 ひろしま美術館 ブラマンク展

今回の旅でのメイン中のメイン、ひろしま美術館のブラマンク展

以前も全国で3箇所、ブラマンク展があったが、それを逃しているの(体調不良)で、今回は絶対に見に行きたかった。
このブラマンク展を知ったのは、実は偶然の出来事。
けれども、こういう見たいものは、必ず情報が入る^^

ブラマンクといえば、冬の厳しい寒さの中での雪道の絵を思い出すかと思う。

2017 ブラマンク展 (4)

2017 ブラマンク展 (1)

確かに暗いし、寂しい気がする。
私がどうしてこのブラマンクの絵がきになるかというとが、よく自分ではわからなかった。
この展覧会に来て、その意味がわかった。

コントラスト

2017 ブラマンク展 (2)

2017 ブラマンク展 (3)

白と黒、明るい暗いをはっきりと使い分けて、冬の寂しさというよりも、冬の色の美しさを表現している。
モヤモヤと、灰色一色ではなく、目に飛び込んでくる、白の強調。

私が特に好きなのは、一番下のリトグラフの絵。
ごくありふれた風景を、鮮やかに、自然に、大人の絵本みたいな感じに描き上げている絵がお気に入り。

このブラマンク展に来て、私の絵の好みの共通点がわかった気がする。
形よりも、色彩。コントラスト。
写真では、コントラストがきつくなる場面でも、やわらかく表現できる絵のほうが私は好みということ。
どぎつい赤とか青とかではないが、はっとするような色あい。
ピカソのように、形ではなく、色で表現。
しかし、ふわふわするようなものではなく、はっきりしているもの。
山に遊びに行っても、はっと飛び込んでくる、新緑の色あい。そういう感じ。

*画像はお借りしました
関連記事

この記事へのコメント

- テン3 - 2018年04月01日 00:25:01

こんばんは^^

明るい美しい風景画もとてもいいものですが、
ブラマンクのような暗さや寂しさを感じさせる絵も
また訴えかけるものがあるように感じました。

冬景色や寂れた山村等の絵は閉塞感がありながらも、
どこか身近に感じる部分もあるように思います。
このような絵は、画力があればこそ、見る側に与える
印象も強烈になるでしょうね

- 森須もりん - 2018年04月10日 06:59:14

私は、ひたすら生きるという普遍さを感じました。
筆のタッチに息遣いを感じる。

<山に遊びに行っても、はっと飛び込んでくる、新緑の色あい。そういう感じ。>
いい表現ですね。
ああ、わかる!!

テン3さん♪ - 玲紀静香 - 2018年04月14日 19:14:29

こんばんはです(^-^)

ブラマンクは後期印象派の影響をもろ受けた人で、
ゴッホのような絵を冬の風景にあらわしたという
感じです。
ひまわりのゴッホ・冬のブラマンク。
自分の心と対照的なものを選んで描いた
お二人だったようです。





もりんさん♪ - 玲紀静香 - 2018年04月14日 19:26:49

こんばんはです(^-^)

そうなんです!
眼で感じる感じ。
空気の光るものに敏感な感じです(笑)

ブラマンクは、自由な人で絵からすると、
活気溢れた人だったのでは?と思います。
ですから、冬の寂しさがあっても、
雪の光具合にエネルギーがこもっていたり。
これが、セザンヌだったら、
雪を余白で描くみたいな・・(笑)
モネだと、雪をまばゆく描いて、
キラキラと・・。

あ・・、語りすぎました(笑)






プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。