スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県散歩 豊岡玄武洞

さて、1日目のメインへと

玄武洞がそのメインである。

何故玄武洞を選んだのか?

岩肌がとっても魅力的で好みだわ~ということ。

あるブログに、雪の玄武洞の写真があって、これはこの時期に行かないと!!と思った

CIMG7415.jpg

玄武洞駅

降りた人は、学生さんと私だけ。

CIMG7417.jpg

渡し舟で、玄武洞へと向かう。

駅を降りた時点で、渡し舟があるかどうか確認してもいいが、

本数が少ないので、事前に確認!

無い場合、次の電車に乗って、城崎からバスか、貸自転車で来なければいけない。

約5Kの道のりらしい・・・

CIMG7418.jpg


到着~

雪だ雪。

雪がかかる玄武洞が見れるに違いないと思ったが・・・・

CIMG7436.jpg


どうも写真が良くない><

雪の降りかかった玄武洞が撮れなかった><。

ボランティアさん曰く、

『朝早くに来ないと~(笑)』


まあ、いいわ~


異次元な感じのする玄武洞。

国指定 天然記念物

約160万年前の噴火によって噴出されたマグマが冷却され、玄武岩塊が形成された

ちなみに、穴は、石を採掘するために掘り出した穴で、洞窟ではないらしい。

玄武岩の柱状節理・板状節理によって、洞窟内では亀甲状の天井や5~8角の石柱がみられる。

(wiki引用)


CIMG7431.jpg

(この写真の部分が5~8角の石柱)

この石は、わざわざ、加工しなくても、大きさなどが手ごろだったため、

石垣や、護岸工事に使用されたとボランティアの人はおっしゃっていた。

でも今では 持って帰ることは禁じられているらしい。


そして、ここは世界ジオパークスに認定された場所でもある。

ジオパークスとは

地球科学的に見て重要な自然遺産を含む、自然に親しむための公園。(wiki引用)

そして、玄武洞のほかに、

CIMG7423.jpg

青龍洞 

こっちの方がきれいとボランティアさんも言っていた(笑)

そして、今回は見れなかった、北朱雀 南朱雀 白虎洞がある

(4月頃まで、工事中の為、見れないらしい)

無料休憩室では、

CIMG7438.jpg

玄武洞のキャラクターである 玄さんの被り物がっ!!

この日も玄さんは、現れたらしいが、私は会えずじまい><。


さてさて、この玄武洞

世界的な発見があったところでもある。

磁場逆転の発見の地。

N極とS極が逆転している石が世界で初めて発見された場所。


石のミュージアムは有料だけど、玄武洞は無料で見れる。

玄武洞だけなら、30分で見れるが、石好きなら、ミュージアムもいいかも^^

(もちろん私は、ミュージアムの方にも行ったw)

アメジストやラピスラズリはもちろん、化石もある。

那智黒石まであったとは!

化石も、落ち葉の化石が立体的になっている非常に珍しい化石が置いていた。

土産物屋さんには、パワーストンがごろごろと売っているので、興味があれば是非。

個人的には、満足だったな^^


:メモ 感想 データ:

玄武洞だけなら所要時間30分~1時間程度

ミュージアムも入れるなら、1時間~1時間半程度

*個人のデータにつき

18キップで福知山駅から2時間程度

城崎温泉に行きがてらに寄ってみるのはいいかも^^
(城崎は次の駅)

玄武洞ミュージアム
↑ ↑ ↑
リンク先

地図


大きな地図で見る
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。