スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島県散歩 大塚国際美術館 その他

前回記事 徳島県散歩 大塚国際美術館

古代と中世に時間を取られて^^;

あとは ちゃっちゃと観て回った。

写真は、作品のみの撮影は禁じられているので、

(人物などをいれた構図で撮影OK)

ここから私の撮ったものはUPができないのが非常に多い^^;

ええーまー、作品ばかり撮ってたのでね^^;

興味深いのが、受胎告知の部屋なんかがあったり、

最後の晩餐の修復前・修復後が 両側にあって見比べれるところ。

ゴヤの部屋もあったりして、そこはとっても不気味だったので、

とっとと逃げた(笑)

あと見逃したのかな、だまし絵のコーナーもあったりしたんだ。

あとね、リューベンスの絵もあったよ^^

フランダースの犬のネロがどれを観たかったんだろうって探したんだけど、

わからなかった><。


で、いよいよ私が好きなコーナーでじっくりと観て回ることに。

数年前までなら、私もおぉ~と言ったかもしれない、オルセー美術館のものが目につく。

(数年前日本に来たものが多い)

私がここに絶対に行こうと決めた作品の ルソーの『蛇使いの女』の絵の前に立つ。

あの絵が再び観れるって! 目が離せないほど、異様な空気に満ちた絵をまた体感できると思っていた。

が、それはやはりレプリカ

本物の威圧感には劣る。

ゴッホのタッチも陶板になれば味が・・・

色使いのはっきりしているものは、かなり驚きを隠せないほど本物に近いけど・・・

色の薄いものは・・・

と私の感想はこうである。



気軽に見れるということ

持ってこれない 原寸大そのままで 世界各地から

集められたものが、一挙に観られるということ。

○○の部屋という (特に受胎告知の部屋やエルグレコの部屋)なんかは、

一気にあれだけみれることは そうそうないと思う。

そして ゲルニカ が1Fに堂々と・・・

ゲルニカは ボランティアの方がおっしゃるには、門外不出になっている作品だそうな。

(原寸大)

これも作品のみしか撮ってないのでUPできない(ごめん)

拙い文章なので、画像でも・・・


CIMG9966.jpg

CIMG9939.jpg

CIMG9890.jpg


CIMG9993.jpg


続く。


徳島県散歩 大塚国際美術館 その他2



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。