スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島県散歩 大塚国際美術館 その他2

前回記事 徳島県散歩 大塚国際美術館 その他



私は特に近代から現代が好きで、国内美術館には大きな展覧会だけは行くタイプw。

だけどやっぱり見逃しているものもあってそいうものがいくつか展示してあったから

テンションはあがった。



ピカソ(ゲルニカ)

ジャクソンポロック(生誕100周年の展示がまだ東京ではみれるけど行けないや・・)

ムンク(叫び)

クラムスコイ(見知らぬ女) これも見逃しているんだ><

セガンティーニ これもせっかく関西に来たのにな・・・

と・・・眺めていたら、




なんと 忘れもしない思い出の作品がここにあった。


今から30年近く前になるんだけど、私が油彩画で初めて展覧会に行って最初にポスターを買った

セザンヌの絵 コートルドコレクションの絵があった。

もう目を見開いて、あいた口を手でふさいで、鳥肌が立つほど・・・

CIMG2297.jpg

(これは実家で撮ったもの・・・額にも入れずにそれも画鋲で止めてあるなんて^^;)

これが、大塚国際美術館にあるなんて、レプリカでもいい

ここまで来てほんまに良かった。

多分その当時、知っている画家はセザンヌだけで、好きな山と木が描いているので

買っただけのような気がするんだけど、未だに好きな画家の1人として追っかけている。


大水浴や自分が好きなリンゴとオレンジ(違うバージョンはあり)はなかったけど・・・

チョッキを着た少年もなかったけど・・・


そして、館内うろうろしていて、ボランティアさんを発見し、

一緒に回っていると、

再びこの絵の前へと・・

まさかワンフロアだけでもかなりの数なのに、ここで立ち止まって、説明をしてくれるなんて!!!

そして長年の疑問がようやく解けた。

一通り観て回ったので、

もし今度遊びに行くなら、ボランディアさんとずっと回ろう(笑)



あとは、ここに ひまわりの部屋を造ってくれるのを楽しみに待つだけww

フェルメールの部屋があって、ゴヤの部屋あるのに、なんでひまわりの部屋はないの????

CIMG2301.jpg
ゴッホ「四輪の枯れたひまわり」

(これを飾って~w これは実家にあるやつ ミューラ美術館所蔵)

アンケートにはひまわりの部屋も欲しいと希望を書いてきた(笑)

CIMG0158.jpg


CIMG0160.jpg


CIMG0163.jpg


:メモ 感想 データ:

参考にしたサイト

大塚国際美術館

前年などは、特別開館の日が1000円で入場できたらしい。

(今年はまだ発表がないのでわからない)

前売り券はローソンなどで3000円で購入できる


また、公共機関で行く場合、大阪難波を発着点にすると、

18キップでは1泊しないといけないけど、

高速バス&南海フェリー・南海電車を上手く利用すると、安くしかも日帰りで行くことが可能

それを知ったのは後日だったorz

館内見学所要時間:

展示物は4キロ程度あるので、

1キロ=15分(通常私の歩く速度)と考えただけでも 1時間は最低ほしい

展示を観るならば、さらに倍で少なくとも2時間。休憩をいれるならばもっと・・・

1度目は、雰囲気を流し観る

2度目は、ボランディアさんと共に巡回

ポイントは全部見ようと思わないように^^; 

一旦出て、渦の道に散歩にでかけたり、船に乗ったりして、あの絵見逃したと思ったら帰ってきて

また観るというぐらいにしないと・・・目が疲れる(笑)



最後に・・・

これほどの聖堂を集めるのに、これほどの名画を集めるのに 時間と人とを費やし、説得し

(説得するにも威厳のあるものだから、難航したに違いない)

これほど比較しやすくまとめられているところも珍しい

日本には特に近代の作品はあちこちから来て観れるので、そうそう珍しいものはないんだけど、

これだけ各国 各美術館 聖堂関係者の協力を考えるときに、 

名画を観れるってことよりも そういう見えないところの協力に感動を覚える。


<この日のルート>

岡山県岡山駅~徳島県鳴門 18キップ

鳴門駅~鳴門公園まで 徳島バス

観光 渦の道 

鳴門公園~美術館前 徳島バス

観光 大塚国際美術館 

美術館前~鳴門駅まで 徳島バス

鳴門駅~大阪府某所までw 18キップ

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。