スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山県散歩 新宮市熊野川町 2012年鼻白の滝

私を滝好きにさせたのは、この鼻白の滝の映像を見たのがきっかけだった。

実家の○○市にも、山付近で滝はあるんだけど、全く興味が無かった私。

数年前、この滝の映像を和歌山の施設でたまたま拝見し、

その美しい姿に 思わず施設の方に、さきほどの滝の映像をもう一度見せて欲しいと頼んだほど。

そして、場所も説明を受けて、次の休みの日ぐらいだったと思う、

その滝を見たいが為に、何時間もかけて168号線を走った 思い出の鼻白の滝。

その時、デジカメを忘れて、ケイタイも電池が切れて・・・不運な事に写真を撮れなかった。

だから、いつか あのきれいなダイナミックな鼻白の滝を撮ろうと思っていた。


無題

(笹の滝から鼻白の滝へ)



さて、ズンーーンと 本宮を抜けて、さらに168号を南下し、

海岸線にいく 白浜田辺行きの311号の信号も通過。

以前は確か、新宮に向けて走ると、目印になるのは、

右手にある はなじろ茶屋と電話ボックスだけだったように思う。

たったそれだけの記憶を頼りに(笑)車を走らせる。


が・・・


CIMG0777.jpg


はなじろ茶屋がない!

きっと2011年の台風の影響だろう・・・


いやな予感がする・・・


え、まさか???

CIMG0774.jpg


鼻白の滝に向かう林道は、工事中とある。。


えええ、まさか!!!! 見れない!?


林道内で鼻白の滝の看板付近に駐車スペースがあるのに、いけないかもしれない・・・

でも、ここまで来たからには・・・なんとしてでも滝を見たい!

茶屋付近に駐車し、林道を歩く・・・

CIMG0773.jpg


やっぱり雰囲気が変だ。

CIMG0766.jpg




鼻白の滝の看板の場所から 滝に向かうが、途中で樹が倒れている。無理だ。。

草もボウボウで、人が入ってない様子。

無茶は禁物。

ぎりぎり滝が見えるところで、撮ってみた。

CIMG0764.jpg


だけど、遠くからなので、あまりにも前に見た 豪快なあの姿とはほど遠く、水量も少ない。

もっと何故早くもう一度ここまで撮りに来なかったんだろうか・・・

言葉にならない悔しさ。悔しさを言葉で表現できるなら、

言葉で悔しさを吐き出すことができるけど、

それすらもできない。それが余計に悔しさを倍増させる。


もうまさに  orz


でも撮ることはできた。。。それが唯一の慰め。


ここは、人気のある滝で、

自分の画像ではそれは伝わらないけれど、私のブログにもその豪快さを撮ってUPしたかったのに。


向こうの山は、山肌崩落。


CIMG0772.jpg


きっとこちら側も、見えない場所で崩落しているんだろう。。。



いつかは また 鼻白の滝を まじかで 撮ってみたい。


:メモ 感想 データ:


鼻白の滝 落差 83m 段瀑 林道内 駐車スペースから徒歩5分

目印:

本宮から新宮方面168号線南下 田長トンネル通過して、

右手に 熊野交通バス 鼻白の滝バス停

CIMG0778.jpg


左手に 鼻白の滝の看板

CIMG0776.jpg


右折し、林道へ2~3分車をはしらせたら駐車スペースあり。

*2012年6月現在 工事中

落石注意



この映像は、私があの施設で拝見した映像。美しい和歌山。鼻白の滝編。



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年06月25日 21:44

まとめtyaiました【和歌山県散歩 新宮市熊野川町 2012年鼻白の滝】

私を滝好きにさせたのは、この鼻白の滝の映像を見たのがきっかけだった。実家の○○市にも、山付近で滝はあるんだけど、全く興味が無かった私。数年前、この滝の映像を和歌山

URL :

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。