スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県久慈郡大子町 袋田の滝

月待の滝を見終わって、大子駅へと帰る。

次にいくのは袋田の滝。

ここから観光シャトルバスに乗って袋田の滝へと行くのだ。

滝をまじかで見るために、お金300円を払い、トンネルを通って、観瀑台へと進む。

袋田の滝1



袋田の滝2

最初の印象、でかい!観瀑台近すぎる(笑)一部分しか撮れない。

袋田の滝3

吊り橋の方へと向かう。

袋田の滝4
(吊り橋から見た滝と観瀑台)

吊り橋から撮るけれど、どこからどこまでが滝?よくわからない。

袋田の滝5
(第2観瀑台第2デッキから)

エラベータで上の観瀑台へと進む。ここからだとぎりぎり全体を撮れるようだ。

袋田の滝6
(以前からある観瀑台から撮る)


観瀑台からの眺めが、日光の華厳の滝や和歌山の那智の滝と違って、

ものすごく近いので、最初は何がなんだかわからなかった。

流れは、岩肌に沿うソフトな感じの滝だけれど、幅73mもある 幅広タイプ。


:メモ 感想 データ:

袋田の滝(WIKI)

大子町観光協会HP

観光シャトルバス(観光協会HP内)

今回は、土日祝日に滝を見に行ったので、大子駅からの観光シャトルバスを使用した。

行楽シーズンなども運行している(詳細はリンク先か観光協会に問い合わせ)

それ以外に袋田の駅からもバスあるらしい

駅から袋田の滝(滝本バス停)まで、バス10分程度

そこから徒歩10~15分で切符売り場。

*道路状況により多少時間変動あり

シャトルバス片道100円 トンネル料金300円

関連記事

この記事へのコメント

- 桜ようかん - 2013年05月15日 15:42:15

しずかさん こんにちは(*^_^*)

滝!!凄い!!幅73メートル!!大きくて想像できません☆
滝って マイナスイオン発生しているって言うし 良いエネルギー吸収できそうで
良いですね(#^.^#)

- 猫の目くるくる - 2013年05月15日 20:46:23

こんばんわ。確かに・・どこからどこまでが滝なのか
わからない(笑)ウケました(笑)
あと、滝を見る場所を「観瀑台」って言うんだぁ・・
ひとつかしこくなりました!

桜ようかんさん♪ - 菅原しずか - 2013年05月15日 23:06:52

こんばんはです♪

そうなんですよ~高さ73mでもすごーーいのに。幅とは・・・
2つの滝でマイナスイオンたっぷり♪心潤う~^^

吊り橋もあったし^^。
吊り橋で子供たちが揺するので、逆に、
おもいーーっきりジャンプして揺らして帰ってきちゃいました(笑)

こんな場所にくると、悪ガキに変身できたり、楽しいです(笑)

猫の目くるくるさん♪ - 菅原しずか - 2013年05月15日 23:22:10

こんばんはです♪

そうなんですよ(笑)どこからどこまで・・・。
普通滝って、全体が見えたりして、こういう滝なんだなって感覚ありますけど、
トンネルから見えた風景って、パッと見たら、一面、水!?って感じ(笑)
外に出ても
とにかくでかくて視野に入りきらない。
いやー日本にもこういう滝ってあるんですねぇ~。

- ポンコツン - 2013年05月16日 00:36:22

袋田の滝凄い!!
本気で直に観てみたい滝です♪
(たまにまともなコメントしますw)

ポンコツンさん♪ - 菅原しずか - 2013年05月16日 01:07:42

連発ありがとうですぅ~^^

この滝、冬場凍るらしいです! 
滑ってみません??(笑)滑り台のようなのでいけるかも??^^

(たまにまともなコメントしますw)
ええーっ、今日の笑いコメは2つでお終いだったのネ・・・(残念)

トラックバック

URL :

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。