スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府宇治市 宇治橋

宇治橋

uzibasi1.jpg

uzibasi3.jpg


宇治に行くと、思い出すのが源氏物語の宇治十帖

uzibasi2.jpg




ちらっと、紫式部像がうつっている

『あさきゆめみし』というマンガでしか読んだことが無いんだけれどね^^;

私、あの宇治十帖がちょっと悲しくて、好きじゃないのよね・・・

紫の上が亡くなり、光の君も亡くなった・・・それで終了だったらまだよかったんだけど。

なんか、続編ぽくて、馴染めないな・・・(個人的な感想)

というか読んでいてつらい。。

ま~女三宮が登場するあたりから、嫌な予感はして・・・
紫の上が、その年になっても光の君を独り占めできない悲しさが、、とっても切なくて。

uzibasi4.jpg




何年かに一度、この本のマイブームが私の中には起きて、そのたびに古本屋で読み漁るんだけど(笑

どうしても、宇治十帖だけは、後味が悪いので、読まないことが多い。。




なぜか、橋の話よりも、源氏物語の話題になってしまった^^;

(というのも、もう少し調べていっていろんなところを撮ったらよかったなぁ~って感じなので)

また、平等院と共にリベンジリベンジ


:メモ 感想 データ:


この橋は、1996年(平成8年)3月に架け替えられた。

「瀬田の唐橋」と「山崎橋」と共に、日本三古橋の一つに数えられる


*山崎橋は洪水で流されて、一旦復活したが、その後失われてからは再建なし

関連記事

この記事へのコメント

- .napo. - 2014年02月06日 06:24:48

「あさきゆめみし」・・当時、読みましたよ♪
きっと、実家にあるかも~^^

「源氏物語」好きなので、去年の関西文化の日
あの博物館へ行こうか迷って、結局断念。
いづれ見に行きたいなぁ~と。^^*

宇治川..思ったより流れが速くて怖かった記憶が。

.napo.さん♪ - 菅原しずか - 2014年02月07日 01:56:24

こんばんはです^^

わぁ~詠まれたのですね♪
コミックの顔の描き方が皆似たような感じだったので、
区別がつかなくって、最初は難読でした(笑

源氏物語ってもうびっくりするほど随分前に係れたのに、
惹きつけられますよね!
あんな光の君のような人は周りにはいないですが・・・
あああ~~語ってしまいそうになるぅ~(笑


トラックバック

URL :

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。