岐阜県大垣市赤坂町 美濃赤坂駅

さあ2015年本格的な旅記事は今日から♪

まだ2014年夏の18切符の旅行記事は続く(笑)

ラスト1枚の旅行、今回は岐阜 美濃赤坂駅から始まる

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂58

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂1

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂3

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂56

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂51

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂52

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂48


2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂57

2014-岐阜滋賀旅行-美濃赤坂53

切符は車掌さんに見せて、改札をでた。

JR東海、こんな駅舎を残してくれていて、ありがとう・・・

18切符のシーズンということもあってか
『チーム撮り鉄』『チーム歴史探索』この二手にぴっちり別れた(笑)

さて、私はどちらかなww



関連記事

この記事へのコメント

- 森須もりん - 2015年01月05日 15:51:59

わあ、たまらん!
ノスタルジックな駅舎。

こういうところが、私もすきです。

森須もりんさん♪ - 菅原しずか - 2015年01月05日 23:09:56

こんばんはです♪

森須もりんさんもお好きですかぁ^^

いいですよね~、懐かしい雰囲気があって♪
駅舎画像で、ここいきたいなぁ~ってリスト入りました^^
周辺も良かったです♪

こんばんは - 犬山にゃん太郎 - 2015年01月06日 01:02:15

この駅舎、リンク先のブロガーさんの所で見た記憶があります
哀愁を感じつつ出入口が開放的なのが印象的で
とくに3,5枚目が特に似てます。

見るからに無人駅かと思ったら駅員さんがいるんですね。

新潟県、隣県駅にもこのクラスの駅舎で駅員さんがいる確率は非常に少ないですが
この地では、この駅は乗降客が多いってことでしょうかねえ。

案内板のオレンジ色のJR東海色、、、、よく考えと僕は写真撮った事がなかったような、
今度関西へと行ったらどこぞの駅で撮らねば思いました。


犬山にゃん太郎さん♪ - 菅原しずか - 2015年01月06日 02:12:46

こんばんはです♪

この駅舎は私がなんとなく検索して画像でここいいなぁ~って思って行ったので、
人気のある駅舎なのかもしれませんね。

この駅は調べてみると、JR東海とJR貨物 西濃鉄道の駅?(これはよくわからないのですが)
JR東海としては無人で、JR貨物では駅員さんがいるようなことが書かれてました。
実際レンタサイクルはこの駅で借りれますという看板もあったりします。

ふふふ^^ 木造駅舎は風情があっていいですよね~。。
にゃん太郎さんのコレクションに入るのはどの駅なのでしょうか~楽しみにしてますネ♪

- ゆう - 2015年01月07日 19:14:19

今年もよろしくお願いいたします!^^

今回しずかさんが旅行された美濃赤坂駅を見ていたら、
私の地元にある、JR日豊線の東別府駅に雰囲気がすごく似ていますね。


駅舎は、瓦葺寄棟屋根に、壁は漆喰の純木造で、
2003年には市の有形文化財に指定されている歴史の古い駅舎ですよ^^

その昔、別府温泉の中心地で賑わったようです。

ちなみに東別府駅は、映画「恋空」のシーンで登場していますよ。
確か、主演は新垣結衣ちゃんだったと思いますよ。

良かったら、検索されてみた下さいね^^

ゆうさん♪ - 菅原しずか - 2015年01月08日 04:12:30

こんばんはです♪
こちらこそ宜しくお願いします♪

お、東別府駅ですね♪
わぁ~たくさん調べて下さって、ふむふむふむ。。。
忙しい中、有益な情報有難うございます!
はい、もうさっそく検索しちゃいました(笑)

東別府駅ができた当時のもののようですね!
明治生まれの駅舎に自転車が止まっている画像がまた良くて♪♪

ちなみに、この美濃赤坂駅はそれから10年後の大正生まれの駅舎です^^

東別府駅知っていたなら電車内からでも撮ったのにぃ~!! (笑)

歌碑をちょっと見るだけ~って、寄り道してしまい、
道に迷って、香りの博物館に寄って、別府大学駅まで歩いて、
大分駅まで行ったあの時を思い出しますネ^^
ああ~懐かしの別府。

プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク