スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都 東京駅

まだ日が高い内に、猪苗代駅から郡山駅経由で東京駅へと向かう。


夜の東京駅3


2日目の朝、東京駅を撮り損ねているので、2日目の夜にえっちらおっちら東京駅を撮る時間を計画に入れた。

そして一気に猪苗代駅からどこにも寄ることなく、東京駅にと・・・

夜の東京駅2


郡山や白河、宇都宮など乗り換えの駅で食事でもと思っていたけれど、

18切符なので、電車が途中遅れたりしたら、帰りの高速バスに乗れないということもあるので、

一気に東京駅に。

夜の東京駅1


そして2013年春の18切符 2回目の旅行は終了した。

2013東京駅1




東京都台東区上野 旧帝国図書館

この旅行は名古屋東京の展覧会を見てまわった時の写真。

展覧会ばかりだったので、写真は少ない。

もうひとつ上野の写真をUPして、名古屋東京の東京記事は一旦終了。

次は順番が逆になった名古屋。



帝国図書館は、今も国立の図書館として現役

帝国図書館

上野には、すばらしい建物があるけれど、

私は今のところ、この建物が一番好み。

色が好き。


:メモ 感想 データ:

帝国図書館(wiki)

旧帝国図書館100周年記念サイト

東京都港区白金台 畠山記念館

この畠山記念館は私にとって思い出の場所。

私が東京に住んでいた時は、精神的に疲れていた。

何をするのにも心が晴れない。

この当時は美術館に行くよりも野球観戦や本屋さんに足を運ぶことが多くて、

展覧会は過去の趣味になっていた。

私は大概心の逃げ道は作っておく方なんだけれど、

この当時、そんなことさえも考えられない程だったので、

心はずっと重い状態。

何かにしがみつきたかったのか、

美術館巡りを思い出して、調べてみると 徒歩でいける範囲に美術館があった。

畠山記念館1


畠山記念館2


私が好んで見に行っていた分野の展示品とはちょっと違うのだけれど、

久しぶりに作品をじっと見たり、感じたりすることが出来て、その時だけ心が晴れた。

畠山記念館3


それから・・・何かを求めるように展覧会にいくようになった。


心はずっと重たかったけれど、なんか美術館巡りが心の支えになったあの当時。

そして今も美術館には遊びに行っている。

畠山記念館5


私の心の逃げ場所を思い出させてくれた記念館。

私の思い出の場所。

畠山記念館4
(茶室前)

数年前に遊びに行った時は、茶室で抹茶を頂きながら、

酒井抱一の掛け軸を見たり、露地を眺めたり・・・

なんとまあ優雅なひと時♪

しかし足がしびれてそれどこではなかった(汗)


:メモ 感想 データ:

畠山記念館

畠山記念館(wiki)


私が行ったのは、都営浅草線 高輪台から。徒歩10分程度?かな

*ちょっと記憶が^^;

だいたいGWあたりにお茶会がある。

荏原製作所の創立者として知られる実業家畠山一清が集めた作品を展示している。

ちなみに、お隣は、般若苑、三島由紀夫の「宴のあと」のモデルとなったとも

言われる料亭があったのだけれど、

近年解体された。

東京都台東区 旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園

迫力あったよな~。

メインの上野の展覧会を見終わって、次に行ったのがここ。

歩いてもそんなにもかからない。

旧岩崎庭園1

旧岩崎庭園2

旧岩崎庭園4

旧岩崎庭園3

旧岩崎庭園5


この写真を見るたびに、他の都立公園も見てみたいという欲求がでてくる。

いつも展覧会の用事のついでにちびちびと他の建物に寄ったりしてなかなか制覇できない。

去年は展覧会のついでに滝に行ってしまったりして・・・アハハh


:メモ 感想 データ:

旧岩崎邸庭園

国の重要文化財

設計者:コンドル(wiki)

たまたま行った日が、無料の日(5月4日)

他には、都民の日も無料?






東京都台東区上野 博物館動物園駅跡

黒田記念館を通りを挟んで、博物館動物園駅跡がある

博物館動物園駅1

博物館動物園駅2

1997年営業休止、2004年廃止。

こっちに住んでいたときにはまだ営業中だったのか・・・

知らないで過ごしていたなんて!!


:メモ 感想 データ:

設計者:中川俊二

国会議事堂に似ているが、それより前に建てられた。










東京都台東区上野 黒田記念館

数年前に、上野に遊びに・・・。

東京に住みながら、行ったことがなかったという^^;

残念な事をしていたな(泣)

上野には好みの建物が集中しているので、また遊びに行きたい。

今日は 黒田記念館。

黒田清輝記念館2

黒田清輝記念館1

:メモ 感想 データ:

黒田記念館
現在耐震工事の為、公開は未定。

黒田清輝
有名な湖畔を描いた人

設計者:岡田信一郎
琵琶湖ホテルや鳩山一郎邸などを設計





東京都散歩 オブジェ

このブログを立ち上げてからのものは大体写真は消化した。

ちょっと残っているものは、調べている最中なので、まだUPできない。

次写真を撮るまでに繋ぎとして、数年前の写真を・・・。


2009東京散歩1
シュプリンゲン

2009東京散歩2


二つとも、宮田亮平さんの作品。

数年前、東京駅に着き、まだ朝早く、上野に行っても暇をもてあますだけなので、
ぷらぷら歩きながら、気に入ったものを写真に撮っていた。
イルカの群れのオブジェが特にお気に入り、撮った時にはたしか名前を覚えていたはずなのに・・・

大概 作品名なんかは撮っておくんだけど・・・撮り忘れていたようで、

調べてみたら、

今日初めてこの2つの作品が同じ人の作品だと気づいた!


:メモ 感想 データ:

宮田亮平 HP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カギ付きコメントを下さった方へ

情報ありがとうございます!

なるほど・・・頑張って入手したいと思います♪♪







東京都散歩 建築物

やっと東京日光のラストの記事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すいません、関西ぶらぶらドライブ旅行をして、酔っ払い状態(ヘベレケ)になっています。

今、久しぶりにドライブしたので、ハイ状態が続き、ふわふわしてしていまして、

何も手につかない状態です^^;


訪問してくださった方々申し訳ありませんでした。がんばって書きます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



東京日光の旅行の最後に、東京で撮った建築物をば・・・


でも話は日光から東京に向かう電車での出来事。

日光から電車にのり、4人がけの椅子に座る。

向かい合わせの石は、2人のお姉さま方。

1人が途中で下車。

もう1人のお姉さまが私に、

○○駅で乗りかえってできるの?と乗り換えの話をしてきた。

私・・・(大阪人ですけど・・・^^;)

CIMG0221.jpg


テキトウに答える(笑)

で、だんだんと話が盛り上がり、日光での話題になる。

そのお姉さまとご友人が、

日光のご友人がトレーラーハウスを買ったので、

それを見物&内装の手伝いに行って来たんだとか。

CIMG0225.jpg


3ヶ月に1度ぐらいそうやって、遊びがてら手伝いに・・・。

その日光のご友人は会社を息子さんに任せて、自由に飛び回っているという。

CIMG0226.jpg


そんな夢心地な世界、私にも待っているといいな~^^

なんて、お話聞きながら・・・楽しいひと時を過ごせた。



今回は 1泊3日旅行 予算35000円 予算内達成。

そして、一人旅で初めて大浴場に入った。思わず泳ぎそうになった(笑)

機会があれば、今度はやろうwww







東京都散歩 浅草周辺

安く泊まれるところを探して、今回は浅草にした。

浅草駅から出ると、人人人!

どうして、こんなにいるの?って思ったら、

スカイツリーを撮りに来ていたようだ。

CIMG0348.jpg
雷門通から撮る

東京スカイツリー wiki

高さ350mの第1展望台には、レストランやカフェ
高さ450mの第2展望台には空中回廊を設置。関東一円を見渡す広大な景色が楽しめる。窓ガラスで覆われた空中回廊では、まるで空中を散歩しているような体験ができる。又、上へ行けば行く程に坂を登って行く。スカイツリーは自立式の電波塔として世界一の為に世界で一番高い所で上り坂を体験出来る。
入場料は第1展望台が2000円、第2展望台は追加1000円である(WIKI抜粋)

高っ!!

CIMG0407.jpg
東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅

浅草駅のひとつ向こう側の駅。

CIMG0403.jpg

5月5日 浅草から離れる前に撮った 一番上まで見えない^^;

どれだけの高さなのかというと634mらしい。。

自立式電波塔としては世界一らしい・・・。

うーんそこまでして、競わなくても私は思うな。


CIMG0395.jpg

やっぱり名物は一応撮るw

学生っぽい子達が一列に並んで歩いてる うーんG75みたい(古っ)

CIMG0397.jpg

何々、松下電器(笑)

なんで?

1960年、浅草寺(東京都台東区)の雷門と大提灯は、100年近く仮設状態のままになっていたところ、幸之助がポケットマネーを寄進して現在の形に再建された。提灯の『雷門』の下加輪には『松下電器産業株式会社 松下幸之助』と金文字で大きく刻んだ一際目立つプレートが貼られている。(wiki抜粋)

しまった、松下幸之助の方も撮るべきやったorz

CIMG0398.jpg


で、この浅草で一番撮りたかったもの、

それは、

CIMG0379.jpg


パンダバス(笑)

無料で乗れるよ^^

今回は、浅草に着いた時間が時間だけに、このバスで浅草界隈をまわることができなかったけど、

また機会あったらのんびりと乗ろう。。

:メモ 感想 データ:

東京スカイツリー HP

パンダバス HP




東京都散歩 三十坪の秘密基地

目黒から今度は、宿泊先の浅草に向かい、

明日のキップの手配をして、ぶらつく。

ちょっと調べた中に、無料で見れる施設があったので、寄ってみた。

それが、参拾坪の秘密基地。


縮尺模型で、浅草の風景を再現している場所。

CIMG0351.jpg


CIMG0354.jpg

CIMG0359.jpg

スカイツリーの模型w

CIMG0367.jpg


CIMG0373.jpg

模型見るのが好き^^

というか、リカチャンハウスっていう感じのものが好きなんよね(笑)

中が見れて、間取りなんかが見るのが好き♪

小さい頃は、広告の間取り図なんか、ずっと見てしまう人で^^;オタクだったな~w

ここにトイレはあかんやろう~とか、ベランダがちいちゃいとか^^;

お金のこと関係なしに、あーだこーだ言ってた自分。

友達の家なんか行くと、配置なんか気になって人の話なんか聞いてなかったり(笑)

あ、違う話になってる^^;


:メモ 感想 データ:

三十坪の秘密基地

年中無休

浅草駅から雷門通りをまっすぐに行くとある。徒歩5分程度

(わからなければ、その途中にある観光案内所で地図をもらう)

館内所要時間 15分程度

個人差あり

≪PREVNEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。