スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都台東区上野公園 上野森美術館 デトロイト展

2016年、この展覧会は大阪にも巡回していたが、機会損失。
姉がこれは意外によかったよ~という言葉が引っ掛かり、心の隅に行きたかったな・・・という想いが。

幸運にもまだ東京で観れるということで、11月29日火曜日にさっそく行ってきた。

なぜこの日を選んだかというと、実物を撮れるという日だったから^^
すべて撮ってきたわけではないのだけれど、好きな画家のものは一応撮ってきた。
その中から数点UP。

2016上野森美術館デトロイト展2 (2)
売り場
朝早く上野についたので記念に。

2016上野森美術館デトロイト展2 (4)
セザンヌ
いつもの山
また画像がゆがんでいるが気にしないw

2016上野森美術館デトロイト展2 (5)
セザンヌ
いつもの水浴図
しょんべん小僧のようなおなかに笑えるw
つんつんとおなかをつつきたくなる。

2016上野森美術館デトロイト展 (28)
モネ
光ってた~♪

2016上野森美術館デトロイト展 (41)
ピカソ
三面鏡みたい

2016上野森美術館デトロイト展 (13)
キルヒナー
ドイツの山々の風景かな?
不思議にこの絵に惹かれた。

キルヒナーの絵画は、フランスのフォーヴィスムの影響とともに、ドレスデンの民族学博物館で見たアフリカやオセアニアの民族美術に影響を受けているとされる(wiki引用)
フォーヴィスムに影響されていたとは・・・これで納得した。

個人的に好きな年代のものが多くて、はしゃいでいたww

メモ 感想 データ
上野森美術館
ちょっと早くいって、チケットカウンターが閉まっているときにシャッターを撮るのもいいかもよ^^
画像撮れる曜日は決まっているので、要確認。
冬休みなどは混むかもね。

見学所要時間 1時間半
*時間は個人差あり




兵庫県姫路市日本玩具博物館3(ラスト)

玩具博物館って、日本にちらほらあるんだけど・・・
私が行ったのは姫路の日本玩具博物館。

さて、ここに目をつけたのは2年前の今頃かな。
世界のクリスマス展があって、紹介したいな・・・と。
予想以上に、よかった!!

玩具博物館 (20)
画像ぶれてすいません(汗)
スマホでバシバシ撮っていたので、とにかく半端やないんよ。

玩具博物館 (21)

クリスマスのツリーで一番好みのものがこれ。
フィリピンの貝のツリー

玩具博物館 (22)
これもかわいかった!
ネパール

玩具博物館 (23)

これはどこか忘れたw
アジアオセアニアのどこか

玩具博物館 (24)
サンタが腕を広げてる!!
初めて見たよ・・・
これもアジアオセアニアのどこか

玩具博物館 (25)
スペイン♪
青に惹かれて撮ってきたw

玩具博物館 (26)
ちょこっとだけど、パネルもあって、これはドイツのクリスマスの様子
カレンダーのように、一日毎にライトアップされていくらしい。

玩具博物館 (27)
これはフランスのキャンドル。
横にアゼルバイジャンのキャンドルも。
たくさん並べてあるからね。

玩具博物館 (28)
ウクライナ
サンタクロースはシロクマと一緒に船に乗って怖くはないのかw
しかも、サンタクロースが漕いでいる!!
シロクマの意味は・・・^^;

玩具博物館 (29)
北欧
ハートで今回はしめくくり♪

メモ 感想 データ
日本玩具博物館

電車:香呂駅からまっすぐつきあたり右 15分程度
車で行く場合、ホームページの地図よりも、グーグルマップで確認していくほうが無難。
香呂駅からまっすぐいって、つきあたり右なのだが、マイクロバスの画像にもあったけれど、ちょっと狭いんよね。
通れると思うけれど、生活道路だから・・・。
料金600円 JAFの会員割引がある。(受付で確認)
ここは、靴をいったんスリッパに履き替えて見学する。
受付の人は対応に忙しくされているのか、気づいてくれない場合がある。
そのへん評価が下がるので、そのつもりで行くといい。

今回の特別展は世界のクリスマス。
年に数回企画展・特別展があるので要確認。

あとほかの玩具博物館も各地であるので、とりまとめしているサイト
日本玩具文化財団

見学所要時間: 1時間
*時間は個人差あり

兵庫県姫路市日本玩具博物館2

さて、日本玩具博物館という名前にも関わらず、世界の玩具も展示されていた。

なかなかやりますな~

ではさっそく、

玩具博物館 (11)

アルマジロ
目が訴えていたw
たぶん南米あたり・・・

玩具博物館 (12)
なんか雰囲気が・・・
ペルーの置物

玩具博物館 (14)
アラスカ^^
そのまんまなんやけど、なんか微笑むw

玩具博物館 (13)
北欧やっぱり木のオモチャ
スウェーデン

玩具博物館 (15)
さいご中国

ほんのちょっとだけしか取り上げてないけど、
各地域に分類されていて、見ごたえたっぷり。
もちろんアフリカ オセアニアもある。

兵庫県姫路市日本玩具博物館1

2年前から気になっていたこの博物館。
3記事に分けてUP

まず、初めに日本の玩具。
玩具博物館 (6)
なつかしのリカちゃん
でも、私はリカちゃんよりもミニカーで遊んでいたw

玩具博物館 (7)
あ・・・画像がぶれてるww
ニャロメが、撮れ!という目つきなので、
はい・・・・

玩具博物館 (8)
好きなところに張り付いてじっとみるw

玩具博物館 (9)
私が遊んだ赤のミニカーがない!(泣)


玩具博物館 (10)

12干支の置物がかわいくてかわいくて^^
羊さんを撮ってみた♪

あとね、羽子板もあったよ。私も姉と一緒に羽子板つくって、なぜか、それは飾ってもらっていた。

そして、各地の置物みたいなコーナーもあった。

2016日本玩具博物館21 (2)
比叡山にサル!・・・で左の奈良はやっぱりw

2016日本玩具博物館21 (3)

光ってましたねこの軍団

2016日本玩具博物館21 (1)

住吉さん、そんな~違反やわ~ww

第2弾へ続く・・・

兵庫県姫路市日本玩具博物館への道のり

姫路市最後に日本玩具博物館へ

普段から写真撮るのに夢中になる。なので、ちょっとした食べ物は持っていくんだけど・・・
昔なら、その土地のカフェに入るのが楽しみだったんだけどね・・・
今はそれほど興味がないというか、まずは観光になってるんよね。
時間があれば、入るって感じ。

しかーーし
おなかが減ってしょうがない(笑)

って姫路駅で何か買ったらよかったのに、電車の時刻も見ずに入ってしまったので、しかも、、播但線・・・。
あ、しまった・・・隣のホーム上では、立ち食いそばがあるんだけど、見渡したところこちらのホームにはない。
(あったらすいません。。。)
播但線だけはもう一度切符を入れないといけないので、向こうのホーム上にいくと、、切符どうなるの?なので、
とりあえずがまんはしてみる。
だけど電車こないw
何か口にしたいと思い、とりあえず、アイスクリームの自販機があったので、それでがまんするけど、おなかが減るw

玩具博物館 (30)
香呂駅でコンビニに入ろうと思うが、ない・・・・。
(私の見落としだと思うが・・・)

香呂のぱんや
目に入ったパン屋さん! ありがたかった。
おいしゅうございましたよ^^♪
サンドイッチ2割引きで買えたしw

香呂のぱんや2
おなかは減っていたけれど、食べて眠たくなる率がたかーーいので、とりあえず我慢して
帰り駅のホームで食べたw

博物館へは、看板が出ているので安心。
徒歩15分~20分ぐらいかな。。

途中で、観光バスに遭遇。。
なんでこんな狭い道にいるのと首をかしげながら・・・
やっぱりこのバスも私と行先は同じだったようで、、、
玩具博物館 (1)

玩具博物館 (2)

何度か来ている観光会社さんだったらしいが・・・
バックして大きい道にでたら?って近所の人に言われてたので、引き返したかな?
とりあえず無事にこの観光バスも到着してたよん^^♪

玩具博物館 (3)

玩具博物館 (4)

メモ 感想 データは最終記事にて

兵庫県姫路市 書写の里・美術工芸館

ロープーウェイから降りて、
11月20日は、関西文化の日だったので、美術工芸館へ行く。

この時は現代ガラスの催しがありそれが目当て。

姫路美術工芸 (2)

姫路美術工芸 (5)


現代ガラスにはちょっと興味があって、いくつかの美術館を訪問している。

私が今ガラスに求めるのは、形かな・・・
おや?これいいね!って思う面白いものが見れたよ^^♪

姫路美術工芸 (12)
あと、姫路はりこ絵付けなんかも・・・
あと子供たちはコマで遊んでいたし^^

メモ 感想 データ
美術工芸館
書写山ロープーウェイバス停から徒歩5分。
館内フラッシュをたかなければOKの場所あるので、記念に撮ってもよさそう^^
見学所要時間 30分
*時間は個人差あり

兵庫県姫路市書写山2

さてさて、書写山へ入ったときに、和泉式部ゆかりの地だと知って、
これは、その場所をとらねばと奥の院を目指す。
これがなければ、あの銀杏の樹だけで終わっていただろう・・・


書写山 (6)
斜めに撮ってしまうのはいつものことw


書写山2 (4)


書写山2 (3)

書写山 (10)

途中で、本多家の墓所やらを眺める。

書くのを忘れていたんだけど
この円教寺はラストサムライのロケ地だったらしいね。
で、姫路と言えば黒田官兵衛。
もちろんここもゆかりの地。

で、どこに奥の院は?どこに歌塔があるのか・・・
現在地の看板を見ながら、えっちらおっちら・・・

それまでに和泉式部の歌を思い出そうとしたが、菅原道真の『神のまにまに』しか出てこないw
あかーんやん!

書写山 (11)

書写山 (12)

やった!撮れた!!

看板を読んで、帰ってきてから資料を調べてと・・・
あと思い出せなかった和歌もスマホで調べて、あ~あれだったんだと・・・
この時詠んだ歌もいいよね~

しかし、かな~りの敷地。
まわるのにもこれだけかかるとは思ってみなかった。
和泉式部を追っかけてきたら、よい具合の紅葉も見れた^^
ありがとう・・・

書写山 (16)

書写山 (17)

なんか墓所巡りになってしまったが、静かな紅葉の美しいところ・・・

朝早く行ったからかもしれないが、
こんなに人が少なくていいの?って思うぐらい人が少なかった。
下に降りれば、駐車場が満杯だったんだけどね^^;
それぐらい、ゆったり見れた・・・。
これが京都なら、かなりの人だろうと思うと、、、
いくらでもきれいな場所はあるのになと思う。
ま、自分が大阪だから、いつでも行けるから言えるんだろうね^^;

帰りちらっと見た姫路城はめっちゃ混んでたけど(笑)

メモ 感想 データ
書写山円教寺
円教寺(WIKI)
書写山ロープーウェイ

姫神バスお得切符
少し安くなる。

見学所要時間 2時間半~3時間。
私は紅葉だけをゆっくりみたんだけど
これ建物も見学すると半日はかかりそう。
食堂もあるらしいが、今回は寄っていないため記載なし。
それほどきつい坂はなかったね。
(最初だけかな)

*時間は個人差あり。

ロープーウェイの本数は15分に1本なので、それほど気にしなくてもいいかな。

私の場合
阪神梅田・阪急梅田から6時台最初の特急姫路行きに乗った。
円教寺の開門時間にちょうどいい感じで入れたので、これがベストかな^^


兵庫県姫路市書写山円教寺

書写山3 (1)

書写山 (1)

お目当ての銀杏!ついに到着

書写山2 (2)

書写山の紅葉と検索するとよく画像に出てくる銀杏の樹

そして、清水寺のような舞台。
もちろんそこから眺められる。
時間的に早かったのか全然混んでない‼

円教寺は西の比叡山と言われている。
あ、比叡山には行くけど延暦寺は行ってないな(-_-)
ごめんなさ~い延暦寺。
それにしても2週間連続で比叡山関係だなんて(笑)

書写山 (2)

書写山 (3)

書写山 (4)
このときはちょうど日が差してきて、グットタイミング♪

ありがとう!と思いつつ、ひたすら撮りまくる

続く

兵庫県姫路市書写山への道のり

2016年今年の紅葉のお目当ては書写山
スルッと関西3dayが今年で終了なので、絶対に行きたかった。

11月19日が大阪が雨ということで待機し、20日にはなんとか雨も降らずに紅葉を楽しむことができるだろうと、
始発で最寄り駅を出発し書写山へ。

阪急
これは大阪阪急(笑)

書写山へは山陽姫路駅・姫路駅からバスで。
終点まで乗りロープーウェイに乗り換えていくのが便利。
書写山ロープーウェイ

書写山3 (2)

すごい霧でロープーウェイから見たかった姫路の風景もほとんど見えず、
到着したときはこんな状態だった。

書写山3 (3)

書写山2 (1)
*これは少し山を登った展望台からの画像

こんな風景私が住む場所では
普段見れないから、朝早く来て良かったぁ♪


書写山には円教寺があって、その円教寺に入るのが500円いる。
円教寺には徒歩15~20分で行けるが、少し登らなくてはいけないのでマイクロバスが運行している。
足の悪い人はマイクロバス往復代追加で500円

私もマイクロバスに乗ろうかな~ってとりあえず1000円札を渡したら、
有無を言わさず、500円のおつりw
歩けっていうことやね^^;
ええーーーって思ったけど、ま~ね、節約節約ww

メモ 感想 データは最後の記事にて。


皆様へ

玩具博物館 (5)
*画像大きかったので修正しました^^;

日頃訪問&コメントありがとうございます❗
撮れたての1枚をささやかながら(^-^)
気持ちとして・・・
ハート💕
この画像を撮った文化施設はまた詳細書きます。

ハートいらなかったら返してね(笑)


≪PREVNEXT≫
プロフィール

玲紀静香

Author:玲紀静香
40代独身女性
メイン日記は『私という作品』です
こちらはサブで旅行専門ブログです
両方足跡をつけるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

こちらは
寄り道が好きなちょっとマニアックなブログを目指しています(笑)
巡る観光地は、
滝・庭園・公園・土木遺産等です。
都道府県別カテゴリー別に区分している為、
旅行の流れは『オールエントリー』で見て下されば幸いです。

リンクはフリーです。

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。